DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

スマホに対応したオススメの人気VRゴーグル10選

VRを始めるに当たって最適なのはスマホ対応のVRゴーグル。値段も1~3000円台のものが多く比較的簡単に入手できます。映像の解像度はスマホに依存しているため、PCやゲーム機に接続するVRヘッドセットには劣りますが、映像を見るだけなら十分に楽しめます。

ただしスマホ対応ゴーグルは数も増えて、何を基準に選んだらいいのかわからないのが難点。今回は様々な角度からスマホ対応のVRゴーグルを紹介するので自分に合った商品を選んでみてくださいね。

スマホ対応!おすすめVRゴーグルは?

そもそもVRゴーグルというのはスマホを利用して、左右で少し違う映像を流し目の錯覚を起こすことで3Dのような表示にしています。アンドロイドやiPhoneでも利用できますが、サイズによっては合わないものもあるため注意しましょう。

Canbor VRヘッドセットゴーグル

https://www.amazon.co.jp/Canbor-VR%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-4%EF%BC%8D6-3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81-Samsung-Bluetooth%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9/dp/B0797RKHVV

ゴーグルの重さがわずか280gで装着感がよく、T型ヘッドバンドのため頭部にぴったりフィットします。ピント調整ができるため近視の方でも裸眼で利用できます。視野角も120度まで見えるので端っこまでは見えませんが、VRを始めてみたい方には問題ありません。

また4~6.3インチのスマホに対応ということでほぼすべてのスマホに対応しているため、プレゼントにも最適。Bluetoothリモコンもついていて、何から何までそろっている印象で一押しです。

  • 価格2900円
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 120度
  • 対応機種 4~6.3インチのスマホに対応
  • Amazonの商品URL

VOX PLUS 3D VRゴーグル

https://www.amazon.co.jp/dp/B017B6R9SG?aaxitk=518CUUEisQlEazawRsKTkQ&pd_rd_i=B017B6R9SG&pf_rd_p=a1a1201a-b39a-4f0b-886e-09739a3e746a&hsa_cr_id=8818764470703&sb-ci-n=asinImage&sb-ci-v=https%3A%2F%2Fimages-na.ssl-images-amazon.com%2Fimages%2FI%2F41TcWwGYXZL.jpg&sb-ci-a=B017B6R9SG

安くても性能の良いVRゴーグルを利用したい方におすすめ。リーズナブルだが価格以上のクオリティであることからとても満足度が高くVRの入門機として最適です。ピント調整ができるため目が悪い人でも問題なく利用可能。眼鏡をかけたままでも大丈夫です。収納袋がついていることも嬉しいポイントの1つ。持ち運びにも便利でVRゴーグルを傷から守ってくれます。別売りでワイヤレスリモコンも売っているためそれと一緒に買うと、さらに快適に映像を楽しめますよ。

  • 価格 1899円
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 表示なし
  • 対応機種 4~6インチのスマホに対応
  • Amazonの商品URL

ETVR 3D VRゴーグル

https://www.amazon.co.jp/ETVR-%E8%B6%853D%E6%98%A0%E5%83%8F%E4%BD%93%E9%A8%93-6-0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%AE-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E5%AF%BE%E5%BF%9C-%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88mini/dp/B01NCDYUD4

中についているスマホを固定するホルダーによってサイズ調節ができるため、すべてのスマホに対応しています。他にもヘッドベルトでの調節も可能で、自分の頭に合った大きさに調節できるので着け心地は快適です。

レンズは日本製で特別仕様の光学レンズを用いているため、視覚疲労やめまいを防げます。もちろん長時間の利用では酔ってしまうこともあるため、適度に休憩をはさみましょう。ピント調節もできるため近視の方でも眼鏡をはずした状態でも見られます。

  • 価格 1880円
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 120度
  • 対応機種 すべての機種が対応可能
  • Amazonの商品URL

Samsung 3D VRゴーグル

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HU3J9QA/ref=dp_cerb_3

値段が少々高いこともあってかなりのクオリティで、仮想世界に入り込む没入感が素晴らしい商品です。追従性といって頭を動かしたときの映像の動き具合に滑らかなので、実世界と変わらない動きを再現できます。

ゴーグルをつけたままでも操作できるように右側に音量、戻る、ホームボタンがあるため慣れるとなおさら仮想世界に入り込んでいる感確になります。

欠点があるとすると値段が高く、対応機種が限られてしまうこと、かなり熱を帯びてしまうことです。熱くなると警告が出るようになっているためその場合は端末を休ませてください。端末がギャラクシーでVRゴーグルでもクオリティを求めたい方におすすめです。

  • 価格 5500円
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 表示なし
  • 対応機種 S8, S8+, Note 7, S7, S7 edge, Note 5, S6 edge+, S6, S6 edge Galaxyシリーズ最新のS8/S8+

ハコスコ タタミ2眼

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%82%B3-%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%83%9F2%E7%9C%BC-iPhone5-6Plus-7Plus%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B011I9FCGS/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8

特徴は何といっても価格の安さ。700円という破格の値段はVRゴーグルの中でおそらく最安値。ダンボール製で頭に固定するバンドは無く、片手で持ったままのぞき込みます。50gの超軽量設計で、折りたたむこともできるので持ち運びにも最適。1番のデメリットは頭に固定できないことでしょう。

VR特有の仮想世界に入り込むような没入感を感じられなく、ずっと片手で抑えたままなので疲れてしまいます。工夫次第ではゴムバンドとクッションを付けて頭に固定できるようにもできるので、試してみる価値ありです。簡易的にもVRを味わう分には全く問題ないので、とにかくお金をかけずにVRを体験してみたい方にはいいでしょう。

  • 価格 700円
  • ピント調整の有無 なし
  • 視野角 記載なし
  • 対応機種 iphone5,6,6Plus,7,7Plusサイズ対応

Canbor 3D VRゴーグルBluetoothコントローラ付属

https://www.amazon.co.jp/Canbor-VR101-VR%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB-Bluetooth%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E4%BB%98%E5%B1%9E/dp/B01MRZ1HV4

光学レンズ技術を採用していて、非球面レンズを使用しているため高精密、高等科率で目を守ってくれます。グラスの表面もブルーライトを軽減してくれるため目が疲れにくくなっています。

レンズ調整ではレンズの位置を別々に調整することで両目の度数が違う方でも利用可能。また専属のコントローラーがついていて、再生、停止、早送り、巻き戻しなどの基本操作ができるため仮想世界に没入したまま操作できます。

ゴーグルバンドは長さの調節が可能で、顔が接する面にはソフト革を利用しているため顔を保護してくれます。欠点としては内部に若干ほこりが溜まりやすくなっていることと、少し重さを感じることです。

  • 価格 現在在庫切れのため未定
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 102度

VR magic 3Dゴーグル

https://www.amazon.co.jp/VR-magic-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E7%94%A8-%E5%85%A8%E3%81%A6%E3%81%AE4-0-5-5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E6%A9%9F%E7%A8%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E5%8F%AF%E8%83%BD-229g/dp/B072DVK7QG

シンプルなデザインで装着も差し込むだけの簡単なタイプになっています。頭部のベルトはマジックテープになっているため、子供から大人までサイズ調節が可能。映像が見やすい位置にレンズを移動することができ、比較的軽量で顔に当たる部分はラバー素材で疲れにくい仕様です。

欠点としてはピント調節ができなく眼鏡を付けたままの利用ができないことから、極度の近視の方はやめておいた方がいいでしょう。

  • 価格 2000円
  • ピント調整の有無 なし
  • 視野角 95度
  • 対応機種 4~5.5インチのスマホ

Shangke 3Dゴーグル

https://www.amazon.co.jp/%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%843D%E4%BD%93%E9%A8%93-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB-6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%81%AB%E9%81%A9%E7%94%A8-box%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E5%90%91%E3%81%91/dp/B01EHPBQ2Y

軽量なタイプで長時間の利用でも快適です。4~6インチのスマホということでほぼ全てのスマホにも対応しています。頭に回るベルト部分には横に2か所と縦に1か所で固定でき、それぞれでベルトの長さを調節できるためしっかりとした装着感。

別売りではワイヤレスリモコンも売っているため、それを利用することでより快適にVRの世界を楽しめます。欠点としてはピント調節ができないため近視の方は眼鏡を付けたままの装着になります。どうしても裸眼で見たいという方はピント調節ができる機器を選びましょう。

  • 価格 1550円
  • ピント調整の有無 なし
  • 視野角 表示なし
  • 対応機種 4~6インチのスマホに対応

SAMONIC 3D VRゴーグル

https://www.amazon.co.jp/SAMONIC-3D-VR%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB-%E3%80%8C%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%80%81Bluetooth%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8%E4%BB%98%E5%B1%9E%E3%80%8D-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B07C5KWT7K

イヤホンやBluetoothコントローラーがついていて、質やコスパがかなり高い人気商品。瞳孔距離と焦点距離を調節できるため、近視の方でも裸眼でVRを楽しめます。

頭の装着感やフィット感にも優れていて、ブルーライトカットをしていることから目にも優しく長時間の利用でも疲れずにVR体験が可能。臨場感ある音質なので動画だけでなくゲームでの利用にも最適です。

  • 価格 2880円
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 表示なし
  • 対応機種 全てのスマホに対応

RanBow ヘッドフォン一体型VRボックス

https://www.amazon.co.jp/RanBow-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AB-%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E4%B8%80%E4%BD%93%E5%9E%8BVR%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%88%E3%82%8A%E5%BA%83%E3%81%8F%E8%A6%96%E9%87%8E-3D%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%82%92%E6%89%8B%E8%BB%BD%E3%81%AB%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%81%E3%82%8B%EF%BC%884-6-2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%81%AB%E9%81%A9%E5%90%88/dp/B01MZ71YWO

それなりに値段が高いこともあり、機能は1通り揃っています。特徴はヘッドフォン一体型のため立体感や臨場感を味わえます。ピント調整もあるため近視の方でも問題ありません。散熱加工といって6つの散熱ポートにより、スマホの熱をVR内部から逃がすことができるため、スマホに負担がかかりづらくなっています。

  • 価格 4298円
  • ピント調整の有無 あり
  • 視野角 120度
  • 対応機種 4~6.2インチのスマホに対応

VR入門にはスマホ用VRを使ってみよう

ここまでいくつかのスマホVRゴーグルを紹介しましたが、気になるゴーグルは見つかったでしょうか。スマホ用VRは手ごろな値段でVRの世界を体験できるため、是非一度利用してみてください。必要以上にスペックの高い商品を選ぶ必要はないので自分に合った商品を選んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡