DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

海外で絶大な人気を誇るSmite!どんなゲーム?

神話に出てくる神々や歴史上の偉人たちを自分の分身としてバトルを楽しむ、それがSmiteです。MOBA(Multiplayer Online battle arena)系ゲームなのですが、TPS(Third-Person Shooter)の要素が入っているのがこのゲーム最大の特徴でしょう。海外で非常に人気の高いゲームですが、永らく英語版しかなかったところ、ついに日本語パッチが登場しました。

MOBA系はシステム的にちょっと敷居が高いと感じているプレイヤーでも、3Dアクションゲームのように簡単に楽しめるのが何よりの魅力。Smiteとはいったいどんなゲームなのか、詳しく解説しましょう。

5vs5の対戦にどハマリする!?Smiteはどんなゲーム?

SmiteはMOBA系ゲームで、基本プレイ無料のオンラインバトルゲームです。5:5のチーム対戦がメインですが、一番の特徴が冒頭でも触れた通り、三人称視点のアクションゲームだという点でしょう。一人称視点のFPSはゲームの世界に入り込んだような臨場感が楽しめますが、逆に苦手という人も少なくありません。

また、同じく三人称視点のMOBAもありますが、Smiteは見下ろし型ではなくTPS型なので、バトルのスリル感も十分に味わえます。ただ、銃を撃つようなシューターではなくスキルを使って戦うのも特徴です。そうした意味ではFPSよりMMORPG(Multiplayer Online Role-Playing Game)の対人モードに近いという声もあります。

操作自体は簡単でも腕の見せ所は多く、アクション性がとても高いのが魅力でしょう。5:5は基本ですが、他にも多様なゲームモードがあり、好きなルールで楽しめるところが人気を呼んでいます。海外では以前より非常に高い人気がありましたが、永らく日本語化されておらず、英語が苦手な場合はハードルがありました。

現在はSteam(デジタル配信サービス)から日本語パッチが登場していますので、Steamを介する場合は日本語化も可能になっています。ただし、ちょっと文字化けがあったり翻訳に違和感があったりもするので、そこは大目に見た方が良さそうです。

ストーリー、キャラクターは?

SmiteはGodと呼ばれるキャラクターを自分の分身としてコントロールします。神話に登場する神々や歴史に登場する偉人などがモチーフで、聞き覚えのある名前がズラリと並ぶことから、日本人でも親しみやすいでしょう。日本の神様も登場しています。

たとえば、エジプト神話のアヌビスと西遊記の孫悟空と三国志の関羽がタッグを組むわけですから、わくわくするのは当然ですよね。聞き覚えがある分イメージがあるため特色も覚えやすく、キャラクター数の多くなるMOBA系としては直感的に理解しやすいかもしれません。

またこうした世界観を構築しているだけあって、通常のMOBAのように銃をガンガン撃ちまくるようなことはせず、各々のスキルで戦います。見た目のカッコ良さや好きなGodを選んでもいいのですが、能力はしっかり理解してから挑むようにしましょう。

Smiteのルールは?

基本は5:5のチーム戦です。自分が操るGodを選んだらチームを組んでスタートします。開始直後はレベル1なので、これをレベル20まで上げていきましょう。スキルの割り振りができますが、スキルには4種類あり、それぞれ5段階まで上げることができます。レベルアップしたGodで敵の本拠地を落としたり、敵のチケットを0にしたりすることで勝利を収めます。

人気の理由とは?

Smiteが人気を集めた理由は、やはりゲームプレイヤーの視点に工夫を凝らしたことでしょう。三人称視点のMOBAは他にもあるのですが、見下ろし型ではないため他のゲームにはない醍醐味とスリル感がプラスされています。たとえば、一人称視点では自分の視野しか見えないのでかなり臨場感がある分、操作が難しくなる面があります。

見下ろし型の三人称視点では、フィールド全体が見渡せる分、操作は楽になりますが、スリルに欠けるという声もあります。
Smiteの場合、三人称視点でありながら操るGodに近い位置に視点を置いているため、一人称ほどではないにしろ視野は限られます。

このため背後など死角には意識して気を配っておかないと、いきなり奇襲を受けて大ダメージを受ける場合もあるのです。操作はとても簡単で誰でも気軽に始められるのに、勝利し続けようとすると腕が要求されるという深さがなんとも言えない魅力でしょう。

しっかり狙わなければ攻撃は命中しませんし、死角から攻めるためいかに敵の後方を取るかなど、ストラテジー(戦略)要素も活きてきます。戦績が非常に細かく残るため、ゲーム終了後の分析にも熱が入ります。

そして何より爽快感が抜群というのが、ファンを虜にする理由です。Smiteはアクション性が高くスリリングなハイスピードバトルでありながら、奥が深いと絶賛されるのも納得でしょう。

eスポーツの競技人口は?

2015年に「Toornament」が発表したe-Sports Earningsのデータによると、Smiteのeスポーツ大会賞金は第二位の実績でした。
同年アトランタで開催された公式世界大会では、約3億円の賞金額となり話題になりましたね。

eスポーツのデータサイト「Smart Cast」で公開された「ESPORTS GAMES TIERS:2018」によると、賞金総額150万ドル以上、ファン数300万人以上に分類されています。こうしたオンラインゲームはすべての情報を正確に把握するのは難しいのでざっくりとした分類になりますが、それでも大変な人気ということがわかります。

また、Smiteは世界中のゲーマーがプレイ動画を配信していることでも有名で、公式YouTubeチャンネルには常にたくさんの投稿があります。視聴者として参加するだけでも非常に楽しいゲームなので、こうした人気につながっているのでしょう。

課金システムは?

Smiteの課金要素は、Godのスキン(見た目)、ボイス(声)、エモート(ゲーム中の仕草)、アイコンなどです。God自体は無料で取得できるので、それを自分だけの仕様に変えたい時に課金が視野に入ります。お金をかけた人が強くなるというわけではないので、無料で楽しめるゲームであることに違いはありません。

現在はデイリーボーナスでGem(ゲーム内マネー)ももらえるようになっているので、課金は必須要素では実質なくなっています。「Ultimate God Pack」を買えば即全員開放できますので、スタートダッシュしたい場合は購入しても良いでしょう。

世界の神や英雄が暴れまわる!

Smiteの魅力は、世界の神々や英雄を操って爽快感抜群のハイスピードバトルを繰り広げることです。もちろんGodの種類も豊富で、そのデザインもセクシーだったりスタイリッシュだったり、心躍るカッコイイキャラクターばかりです。新しいGodも次々に追加されていますし、どんなスキルが登場するかも楽しみです。

インストールは公式サイトにアクセスし、「Play for free」をクリックしてください。画面に従って必要事項を記入し、アカウントを作ってダウンロードします。インストールが終わったらチュートリアルから始めましょう。チュートリアルをすべて終わらせるまでは20~30分ほどですし、動画もあるので英語でもさほど難しくはありません。

GodにはHPとMPがあり、HPが0になると倒れます。レベルが上がるとスキルを覚え、MPを消費してスキルを使用することができるようになります。Godは倒されてもほとんど待たずに復活できるので、展開がスピーディなのもこのゲームの魅力でしょう

また、コロシアムが舞台となる1レーン方式のアリーナモードも人気で、10~15分程度で勝敗がつくのでさくさくプレイを楽しめるのもいいですね。試合後には成績によって報酬となるFavor (名声)が得られます。名声が溜まると他のGodのロックが解除され、使えるGodが増えていくという仕組みです。

Godは毎回レベル1からスタートですが、それとは別にプレイヤーには経験値が入りプレイヤーレベルが上がるようになっています。これはどのGodを使っても上がるので、MAXレベル30を目指して是非ランクドマッチ(階級試合)に参戦しましょう。

Smiteは観戦するだけでも面白いと定評がありますが、それはゲーム中大乱闘になりやすく、画面が迫力満点だからです。自分が神々や英雄となって暴れまわるのはなんとも言えない爽快感ですし、勝利を収めれば達成感もひとしおです。

  • 公式サイト

https://www.smitegame.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡