DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

50代は「血流&リンパ液」が健康の要!

【タイアップ提供】
レキットベンキーザー・ジャパン株式会社


靴下を脱いだ跡が消えにくかったり、いつもの靴がきつく感じたり・・・
寒さが厳しくなってくるこれからの時期、ますます脚のむくみが気になる方は多いのではないでしょうか。

むくみの原因の1つに、血流不全、つまり血流とリンパ液の流れの滞りがあります。
ソーシャルトレンドニュースで調査を行ったところ、普段、脚にむくみを感じる女性は69%。その中で70%近くの方が何かしらのケアをしていると回答しました
むくみを気にして改善しようとしている方が多いのが分かりますね。けれど、この中でどのくらいの方がむくみの原因について理解しているのでしょうか?

ここでは、血流不全について専門の医師の方に聞いてきたことをご紹介します!
「血流&リンパ液の流れ」の知識をつけ、むくみ対策だけでなく、健康的な体作りを目指しましょう

※ソーシャルトレンドニュース調べ。2018年11月 20~60代の女性に対して「脚のむくみに関するアンケート」を実施。n数=361

 

「リンパ液」のプロに聞く!

小林暁子先生監修


血流&リンパ液が滞る原因やむくみ対策について、小林メディカルクリニック東京の院長であり、ドクターの小林暁子先生にお話しを伺ってきました!

小林暁子先生プロフィール

小林メディカルクリニック東京院長、日本内科学会・日本総合診療科学会などに所属順天堂大学医学部卒業。大学病院に勤務後、2005年にクリニックを開設。内科皮膚科を含めた総合的なアンチエイジング治療を行っている。
『身体に負担のかからない安全な医療を目指す』だけにとどまらず、更に先を見据えた『そもそも病気にならない身体と心をめざす医療』を目指して日々治療を行っている。
小林メディカルクリニック東京

 

むくみの原因はなに?

「むくみとは、水分が溜まっておきる現象です。本来は、血液の中や細胞に水分があるべきなのですが、細胞と細胞の間や血管の外といった、あるべきではないところに水分が溜まってしまうと、むくみが起きてしまいます。」

よく、むくみにはリンパ液と血流が関係しているとは聞きますが、この2つはどのような関係があるのでしょうか?
「血液の流れている血管のできない仕事をリンパ液がしていますし、どちらも滞ってはいけないものです。身体をキレイにする役割は同じですが、その中でも専門分野が異なる、というイメージですね。」
 

なぜ、むくんでしまうの?

では、なぜ水分が溜まってしまうのでしょうか?
「様々な原因があるのですが、代表的な原因は6つあります。

  1. 栄養の偏りで細胞の代謝が落ちてしまう
  2. 間違った水分の摂り方をしている(例:日中にこまめに水分が摂れず、夜にまとめて摂取して、全身に水分が運ばれにくくなってしまう)
  3. 飲酒などの影響で肝臓の機能が低下している
  4. ホルモンの働きの低下
  5. 腸内環境の影響
  6. 立ち仕事や座り仕事で、脚を常に下ろしている

健康な人でむくみが気になる方は、6に該当するケースが多いですね。余計な老廃物を含んだ水分が、重力の影響で戻ってこられなくなってしまうからです。」
思っていたよりも、むくみの原因に体調が関わっていますね。それだけリンパ液や血流の流れが身体に与える影響が大きい、ということではないでしょうか。
 

50代になると、脚がむくみやすくなるのはなぜ?

若い頃はそんなに気にならなかったのに、50歳を過ぎるとむくみが以前より気になる・・・そんな方は多いですよね。なぜなんでしょうか?

年齢を重ねると脚の筋力が衰えるからです。男性よりも女性にむくみを気にする方が多いのも、女性の方が筋力が弱いからですね。
ただ、50歳を過ぎると、ケアに意識が行くのではなく、長いスカートやパンツで脚のむくみを隠す傾向にあります。年を重ねてもケアをすれば効果はありますから、隠すのではなく、積極的にケアするようにしましょう。」

50歳を過ぎると、美容だけでなく、老化や病気予防のために色々と努力が必要になってきますよね。脚のむくみは健康にも関わってきますし、先生いわく「むくみは一度むくんでしまうと、引かせることは難しい」のだそう。年齢を重ねていけばいくほど、早めにケアをしていった方が良さそうですね!
 

むくみこそ、健康のバロメーター!

むくみは病気ではないから、放っておいても良いのでしょうか?

「そうおっしゃる方もいますが、そうではなくて、むくみは健康的な人には出ない現象です。ですから、いつもより強くむくみを感じる、いつもないのにむくみが出てきたという場合は、細胞の代謝がうまくいっていないサインです。
私自身はむくみに着目していますし、患者さんにも必ずむくみがないかどうかをお聞きしています。そのくらい、身体の健康に大事なサインだと思っています。みなさんも、健康の目安として気にされたほうが良いですよ。」
 

「血流・リンパ液の流れ」を改善する方法とは?

では、どうしたらむくみを改善できるのでしょうか?血流・リンパ液の流れをスムーズにする方法があれば教えてください!

「筋肉を動かすと老廃物が流れやすくなるので、ちょっとした運動を日常に取り入れることが大切です。普通の生活で筋肉は使えているようで、使えていないことが多いですから。
つま先をつけてかかとの上げ下げを階段でして、ふくらはぎの筋肉をつけるようにしましょう。時間がない方は、一駅分歩いたり、エレベーターやエスカレーターには乗らずに階段の上り下りを行うだけでも、むくみにくい身体になっていくと思います。動かずにじっとしているのは良くないですね。」

日常にちょっとした運動を取り入れるのはすぐに実行できそうですね!
 

むくみケアとしてマッサージをする方が多いのですが、何かポイントはありますか?

「ひざの裏や股関節の股の付け根のあたりを、リンパ液の流れを意識してマッサージするのが効果的ですよ。付け根や脇下、鎖骨下といった部分にリンパが集まるため、そのあたりにリンパ液の流れが滞らないようにしたいですね。特にひざ裏は座っていることが多いため、一番滞りやすい部分ですので、重点的にマッサージしてあげるようにしましょう。」

やはり、リンパ液や血流の流れを良くすることが大切なようですね。
 

そして最後に、先生から腸内環境を整えるアドバイスをいただきました。

「むくんでいるからと言って、水分を控えないようにしてくださいね。『きれいな水分を入れて流す』ということが重要です。ジュースは避けて、水やお茶などの糖分の入っていない水分を摂取するようにしましょう。冷えが気になるので、冷たすぎるものは避けたほうがいいですね。」

 

弾性ストッキングで今日からむくみ改善&血行促進

いかがでしたか?むくみは健康のバロメーターであり、身体の不調の1つのサインであることが分かりましたね。
そして、血流とリンパ液の流れを改善するには、筋肉をつけるための日々の運動やマッサージといったケアが欠かせません
けれど、実際のところ毎日続けるのは難しいことも・・・。
 

そういった場合は、その他の方法として弾性ストッキング(一般医療機器)を使うという方法があります。弾性ストッキング(一般医療機器)は末梢から中枢に向かい段階的に圧力を弱めるように加え、血液やリンパ液のうっ滞を軽減する効果がありますよ
アンケート調査でも、弾性ストッキング(一般医療機器)などを使用している方が多かったので、ぜひ健康を意識したむくみ対策に取り入れてみてはいかがでしょうか。

※他の疾患が原因でむくみが生じる場合もありますので、重度のむくみ症状がある方、弾性ストッキング(一般医療機器)を使用しても症状が改善されない方等は医師にご相談下さい。

※ソーシャルトレンドニュース調べ。2018年11月 20~60代の女性に対して「脚のむくみに関するアンケート」を実施。n数=361