DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

人気爆上がり中のeスポーツを観に行こう!2018年度、日本で開催されるイベント、大会は?

今注目のワード「eスポーツ」。2018年、インドネシア・ジャカルタで開催されたアジア大会で、初めて公開競技として採用されたことでお茶の間にも広く浸透しました。

eスポーツのこと、もっと知りたい!
eスポーツの大会って普段からあるの?
eスポーツを生で観戦してみたいなぁ
そのような声に応えるべく、この記事では今年度(2018年10月〜2019年3月)の間に開催されるeスポーツイベントや大会の情報をまとめて紹介します。

2018年度に開催される主なeスポーツイベント・大会まとめ

RAGE 2018 Winter

日時:2018年11月23日(金・祝)
場所:千葉・幕張メッセ
種目:Shadowverse(シャドウバース)ほか
賞金:種目によって異なる

RAGEは国内の総合eスポーツ大会としてメジャーな大会のひとつ。春・夏・秋・冬と1年に4度開催されています。
2018年10月5日現在のところ、種目はShadowverseしか発表されていませんが、複数のタイトルを同時に開催するのが慣例。国内の主要なeスポーツ競技のほとんどが、この大会にエントリーされるため、日本の競技シーンを知るためにも役立つでしょう。

基本的に全国で行われた予選を勝ち抜いた者だけがこの舞台に立てるため、日本一を決めるという位置づけの大会でもあります。優勝者は世界大会の日本代表となることもしばしばです。

ちなみにですが、RAGE 2018 Winterで種目となることが決まっているShadowverseの優勝賞金は400万円となっています。

RAGE 2018 Winter公式サイト


Shadowverse WORLD GRAND PRIX 2018

日時:2018年12月15日(土)、16日(日)
場所:日本・東京
種目:Shadowverse(シャドウバース)
賞金:優勝で100万ドル(日本円で約1億1,000万円)

12月には国産のTCG(トレーディング・カード・ゲーム)であるShadowverseの世界大会が東京で開催されます。
日本はもちろん、全世界で繰り広げられた予選を勝ち抜いた猛者しかこの舞台に立つことができません。eスポーツの世界大会が日本でおこなわれることはあまり多くないので、「世界一を賭けた熱い戦いを生で観たい」という人にとっては、要注目の大会となるでしょう。

Shadowverseはゲーム自体もそれほど敷居が高くないため、実際にプレイしてみるのもおすすめ。また違った目線で世界大会を見られるはずです。

Shadowverse WORLD GRAND PRIX 2018大会公式サイト


闘会議 2019

日時:2019年1月26日(土)、27日(日)
場所:千葉・幕張メッセ
種目:未定
賞金:未定

『みんなで遊んで楽しめる、ネットとリアルを融合した「ゲームファン」と「ゲーム大会」の祭典』をコンセプトに掲げるのが闘会議です。
闘会議の特徴は、比較的カジュアルなeスポーツ競技も大会種目に取り入れている点。2019年の競技種目はまだ未定ですが、2018年の競技種目を振り返ると、そこにはスプラトゥーンやスマッシュブラザーズ、クラッシュ・ロワイヤル、パズドラ、モンスト、ウイニングイレブン、ディシディア ファイナルファンタジーといったゲームもラインナップされています。
「eスポーツは観てみたいけど、難しいゲームは観てもわからないかもしれない…」
そんな不安を抱えている人に、闘会議はおすすめ。もちろんコアなeスポーツ競技である格闘ゲームなどもラインナップされているので、初心者からコアゲーマーまで満足できる大会が闘会議です。

闘会議公式サイト


闘神祭2018-2019 CHAMPIONS CARNIVAL

日時:2019年3月23日(土)、24日(日)
場所:未定
種目:数が多いため、下にまとめて記載
賞金:未定

闘神祭は、アーケードゲームで有名なタイトーが主催する格闘ゲームに特化したeスポーツ大会。全国のゲームセンターで予選大会がおこなわれ、さらにその後、エリアごとに決勝を実施します。すべて勝ち抜いた人だけが、この全国決勝大会に参加することが可能です。

格闘ゲームを扱う主要なeスポーツ大会であるため、全国の格闘ゲームファンが闘神祭の結果に注目していると言っても過言ではありません。ジャンルとしては少し敷居の高い格闘ゲームですが、観戦するにあたっては盛り上がること必至。eスポーツの草分けとも言えるジャンルなので、eスポーツを知るためにはうってつけの大会とも言えるでしょう。

闘神祭2018-2019、競技種目一覧

THE KING OF FIGHTERS XIV Arcade Ver.
BLAZBLUE CENTRALFICTION
ミリオンアーサーアルカナブラッド
ディシディア ファイナルファンタジー
鉄拳7 FATED RETRIBUTION
GUILTY GEAR Xrd REV 2
ウルトラストリートファイターIV
ドラゴンボール ゼンカイバトル
頭文字D ARCADE STAGE Zero
湾岸ミッドナイトマキシマムチューン6

闘神祭公式サイト


やっときたeスポーツの波に乗り遅れるな!

以上、2018年度に開催される主要なeスポーツイベント・大会を紹介しました。
冒頭でもお話したとおり、eスポーツはまさに今大きく注目を集めています。2018年アジア大会で公開競技として採用されたこともあり、今後はさらにひとつの競技として認められるようになっていくでしょう。「ゲーム=遊び」だった時代から、「ゲーム=スポーツ」の時代へ。この大きな波に乗り遅れると、時代遅れのレッテルを貼られてしまうかも?そうならないために、ここで紹介したイベントをチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

結木千尋
ユウキチヒロ。フリーライター・インタビュアー・ときどきカメラマン。名古屋在住。 関心事はサブカルチャー(音楽、映画、ゲームなど)。 興味ないこと以外はだいたい興味あります。 なにかといろいろこだわるタイプです。