DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

電子書籍やマンガが読み放題!「ブックパス」の特徴やメリット、口コミは?

電子書籍サービスは山ほどあってどれにしたらいいか迷ってしまう、という方は多いのではないでしょうか。扱っている冊数で選べばいいのか、それとも値段で選べばいいのか、はたまた使いやすさで選べばいいのか、などなど、考慮に入れるべき要素が多数あって困ってしまう方が多くいるはずです。

一つの指針となるのは運営会社がどんな業種で営業を続けているか、ということです。電子書籍サービスを運営している会社には様々なものがありますが、その中でも見逃せないのは携帯電話会社です。

スマートフォンを売り出しているだけあって、どういうレイアウトにすれば利用者は満足しているか、ということを一番わかっているのは携帯電話会社かもしれません。今回はauが展開しているブックパスというサービスを紹介しましょう。

充実のラインナップ!ブックパスの特徴は?

ブックパスはauが展開しているだけあって、なによりも読みやすさに主眼を置いています。電子書籍を読むにあたって感じる苦労として、ページをめくってから次の画像が表示されるまで時間がかかる、というものが挙げられるでしょう。

その点、ブックパスはデータ量を少なくすることで次のページが素早く表示されるよう工夫しているので、電子書籍を読む際に感じがちな煩わしさから解放されます。読み放題サービスを行っているサイトはそのほかにもありますが、ブックパスはその中でも品ぞろえの点で群を抜いているといっていいでしょう。

マンガ好きとしてはどれくらいの取り扱いがあるのか、と気になるところでしょうが、往年の名作から、数年前に話題になったものまで様々なマンガを読むことができます。マンガのほかにも写真集や実用書などを読むことができるので、マンガ以外にも読みたいものがあるという人にもおすすめしたいサービスです。

特に実用書は1年位前に話題になったばかりのものが無料で読めてしまいます。読もうかどうか迷っていたけれど結局買うのを忘れてしまった、という人にとっては願ってもないサイトとなるかもしれません。

料金や配信本数は?

ブックパスの月額料金は562円です。おおよそ単行本1冊の金額ですので、1か月に一本読むだけで元が取れるというのは破格の金額といえるでしょう。もしこの金額が果たして適正と呼べるかどうかわからない、という人にも一度登録してみることをおすすめします。

というのもブックパスでは現在初回登録をした人のために30日間無料で読み放題が利用できるキャンペーンを行っているからです。また、ブックパスがウリにしているのは配信本数の多さです。300誌近くの雑誌が読み放題で読めるのですが、この中にはもちろんマンガ雑誌も含まれています。最新の物語をいち早く読んでおきたいという方は登録しておくといいでしょう。

その他、電子書籍については5万冊の取り扱いがありますが、このうちマンガは読み放題に登録すれば1万冊を読むことができます。読み放題マンガの主要タイトルとしては『蒼天の拳』や『アカギ』を挙げられるでしょう。

そのほかにもマンガ好きならば一度は読んでおきたいタイトルが勢ぞろいしています。また、別途料金を支払うことで買える最新の本もブックパスでは多数そろえています。

こんな人におすすめ!

ブックパスを利用してお得になる人といえば、なんといってもauと契約している方が挙げられるでしょう。もちろん、ブックパスはauユーザーだけが登録できるサービスというわけではありません。かつてはauユーザー限定のサービスではありましたが、2018年よりその他のキャリアと契約している方も利用することができるようになりました

とはいえ、ブックパスを登録する際に必要な費用はauかんたん決済で支払うことができますし、auIDを使って登録もできますので、auユーザーの方がすんなりと登録しやすいのです。その他、読み放題以外のマンガについてもauのWALLETポイントを使って支払うこともできます。

auのサービスを常に使い続けている人ほどブックパスは利用しやすいでしょう。また、あくまでも不定期に行われていたキャンペーンではありますが、過去にスマートパス会員になっている人はブックパスの利用料が安くなるキャンペーンも行われていました。

その他auのポイントがプレゼントされるキャンペーンなども行われていましたので、auユーザーの方はチャンスを逃さずに登録した方がいいでしょう。

人気マンガTOP5

それではここでauブックパスではどんなマンガが読まれているかを紹介していきましょう。今ブックパスで最も読まれているのは『キングダム』です。2006年に連載をスタートして以来多くの読者に愛され、アニメ化や実写化がされている超人気作です。

古代中国を舞台にした作品でして、綿密な時代考証に基づいた物語は圧巻というほかありません。絵も繊細に描写されているので、マンガ好きならば一度は読んでほしいタイトルです。

続いて2位につけたのは『深夜のダメ恋図鑑』です。これまでの恋愛マンガは紆余曲折ありつつも結果的にうまくいく、というものが主流ですが、こちらはあえてダメな恋模様を描くことでヒットした作品といえるでしょう。

女性3人が集まって男のダメなところをあげつらう様子が女性を中心に共感を集めています。恋愛で悩んでいる女性にとっては、これを読んで納得しつつ、これからの恋につなげてみるといいかもしれません。

3位になったのは『棘にくちづけ』です。2018年に完結したばかりのシリーズで、多くの人気を集めました。姉が家の都合で結婚させられるのを嫌がり、主人公である妹にその役目を押し付けたところから話は始まります。

その結婚の相手は、なんと主人公が務める会社の社長でした。ドキドキしてしまうオフィスラブが繰り広げられるマンガで、多くの読者が魅了されました。4巻と比較的短い巻数ですので、これから一気に読みたいという人にとっても読みやすいのではないでしょうか。

そして、『午前0時、キスしにきてよ』が4位となりました。ごく普通の高校生として過ごしていた主人公のもとに、ある時イケメン転校生がやってくるところからストーリーが展開していきます。芸能界でも活躍している転校生ですが、彼は彼なりの悩み事を抱えているがゆえに、主人公に全てを打ち明けます。

それを受け止められるかどうか、というところが今後の話を左右していくこととなるでしょう。少女マンガをよく読むという人も、少女マンガは読んだことのないという人も、ぜひ読んでみてください。

5位になったのは『ホリデイラブ ~夫婦間恋愛~』です。2015年に連載がスタートしたマンガではありますが、これまでに7巻発売し累計の売り上げが40万部を記録しているヒット作です。

男女間の不倫を描いたマンガではありますが、人間模様が非常に錯綜しているので読者もこれからどうなってしまうのかわからない、とやきもきしながら読んでいるシリーズです。

ブックパスの口コミは?

ブックパスをしばらく利用しているという人にとって、やはり562円払えるだけで無数の本を読めるというのは最大のメリットと感じているようです。特にこうした傾向は普段から本を買っていたという人に当てはまるようで、月々の出費を見ていくと本にかけていたお金を節約できるようになったという声も寄せられています。

中にはauから他キャリアに乗り換えてからもブックパスを使い続けているという方もいます。他の読み放題サービスに比べて取り扱っている本の数が膨大なのがお気に入りなのだそうです。先ほど述べた通り、これまではauを解約すると合わせてブックパスも利用できなくなるという仕様でした。

しかし対象者をau以外のユーザーにも広げたことで、ブックパスが利用できるならauから乗り換えてもいいか、と思えるユーザーが増えたようです。auを辞めてもブックパスを辞めない、という人がいるということは、それだけブックパスが優秀なサービスであるということの証左ともいえます。

オフラインでも読めるのが嬉しい!

電子書籍はサイトによってはブラウザ上やアプリでしか読めないため、一度電波の届かないところに行ってしまうと読めないサイトも存在します。

ブックパスはこうしたオフラインでは読めないというデメリットにもうまく対応しています。一度ダウンロードした本ならばオフラインでも読むことができるので、通信料の節約もできるでしょう。日々のデータ通信のやりくりに四苦八苦している方は、ぜひこちらのサイトにアクセスして登録してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡