DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

【眼鏡OK】メガネ着用可能なVRゴーグルを紹介

近年注目を集め、進化しているVR。VRが大迫力に体験できるアミューズメント施設まで誕生しています。

「僕もVRを楽しみたいけど、どれを買えばいいかわからない・・・」
「メガネをかけていても装着可能なのかな・・・」

と、思われている方も多いのではないでしょうか。今回はメガネを付けていても装着可能なVRをご紹介します。

メガネをかけていてもVRは可能?

結論から申し上げますと、可能です!VRをどのような方にも楽しんでもらえるように、ゴーグルも工夫されています。

メガネを着用したまま使えるVRゴーグル・ヘッドセット

メガネをかけていても装着できるVRゴーグル・ヘッドセットにはさまざまな種類の商品があります。今回は、特にオススメしたい7つの商品をご紹介します。

VOX PLUS 3DVRゴーグル

https://www.amazon.co.jp/VOX-PLUS-3DVR-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E7%94%A8-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B017B6R9SG

特徴

VOX PLUS 3DVRゴーグルは、スマートフォン用に設計されたゴーグルです。メガネをかけている方でも問題ないように、肌に触れるスポンジは柔らかくクッション性の高いレザーが使用されており、長時間かけても疲れることはありません。

スペック

  • 対応機種

全ての4-6インチのスマートフォンに対応しているため、YouTubeやアプリなどで公開されている動画やゲームを楽しめます。

  • 価格

価格は1,899円と、他の3Dゴーグルと比べ、かなりリーズナブルです

  • ピント調整の有無

焦点距離と視界距離を調整できるので、装着する人に合ったピントで遊ぶことが出来ます。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

ヘッドホンも付いているので、視界だけでなく、音でもVR世界を体感することが出来ます。

  • 視野角

視野角は96°と他の3Dゴーグルに比べ狭いですが、商品の評価は高く、3Dの奥行きを問題なく感じることが出来るでしょう。

VR BOX

https://www.amazon.co.jp/BOX-3D%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E5%90%91%E3%81%91-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BB%98%E3%81%8D-%E9%A0%AD%E9%83%A8%E8%A3%85%E7%9D%80/dp/B01E3PNZ0E

特徴

VR BOXもVOX PLUS 3DVRゴーグル同様、スマートフォン用のVRゴーグルで、メガネを付けたままでも装着可能です。ゲームや映画にビデオなど、VR対応のコンテンツを楽しむことが出来ます。

スペック

  • 対応機種

3.5~6インチのスマホに対応しています。

  • 価格

価格が989円とトップクラスにリーズナブルです。低価格だと「性能が悪いのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、しっかりとVR機能を備えているので、お手軽にVRを楽しみたい方にはとてもオススメです。

  • ピント調整の有無

ピントの調節も簡単に行うことが出来ます。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

ヘッドホンについては明記されていませんが、レビューによると、問題なく音が聞けます。

  • 視野角

視野角は95°~100°と、こちらも他のゴーグルと比べて若干狭いですが、しっかりと3Dを楽しめる造りとなっています。

Urgod

https://www.amazon.co.jp/Urgod-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E2%80%A2%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D-iphone-android%E5%85%A8%E3%81%A6%E3%81%AE-3-5-6-0/dp/B01HT90GI0

特徴

Amazonでベストセラー1位を獲得したゴーグルで、日本4万台、世界で100万台の販売台数を誇っています。ソフトレザーを使用しているため、長時間の使用も負担になりません。

スペック

  • 対応機種

3.5~6インチのスマートフォン

  • 価格

価格は1,200円と前の二つに比べると僅かに高いですが、それでもVRゴーグルの中ではリーズナブルな価格です。また、高性能でもあるので、かなり割安です。

  • ピント調整の有無

焦点距離と瞳孔間距離を別々に調整可能なので、自分に合ったピントで楽しめます。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

ヘッドホンは内蔵されていないため、装着する際にイヤフォンも付ける必要があります

  • 視野角

視野角が120°とVRゴーグルの中で最も広く、どのようなゲーム、動画でも迫力ある映像を楽しめます。また、近視800度遠視400度に対応しており、どなたでも最良の度数で楽しむことが出来ます。

Gooice 3D VRゴーグル

https://www.amazon.co.jp/Gooice-Bluetooth%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E4%BB%98%E5%B1%9E-VR%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-4-7%EF%BD%9E6-2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81-Moto%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B07GJMHCYR/ref=sr_1_3_sspa?ie=UTF8&qid=1547169588&sr=8-3-spons&keywords=gooice+3d+vr%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB&psc=1

特徴

Bluetoothリモコンが付属されており、3D映像を見る際に、簡単に再生、一時停止、早送り、音量調整が出来ます。人間工学に基づいた設計で、ストレスがかからない、高いフィット感を実現しています。もちろんメガネをかけたままでも装着可能です。

スペック

  • 対応機種

4.7~6.2インチのスマートフォンに対応しています。

  • 価格

Bluetoothリモコン付属で2,999円と割安です。他のゴーグルはリモコンが付属していないものが多いため、はじめからセットで付いているのは有難いですよね。

  • ピント調整の有無

本体上部に瞳孔間距離調節ダイヤルがあり、側面には焦点距離調整ダイヤルがあるので、自分に合ったピントに調節できます。また、近視800度、遠視400度までに対応しています。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

ヘッドホンは内蔵されており、ノイズがなく高音質です。ヘッドホン内蔵のゴーグルは珍しく、それを3,000円で購入できるのはかなりお得です。

  • 視野角

視野角は120°と、VRゴーグルの中でもトップクラスです。VRをより楽しむには、没入感が感じられる視野角の広いゴーグルがオススメです。

Gear VR

https://www.amazon.co.jp/Galaxy-Controller%E3%80%90Galaxy%E7%B4%94%E6%AD%A3-%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E4%BB%98%E5%B1%9E-SM-R32410117JP/dp/B071LB51N5/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1547171454&sr=8-6&keywords=gear+vr

特徴

Galaxyのスマートフォンに対応したGalaxy純正の国内正規品で、高い性能を誇ります。Gear360などの360°カメラで撮影した動画などをGear VRで閲覧することができ、思い出を振り返ることが出来ます。

スペック

  • 対応機種

GalaxyS6/S6 edge/S7 edge

  • 価格

価格は専用コントローラーが付属されて10,900円とVRゴーグルの中ではかなりお高めです。

  • ピント調整の有無

ピント調節ダイヤルが本体上部にあるので、簡単に自分に合ったピントに調節出来ます。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

モバイルデバイスにステレオイヤフォンまたはBluetoothヘッドセットを接続して音を聞くことが出来ます

  • 視野角

視野角は101°とVRゴーグルの中では標準です。

HTC VIVE

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-HTC-VIVE-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%80%90Amazon-co-jp%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%80%91%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%ABPC%E5%A3%81%E7%B4%99%E9%85%8D%E4%BF%A1/dp/B075S15Y3S

特徴

最高峰のVR体験が出来る商品です。ヘッドマウントディスプレイ、ベースステーション、コントローラーなどVRを体験する上で必用な物がパッケージされています

スペック

  • 対応機種

スマートフォンには対応しておらず、実際にヘッドセットに映像が映し出されます

  • 価格

価格は7万円前後と、かなりお高めですが、その分遊べるゲームも多く、1,500本以上体験できます。それだけでなく、YouTube、DMMのVR動画も高画質で楽しめます。体験できるコンテンツ、品質にあった金額でしょう。

  • ピント調整の有無

ピント調節はもちろん可能です。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

内蔵されており、高音質を体感できます。

  • 視野角

視野角は110°と広く、高い没入感を味わえます。

Oculus Go

https://www.amazon.co.jp/Oculus-Go-32-GB/dp/B07KM843PN

特徴

独立型のヘッドセットで、外出に持っていけるくらいにコンパクトであるにもかかわらず、まるで映画館のような大画面で楽しむことが出来ます。またOculusアプリを使うと最新のVRゲームやアプリをダウンロードできます

スペック

  • 対応機種

スマートフォンに対応しておらず。独立型のヘッドセットになります。

  • 価格

価格は32GBで23,800円、64GBで29,800円です。32GBと64GBでそれほど価格が変わらないので、たくさんのコンテンツを楽しみたい方には、64GBをオススメします

  • ピント調整の有無

レンズ調節機能はありませんが、付属のメガネスペーサーなどで調節可能です。

  • ヘッドホン内蔵かどうか

優先でイヤホンやヘッドフホンを接続する必要があり、Bluetoothに標準対応していません

  • 視野角

視野角は110°と広く、高い没入感でさまざまなコンテンツを楽しめます。

今話題のVRを早速体感しましょう!

メガネに対応したVRゴーグルはもちろん、高音質・高画質でさまざまなコンテンツを体験できるVRゴーグル・ヘッドセットはたくさんあります。種類が多いので何を買えばいいのか分からない方もいらっしゃると思います。価格や性能をしっかりと見極めて、自分に合ったものを購入し、時代の最先端を体感しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡