DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

アプリで使われるAR(拡張現実)とは?特徴や利用事例を紹介!VR・MRとの違いも解説

IT機器が発展し3Dという言葉が出てくるようになってからアプリケーションやゲームなど映像に取り入れられることが増えているAR(拡張現実)ですが、どのようなものかご存知でしょうか?

簡単に言うと、映像の中でより現実に近いものを表現するものなのですが、VR(仮想現実)MR(複合現実)など複数の専門用語も存在し、分かりづらいものとなっています。

今回は、AR(拡張現実)はどのようなものなのか。VR(仮想現実)、MR(複合現実)との違い、どのようなジャンルで活用されているのかも交え紹介していきます。

AR(Augmented Reality・拡張現実)の定義とは?

ARは現実世界と仮想現実を組み合わせたものを指します。分かりやすく言うと現実世界の地図とパソコンやスマートフォンなど電子機器の位置情報を利用したアプリケーションです。

実例としては、現実世界の地図内に飲食店の映像を立体的に映し出したり、最近ではポケモンGOが有名。普段生活している地域の見慣れた地図内にCGの技術を使ってモンスター(ポケモン)を立体的に映し出し、GETして楽しむというゲーム性を再現しています。

今まで地図は目的の店舗を探したり、目的地までたどり着くための道案内としての役割で使用されていましたが、ARの技術の発展によって、地図にゲーム性が出るという画期的なものになっています。

電子機器のインターネット環境を使用して位置情報から映像を映し出すため、インターネットにつながっていなければゲームを楽しむことはできませんが、スマートフォンのキャリアからのインターネット接続に加え、日本中に無料Wi-Fiスポットが充実してきたことから、ARの技術を使用したアプリケーションが増えている傾向にあります。

VR・MRとの違いは?

AR(拡張現実)とVR(仮想現実)、MR(複合現実)の違いはどこにあるのでしょうか?拡張、仮想、複合と分かりにくい言葉が続いていますが、しっかり区別されているものなので正しい知識を身に着けることが必要になります。

VR(Vertuial Reality・仮想現実))とは?

VR(仮想現実)は現実世界と区別された、パソコンやスマートフォンなどの電子機器内のアプリケーション内の技術です。現実世界をそのまま利用するAR(拡張現実)と違うのは、電子機器内に映し出される映像だけを使用する、従来の映像のが進化した形と言えるでしょう。

例えば、シューティングゲームの主人公を想定して、自身が主人公になったような視点から敵と戦ったり、建物内を検索したり、現実に似せた世界の中に入り込むことができる疑似体験が可能となった技術です。

専用のゴーグルや眼鏡を使用して、映像に奥行きをつけた3D映像がメインですが、最近では映画館で取り入れられている映像に匂いや音をプラスする4D技術も発展しています。
現実世界ではないが、現実に近い映像や体験ができるというのがVR(仮想現実)の技術です。

MR(Mixed Reality・拡張現実)とは?

AR(拡張現実)をさらに進化させたのがMR(複合現実)です。

ARで映し出される立体映像に対して、自身が近づいたり後ろに移動することができるなど、現実世界により近づけることに成功した技術と言えます。さらにMRの空間は複数人で共有できる技術も進んでいますので、現実世界にいるような錯覚を体験できます。

現実世界の情報を正しく映し、その中に拡張している映像を正しく映し共有することが必要なので、正確な位置情報が必要となります。

最近ではMicrosoftが発表しているMicrosoft HoloLensが有名。現実の空間に映し出すホログラムを自身の手や体で動かすことができるという画期的なものがあります。

ゲームやアプリケーションで今後発展されていくことが期待されていますが、企業のプレゼンテーションや子供が喜ぶアトラクションにも取り入れられることが予想されている最新の技術で、今後益々の発展が期待されています。

ARで何ができる?業種別で紹介

AR(拡張現実)は様々な業界で取り入れるようになり、実はすでに生活の一部となっていることもあります。ここでは業界別にAR(拡張現実)がどのような形で使用されているのか紹介していきますので、いくつか例を挙げて紹介していきます。

ゲーム業界

ゲーム業界でAR(拡張現実)の成功例として筆頭に挙げられるのがポケモンGOです
現実世界の地図をそのままに、地図上にポケモンを出現させるというAR(拡張現実)の最も一般的な形としても知られています。

その他にもスマートフォンアプリを中心にテクテクテクテクやingressと言った位置情報を使用し、日本地図上でキャラクターを動かすアクションゲームのような形のゲームが次々に出てきています。
アプリケーションやゲームは次々新しいものがリリースされていますが、AR(拡張現実)を取り入れているものに関しては、インターネット通信を使用して位置情報を取得するゲームが主流となっています。

エンターテイメント業界

日本の伝統芸能である歌舞伎や能にもAR(拡張現実)が使用されています。初めて鑑賞する方にとっては、役者が演じているセリフや行動が分からず楽しめないという方も多いのです。そこでAR(拡張現実)が活用されています。

専用の眼鏡型デバイスを装着して鑑賞することで、舞台上で演じている役者のセリフが字幕が眼鏡越しに浮き上がってくるというものです。セリフが出てくることによってストーリーがどんな形で進んでいるのか把握することができるようになっています。

今後は海外からの観光客向けに各国の言語に対応させることで日本の伝統芸能をより身近に感じてもらうようなサービスの発展にも期待されています。

不動産業界

不動産業界では主に賃貸物件を選ぶ際の家具の配置においてAR(拡張現実)が役に立っています。
大手家具メーカーのIKEAは「IKEA place」というアプリケーションを提供していて、家具が置かれていない家の中に仮想の家具を配置できるという便利なサービスになっています

引っ越しにおいて間取りから家具の配置を考えなければいけませんが、AR(拡張現実)によって事前にどの場所に家具を置いたらよいのか、判断に迷うことがなくなりました。

特に賃貸物件では事前に部屋を下見することはできても、実際に家具を置いて試すことができないため、慎重に家選びをする必要がありましたが、この技術によって引っ越しの失敗を減らすことに成功しました。

また、引っ越し以外にも今住んでいる家に新しい家具を配置したいときにも使用できますので、今後このサービスは更に発展するものと予想されています。

スポーツ業界

スポーツ業界では、株式会社meleapという企業が開発した「HADO」という技術があります
専用のゴーグルを身に着けることで現実世界にいながら仮想のモンスターを出現させ、それを倒していくという新たな形のスポーツとして注目されています。

また、プロスポーツ業界でもAR(拡張現実)が取り入れられています。有名どころでいうとアメリカンフットボールや日本のプロ野球。専用のゴーグルを着用することでコートや球場に仮想のデータを表示させ、選手の走行スピードや球速を瞬時に表示させます。

日本のプロ野球においてはバッティング練習にも取り入れられ、専用のゴーグルを装着したまま打席に立ち、仮想のボールを打つシミュレーションをすることで、多彩な変化球や剛速球にも体が反応するようにできるトレーニングも取り入れられています。

ファッション業界

ファッション業界では、自身の姿や顔にフィットする服やメイクを試すことができるアプリケーションが次々に出されています

今までは実際に店舗に出向いてほしい服を試着する必要があり手間がかかっていましたが、AR(拡張現実)の技術によって、家に居ながらにして試着と同等のことができ、さらに気に入ったものがあればその場で購入できるという便利さがあります。

特にModiFace社が提供しているメイクアプリについては、様々なバリエーションの化粧品を選択してメイクを試すことができることから、女性人気が高いです。
ファッション業界でも今後、AR(拡張現実)を使用したアプリケーションの発展が期待されています。

ARで今後どんな未来が予想される?

AR(拡張現実)は様々な業界で活用されていますが、位置情報が必要であったり専用のゴーグルを装着しなければいけないなど、まだまだ課題があります。

一方でその課題が克服されていけば、まだまだ消費者からの需要が高く、今後爆発的に発展を遂げるであろう業界ともいわれています。

特に、我々の身近にあるパソコンやスマートフォンのアプリケーションはまだまだ無限の可能性を秘めています。家に居ながらにしてインターネット通信だけを利用して、仮想の引っ越しができたり、仮想のメイク、服の試着ができるなど、リスクなくサービスを試すことができるということはとても便利なことです。

AR(拡張現実)が注目され出したのは、2016年ポケモンGOがリリースされてからですが、今後益々発展が期待できる業界と言えるでしょう。

AR(拡張現実)の未来は明るい

AR(拡張現実)を中心に、VR(仮想現実)・MR(複合現実)と紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?AR(拡張現実)については現実世界に仮想の映像を映し出すものとなっていて、最もわかりやすい例はポケモンGOです。

インターネット通信から取得した位置情報をもとに、実際の地図上に仮想の環境を映し出すことができる技術は、ゲーム業界だけでなくスポーツやファッション業界でも注目されています。今の時点では専用のゴーグルを装着したり専用のアプリケーションをインストールしなければいけないなど、多少の手間がかかってしまうということが課題と言われています。

ただ、AR(拡張現実)は2016年から注目され始めている最新の技術でもありますので、今後様々な業界で導入されていき、私たちの生活をより便利にしてくれる技術として期待されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡