DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

一生歩けるARアプリ「テクテクテクテク」が人気の理由は?

最近ではスマートフォンのアプリも、ARを使ったものが増えてきました。ARとは拡張現実のことで、実際の風景がアプリを通すとゲームのキャラクターがいるというものです。そんなARアプリの中で、人気となっているのがテクテクテクテクです。ここではテクテクテクテクの、基本的なポイントを紹介していきましょう。

ARアプリ「テクテクテクテク」とは

テクテクテクテクとは、ARを使ったゲームアプリです。ニコニコ動画で有名なドワンゴが配信をしていて、現実世界の地図をベースにした位置情報ゲームになります

一生歩けるRPGを売り文句としていて、プロデューサーには中村光一氏、ディレクターには麻野一哉氏を起用しています。有名なゲームにいくつも携わってきた2人が、再びタッグを組んだということで、配信前からゲーム好きの人たちの間では話題になっていました。

ARを使った位置情報ゲームはいくつかありますが、その中でもアニメなどともコラボをしているテクテクテクテクは、とても注目を集めています。

テクテクテクテクのルールは?

テクテクテクテクのルールを紹介しましょう。ゲームを起動するとプレイヤーがいる場所の地図が表示されます。このエリアを街区と呼んでいて、歩くと街区を塗ることができるのです。

もともと普通の地図であった場所が、歩いて色を塗ることでファンタジーの世界へと変貌します。具体的には効果音とともに、森や岩山などに変化して、モンスターが出現するのです。

基本的には移動を繰り返して、街区に色を塗っていき冒険できるエリアを広げていくのが目標になります。ちなみに歩くだけではなく、電車やバス、車などを使っても色が塗れるのも嬉しいポイントでしょう。

一定のエリアを塗ることで、プレイヤーのランクが上がります。ランクアップではゲーム内通貨のゴールドや、装備品をもらえるなど特典がついてくるので、昔のRPGさながらです。

ファンタジーエリア内にある、木や草花、岩を最終すればアイテムを入手できたりもします。さらにフィールドを徘徊するモンスターとも戦うことも可能です。

さらに地図を俯瞰すれば、プレイヤーが塗ったエリアのパーセンテージを見ることができます。1つのエリアが100%になると、さらなるボーナスが発生する仕組みです

ARアプリ「テクテクテクテク」が人気の3つの理由

言葉だけの説明では、なかなかテクテクテクテクの楽しさは伝わらないかもしれません。ただ実際にゲームをプレイしてみると面白いと評価する人が多いのも事実です。ではどんな点でテクテクテクテクは、人気を集めているのでしょうか。3つのポイントに絞って紹介していきましょう。

人気キャラクター、作品とコラボ企画

テクテクテクテクはまだ配信されて、あまり時間が経っていません。それでも数々の人気キャラクターや作品とコラボしています。

その特徴は配信会社がドワンゴだけに、ごった煮であるという点でしょう。ゲームの雰囲気を大切にするというよりは、色んな世界観のキャラクターを登場させています。

中には芸能人とのコラボで、実際に敵として戦うこともできるのが、テクテクテクテクの魅力かもしれません。ではどのような作品とコラボしてきたのか紹介しましょう。

戦えるデカボスとして、コラボしているのは新世紀エヴァンゲリオンと、小林幸子氏ゴジラの3つです。エヴァンゲリオンからは第4使徒が参戦していて、ふつうの状態と強化状態の2種類が存在しています。小林幸子氏は紅白歌合戦での派手な衣装が話題となっていましたが、その姿で参戦です。

ゴジラは2018年の11月29日から2019年の3月26日までで、ゴジラにゆかりのある土地や東宝シネマなどに出現します。他にも戦うことはできないデカボスとして、コラボが行われています。

アニメポプテピピックからポプ子とピピ美が、モデルやアイドルとして活躍する大原優乃氏は水着姿でのコラボです。さらには最近人気となっているVTuberとのコラボも決まっています。

2019年の1月10日からはキズナアイが参戦し、2月以降も6名のVTuberが登場予定です。こうした統一感がまったくない独特の世界観が、テクテクテクテクの人気の一因となっています。

やりこみ要素満載

テクテクテクテクは有名なゲームプロデューサーを起用しているだけあって、ゲーム性が高いのも人気の理由です。ただ歩いて色を塗るだけのゲームではありません。昔ながらのRPGのようにモンスターと戦って、レベルをあげていくのも要素の1つになります。アイテムを手に入れて、強い武器や防具を身につける必要もでてくるのです。

さらに良いアイテムを手に入れるには、街区を塗ってエリアを広げていかないといけません。しかしエリアが広くなってプレイヤーのランクが上がると、出現するモンスターも強くなるのです。

他にもやりこみ要素としては、ドリップがあります。プレイヤーのランクが3になると、アイテムやモンスターの素材であるモン素を利用して、より良いアイテムを作ることができるのです。

倒したモンスターが仲間になることもあり、自分の工夫次第では遊べる要素が尽きないでしょう。ショップで購入できるアイテムもありますが、エリアを歩いていると自然と収集ができます。そのため課金が必須ではないというのも、テクテクテクテクの面白さかもしれません。

自分で目標を決められる自由度

先ほどテクテクテクテクを昔ながらのRPGのようだと評しましたが、実は最終的な目標というものがありません。RPGだとラスボスを倒すとクリアですが、テクテクテクテクでは特に目標がないのです。そのため自分自身で好きなことを目標にできます。例えば自分の住んでいる市内を100%塗る、モンスターとの戦いを楽しむ、アイテムを収集する、などでしょうか。

人それぞれの楽しみ方を見つけることができるため、とてつもなく自由度が高いのです。ちなみにテクテクテクテクは移動速度の制限がないので、電車や車を使うとすぐに広範囲のエリアを塗ることができるのもポイントです。

ユーザーの口コミ、評価は?

では実際にテクテクテクテクをプレイしたユーザーの口コミを見ていきましょう。

  • 思っていたよりも楽しい

位置情報ゲームでこんなにハマったのは初めて。課金をしなくても自分のペースで楽しめるからお勧めできる。(10代女性)

  • ドリップが面白い

中村光一と麻野一哉が再タッグを組んだ。自分的にはこれだけで、テクテクテクテクが遊ぶ価値のあるゲームになった。実際にプレイしてみると、思った以上にドリップが楽しい。(20代男性)

  • 遊べる要素が多い

某ラジオで聞いて、インストールしてみた。辞め時が正直わからないくらい面白いと思う。遊べる要素が多いから、いつまでもゲームが終わらない。休日の予定を潰してまで、ゲームをするなんて何年ぶりだろうか。(30代男性)

位置情報ゲームならテクテクテクテクがおすすめ

テクテクテクテクの基本的な部分を、いくつか解説してみました。ドワンゴが配信のゲームだけに、独特な世界観が楽しめるのが特徴です。歩いて色を塗ったエリアを冒険するというシンプルな内容ですが、

基礎的な部分を有名なゲームプロデューサーが、固めているからこその面白さがあります。プレイした人からの評価も高いので、位置情報ゲームで迷っているのならテクテクテクテクをおすすめします。

この記事に関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡