DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

e-スポーツのライセンスとは?取得する方法や認定タイトルは?

e-スポーツは、競技性の高いコンピューターゲームで対戦して、スポーツとして捉えるものです。また、e-スポーツは、「エレクトロニック・スポーツ」の略称です。近年の日本では、e-スポーツの競技シーンが大きく発展しています。

その大きな出来事として、2018年2月よりプロライセンス制度ができました。このライセンスについて詳しく解説したいと思います。

e-ポーツのライセンスとは

プロライセンスは、一般社団法人日本 e スポーツ連合(以下JeSU)が競技シーンにおいて、優秀な成績を収めた者に付与されます。日本では、2018年2月のプロライセンス制度が始まるまで、資格というものが存在しませんでした。

JeSUが発行する公認のプロライセンスは、3種類存在します。発行日から2年ごとに更新が行われ、eラーニングを受講します。

  • 「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」
  • 「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」
  • 「ジャパン・eスポーツ・チームライセンス」

「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」は、満15歳以上で、義務教育を修了した者に付与されるライセンスです。JeSU公認の賞金付き大会に参加することができます。発行手数料は、5000円になります。

「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」は、13歳以上15歳未満の義務教育を修了していない者に付与されるジュニアライセンスです。「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」と同様にJeSU公認の大会に参加できますが、賞金自体は受け取りできません。しかし、JeSUが相当と認めるものなら受け取ることが可能です。発行手数料は、3000円になります。

「ジャパン・eスポーツ・チームライセンス」は、法人格、公認ゲームタイトル企業からの推薦や承認されたチームが十分な実績を持っていて、JeSUが妥当だと判断した場合、付与されるライセンスです。発行にあたって、チーム内での「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」、「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」保有有無は問われません。

発行手数料は、チーム内の人数分×5000円になります。競技のチーム戦において、「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」か「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」を持っている人が一人でもいれば、JeSU公認の賞金付き大会に参加できます

しかし、賞金を受け取ることができるのは「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」所持者のみとなります。

ライセンスを取得するために必要なことは?

JeSU公認のプロライセンスを取得するには、何が必要でどようのうな方法があるのでしょうか?最低限として、JeSU公認のゲームタイトルを極めないといけません。競技である以上、日々のプレイに磨きをかけて、ランクマッチやランキングで、あなたのプレイヤー名を刻みましょう。

最速でライセンス取得を目指す場合は、JeSU公認ゲームタイトル大会の中で、十分な成績を収めるのが良いでしょう。その他は、公認ゲームタイトル企業から、JeSU公認大会以外の国内外の大会での好成績、過去実績を元に推薦してもらうという方法があります

ライセンス認定タイトルは?

ライセンス認定タイトルは、全11タイトル存在します。世界的に有名なe-スポーツ格闘ゲーム大会「EVO」のメイン競技タイトルとして、扱われているものも複数あります。

ゲーム名

  • ウイニングイレブン 2019

ジャンル;サッカー

「ウイニングイレブン」は、世界中で楽しまれている本格サッカーゲームです。ゲームシステム部分は、本当のサッカーを忠実に再現しています。選手が疲労すると、怪我になりやすいシステムや天候によって試合状況に影響がする等、サッカー好きを満足させます。
https://www.konami.com/wepes/2019/jp/ja/

  • Call of Duty: Black Ops 4

ジャンル:FPS

Call of Dutyシリーズは、戦争をテーマにしたFPS(ファーストパーソン・シューター)です。
https://www.callofduty.com/ja/blackops4

  • ストリートファイターV アーケードエディション

ジャンル:格闘ゲーム

ストリートファイターは、カプコンの2D対戦型格闘ゲームです。1991年に発売されたストリートファイターIIは、当時、ゲーマーの間で大ブームを巻き起こしました。

JeSU公認プロライセンス保有者でもあり、世界的にも有名プロゲーマー梅原選手がプレイしているタイトルでもあります。
http://www.capcom.co.jp/sfv/

  • 鉄拳7

ジャンル:格闘ゲーム

バンダイナムコゲームスが発売した3D対戦型格闘ゲームです。フィールドの奥行きがあって戦術の幅が広がりやすいのと、空中コンボも繋げやすいというのが特徴です。カプコン「ストリートファイター」の豪鬼が登場したことでも話題になりました。
https://www.tk7.tekken-official.jp/

  • パズドラ

ジャンル:パズルRPG

パズドラは、スマートフォン向けパズルRPGゲームです。6体のモンスターで構成して、ダンジョンに潜入します。パズル画面のパズルドロップを消すことによって、ダンジョン内の敵にダメージを与えます。

ダンジョンの最終エリアをクリアするのが目的です。競技シーンのパズドラは、2人の選手が6体のモンスターで、パズルを解いてダメージを与え、片方の選手のライフを削りきれば勝ちというルールを取っています。
https://pad-esports.gungho.jp/

  • ぷよぷよ シリーズ

ジャンル:パズル

ぷよぷよは、テトリスに並ぶ王道落ち物パズルゲームです。横6マス縦12マスの中に2個でワンセットのぷよを積んでいき、4つ以上繋げて消すというというのが基本ルールです。
http://puyo.sega.jp/portal/index.html

  • モンスターストライク

ジャンル:ひっぱりハンティングRPG

味方のモンスターを引っ張って、ピンボールゲームのように相手にぶつけて倒すのが基本ルールです。e-スポーツ競技においては、4人一チームで対戦する方式を取っています。
https://www.monster-strike.com/

  • レインボーシックス シージ

ジャンル:FPS

レインボーシックス シージは、テロ特殊部隊の活躍にフォーカスしたオンラインシューティングゲームです。

Call of Dutyと違うところは、シージ(Siege)という言葉の通り、屋内での包囲作戦の戦術がメインとなっています。競技シーンにおいては、一チーム5人で組み、連携を取りながら戦いに挑みます。
http://www.ubisoft.co.jp/r6s/

  • GUILTY GEAR Xrd REV 2

ジャンル:格闘ゲーム

2D対戦型格闘ゲームであり、GUILTY GEARシリーズの最新作です。ストリートファイターや鉄拳と違って、アニメテイスティングなキャラクターが戦います。格闘ゲーマーを楽しませるGUILTY GEARならではの特殊なシステムも多く採用されています。
http://www.ggxrd.com/rev/cs2/

  • BLAZBLUE CENTRALFICTION

ジャンル:格闘ゲーム

アニメテイスティングな2D対戦型格闘ゲーム。BLAZBLUEは、「ブレイブ(勇者)」「ブレイズ(炎)」「ブルー(青)」がテーマとなっています。本作品は、BLAZBLUEシリーズストーリーの完結編の最終章にあたります。
http://www.blazblue.jp/cf/

  • BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE

ジャンル:格闘ゲーム

BLAZBLUE CROSS TAG BATTLEは、「LAZBLUE」「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」「UNDER NIGHT IN-BIRTH」「RWBY」の大人気4作品がクロスオーバーした作品です。2対2のタッグバトル方式。
http://www.blazblue.jp/tag/

プロゲーマーを目指すには

日本のe-スポーツシーンにおいて、JeSUのプロライセンス制度は大きな衝撃でした。プロランセンス制度は一つのきっかけに過ぎませんが、日本のe-スポーツ環境は、さらに整備されていくことでしょう。それによって、プロゲーマーを目指す方にとって、チャンスを掴める機会も増えていきます。プロライセンスの取得を考えている方は、まずはランクマッチや大会で、良い結果が残せるように腕を磨きましょう。そして、プロ活動の収入源確保についても忘れないことも大事です。

  • e-スポーツのライセンスは、

「ジャパン・eスポーツ・プロライセンス」
「ジャパン・eスポーツ・ジュニアライセンス」
「ジャパン・eスポーツ・チームライセンス」

  • JeSU公認タイトルは、11種類存在している。
  • プロライセンス取得には、JeSU公認のタイトルで十分な成績を残す必要がある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡