DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

プロゲーマーになるには?プロの定義や収入・年収について解説

eスポーツが注目されつつある今、プロゲーマーの収入に注目が集まっています。プロでゲームしている人たちはいったいどのぐらいの収入を得ているのか?リサーチしてみました。

プロゲーマーとは?

プロチームに所属したり企業スポンサーがついたりしてゲームする人たちをプロゲーマーと呼びます。大会に出場して優勝賞金を得たり、スポンサー契約料を得て生計を立てている人達です。近年は、オリンピック競技会の参加が検討されており、アスリートと同等の視線を注がれています

プロゲーマーの収入源は?

ゲームをプレイして生計を立てるって、いまいちピンとこないですよね?プロゲーマーの人たちは、どのような形で収入源を得ているのでしょうか?

スポンサーとの契約

スポーツ選手が企業やメーカーとスポンサー契約を結んで、スポンサー料をもらうケースがありますが、それと同じケースがプロゲーマーにもあります。ゲーム会社からスポンサー契約料をもらって、大会に出場したり実演したりするのです

イベントの賞金

ゲームのイベントや大会に出て優勝賞金を獲得する方法もあります。日本はプロゲーム業界が狭いため、高額賞金は期待できません。高額賞金を期待するなら、海外の大会です。海外は、億を超える優勝賞金が用意されていることも!

数々の大会で優勝して、数億円を荒稼ぎしているプロゲーマーもいます。ただ、それは海外のプロゲーマーの話であり、日本のプロゲーマーはそこまで稼げていないのが現状です。日本のプロゲーマーの収入に関しては後述します。

動画サイトなどの広告収入

YouTubeなどの動画サイトで、「ゲーム実況」ってありますよね?あれって好んで見ている人が多くて、広告収入ががっぽり入るゲーマーもいるのです。人気のプロゲーマーなら、ゲームしている様子を配信するだけで収入を得られます。ただ、無名のゲーマーだとほとんど収入は入らないようです。

講師として教える

近年は、プロゲーマーを育てる専門学校が増えています。そのような学校で講師を務めるケースもあるようです。常勤講師の場合もあれば、ゲスト講師の場合もあります。個人事業主でゲームを教えている人もいるようです。

テレビや雑誌などのメディアに出演

テレビや雑誌に出て出演料をもらうケースもあります。芸能人と同じ稼ぎ方ですね。日本の市場だ需要は広くないですが、今後オリンピック競技に発展すれば、広がっていく可能性があります。

日本で活躍するプロゲーマーの年収は?

日本のプロゲーマーは新しい業界なので、はっきりした年収は公開されていません。日本のプロゲーマーの第一任者であるウメハラ曰く、「日本のプロゲーマーは世界のプロゲーマーより少ない」と言っていたため、数千万円と思われます。日本人ゲーマーが外国のゲーマーと同じぐらい稼げるようになるには、まだ時間がかかりそうですね。そんな日本の状況の中、日本のトップゲーマーはいくらぐらい稼いでいるのでしょうか?

  • ウメハラ…約3000万円

日本のプロゲーマーで一番有名と言っても過言ではないのが、ウメハラです。彼は、最も長く賞金を稼いだゲーマーとしてギネスにも認定されています。彼の平均年収は、約3000円万円と言われていますが、あくまでも推定です。ゲーム界の第一任者だし、本当はもっともらっているかも?

  • Momochi…約1,500万円

Momochiは、海外にもファンが多いプロゲーマーです。海外のファンが多い理由は、彼が伊賀忍者の百地丹波の子孫だから。忍者は外国人に人気なので、食いつきが良いようです。彼は、StreetFighterIVのゲーム大会で出会った女性ゲーマーのChocoBlankaと夫婦であることでも有名です。夫婦でプロゲーマーとはすごいですね。

  • Fuudo…約1,600万円

彼は、洞察力に定評があるプロゲーマーです。他のゲーマーのプレイを見て、瞬時にコピーする能力があります。だから、瞬時に手を加えてオリジナルを超えちゃうのです。トリートファイターシリーズの大会では、追い込まれたところからコンボで大逆転する展開を見せて、視聴者を盛り上げます。

  • Kazunoko…約2,100万円

彼は、スポンサー契約料と大会賞金で安定した収入を得ています。いろんな種類の格闘ゲームを得意にしており、色んなキャラクターを使いこなせるのが強みです。高度な推察力を駆使して、ガンガン攻撃するプレイが注目を浴びています。

  • Tokido…約4,300万円

彼は、東大大学院を中退してプロゲーマーになった経歴を持つ異色の人物です。ウメハラをきっかけにプロゲーマーを目指したんだとか。東大大学院を中退させる影響力を持つウメハラってやっぱりすごいですね!Tokidoは、海外のファンもたくさんいます。その理由は、プレイ中の表情がすごいから。「殺し屋の顔」と呼ばれ、圧倒的な強さを見せています。このように記すと激しいプレイをするように感じるかもしれませんが、冷静で堅実なプレイが魅力です。さすがは東大!

プロゲーマーとして年収を上げる方法は?

前述したように、トッププロゲーマーは年収数千万円です。しかし、この程度の年収では、いつまで生活できるかわかりません。どうすれば、プロゲーマーの年収は上がるのでしょうか?

  • 10代からオンラインゲームで腕を磨く

ゲームのスキルは簡単に上がるわけではないため、若いうちからプレイしまくることが大事です。そこでおすすめなのが、オンラインゲームです。オンラインゲームで不特定多数のゲーマーとプレイすれば、おのずと腕が磨かれます。海外のゲーマーとプレイすることで、世界大会に通用する技術が身につくのです

  • 海外の大会に出場する

日本でもゲーム大会は開催されているものの、獲得賞金は微々たるものです。がっつり稼ぐには、海外大会に出場しなければなりません。海外の大会は、1億2億の賞金は当たり前で、時には8億円なんていう場合も!1回優勝すれば、二世代三世代働かないで暮らしていけちゃいます。

  • ファンを増やしてメディアへの出演を増やす

プロゲーマーの文化を日本で広げるためには、ファンの増加が必要不可欠です。それにプラスして、プロゲーマーの存在を広げる活動も欠かせません。そのためには、メディア露出を増やす必要があります。雑誌、テレビ、YouTube、SNS、ネット番組、etc。メディア露出のチャンスがあったらどんどん挑戦するべきです。

【まとめ】日本のプロゲーマーの収入が上がる可能性はある

ご覧いただいた通り、日本のプロゲーマーの収入は世界に比べると高いものではありません。しかし、歴史の浅い業界だからこそ、これから収入が上がる可能性はあります。未来は明るいかもしれません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡