DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

eスポーツで人気のサッカーゲーム!Jリーグもeスポーツに参戦!?

パソコンやスマホで遊べるゲームはたくさんありますが、その中でもサッカーゲームは根強い人気があります。チーム同士で対戦するだけものや、自分でチームを作ったり、選手を育成して強くしていくようなゲームがあり、多くの人がプレイしています。
サッカーゲームの人気が高いために、eスポーツにも指定されたゲームがあります。そしてプロのJリーグもeスポーツに参戦することになり、ますますサッカーゲームの人気が上昇し、プロゲーマーも増えそうです。

サッカーゲームは不動の人気

サッカーゲームは、普段サッカーをする人はもちろんのこと、しない人でも遊べて熱くなれるのが魅力です。特に実在する選手を使って遊ぶゲームは、自分で有名選手が活躍する場面を作れるところが人気のポイントで、自分がサッカー選手や監督になったと錯覚するような気分にさせてくれます。サッカーのルールが良くわからなくても、遊んでいるうちにわかってくるので楽しくなって止められなくなるのです。サッカーゲームであれば、ゲームの操作ができれば特に年齢制限もありませんし、性別も関係なく遊べます。操作も複雑なものはなく、簡単なので子供から大人まで十分遊ぶことができます。こういったことから何年も不動の人気ゲームとなっているのです。

eスポーツに指定されているサッカーゲームは?

サッカーゲームはたくさんあるのですが、その中でeスポーツに指定されているサッカーゲームを2つ紹介します。どちらも一度は名前を聞いたことがあることでしょう。

ウイイレ(ウイニングイレブン)

ウイイレと言われるウイニングイレブンは、コナミが開発して販売しているゲームで、日本で最も有名なサッカーゲームの一つです。操作がとてもシンプルでプレイしやすく、シュートの爽快感が味わえます。多彩な動きとAIがとても高性能であることも魅力です。自分だけのオリジナルサッカーチームが作れ、実況音声が有名人(ジョン・カビラ)であることなど、サッカーファンにとってはたまらない要素がいっぱいです。ゲームをやらないサッカーファンでも、「ウイイレ」と言えば通じましたし、ゲームは興味ないけれどもウイイレだけはやっていたという人もいます。有名芸能人やサッカー選手でも、ウイイレをプレイしているという人がいました。

FIFA18

EAスポーツが開発してエレクトロニック・アーツから発売されているコンピューターサッカーゲームです。欧州主要リーグとJ1リーグ全チーム、スタジアム(市立吹田サッカースタジアム)が実名で登録されているのでリアリティがあります。欧州主要リーグとJ1リーグとの対戦ができたり、選手の移籍ができます。プレイヤー好みのチームを作り上げていく必要があり、チームの出来、不出来によってゲームの勝敗が決まります。大会前のチーム作りは重要なのです。また、自分が選手となって自分だけのキャリアを体験できるモードもあるので、サッカー好きにはたまらないゲームです。PS3やPS4、ニンテンドースイッチ、XboxOneでもソフトが発売しているのでどのゲーム機でも遊ぶことができます。画面での選手の動きもとてもリアルで、まるでテレビで本物のサッカーを見ているような気分になります。

Jリーグもeスポーツに参戦!2018年はeサッカー元年!?

eスポーツが注目されている今、日本のJリーグがeスポーツの大会を開催することになりました。それが「eJ.LEAGUE」です。世界各国ではeスポーツのプロリーグがどんどん設立されており、日本でも日本eスポーツ協会が作られ、2022年にはアジア大会が開催されることも決まっています。そこで作られたのが、サッカーのeスポーツリーグなのです。
eJ.LEAGUEの大会で優勝すると、国際サッカー連盟とエレクトロニック・アーツによる「FIFA eWorldCup2018」の世界予選(Global Series Playoffs)に出られるようになります。予選ラウンドは3月から4月にかけてオンライン上で行われます。
5月上旬に決勝ラウンドが行われ、予選を勝ち上がってきた10名のプレイヤーと、J1推薦枠の選手(鹿島アントラーズやFC東京など5チームが選ぶ)が参戦します。決勝ラウンドの様子はテレビ中継され、リアルタイムで観戦することも可能です。さらに、YouTubeのJリーグ公式チャンネルなどの配信サービスでもリアルタイムで観られます。本物のサッカーの試合も実際に観戦すると熱くなるものですが、eスポーツの観戦もリアルタイムで観るとかなり熱くなると言われています。

eスポーツのサッカーにハマる人続出か!?

世界ではeスポーツのプロリーグが増え、日本でもサッカーのプロリーグであるJリーグがeスポーツに参戦し始めました。サッカーが好きで実際にサッカーをプレイしようと思っても、すぐにうまくなるものではありませんし、プロサッカー選手になれるのはほんの一握りです。
しかし、eスポーツのサッカーであれば、サッカー経験が無くてもプレイできますし、サッカーが大好きで自分でチーム編成をしたり作戦を立てるのが好きだという人にはぴったりです。ゲームの腕が上がればプロにもなれる可能性が高いので、これから多くの人に注目されることになるでしょう。
eスポーツの「プロサッカーゲーマー」が続々と誕生するかもしれません。サッカーのルールと、ゲームの操作を覚えれば老若男女問わず楽しめますので、eJ.LEAGUEができたことにより、eスポーツのサッカー人口が増えるかもしれません。
eスポーツが、2024年のオリンピックで正式種目になるかもしれないと言われているので、これからどんどん一般化してくる可能性があります。実際のスポーツは苦手だけれど、eスポーツならできる、できそうだという人は始めてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡