DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

誰もが楽しめるスマブラ!大乱闘スマッシュッブラザーズDXとは?

2018年に任天堂から大人気シリーズ『スマッシュブラザーズ』の新作が発売されました。発売直後から人気を集め、動画サイトなどでも数多くのプレイヤーが実況動画をアップロードしていたりします。友達と集まってワイワイプレイしてもいいですし、一人で腕を磨きながらオンライン上のプレイヤーと競うのもいいでしょう。

様々な楽しみ方ができるのがスマブラの良さとも言えます。しかしながら、そんな最新作の登場に世界中が沸き返る一方で実はスマブラシリーズの二作目である『スマッシュブラザーズDX』が今なおプレイされ続けているという事実があります。

特に最近話題のeスポーツの競技として人気があるのですが、なぜたくさんの皇族シリーズがあるにもかかわらずスマブラDXがプレイされ続けているのでしょうか?今回はいろいろな観点から検証していきます。

誰とでも楽しめる不動の人気ゲーム!スマブラDXとは?

大乱闘スマッシュブラザーズはそもそも1999年にニンテンドー64のソフトとして発売されました。任天堂のゲームに登場しているキャラクターが多数集められた上で大乱闘を繰り広げるという夢のような内容だったため、多くのゲーマーによって支持を集めました

格闘ゲームはそれ以前から様々なものがありましたが、スマブラのように4人が同時にプレイできる乱闘ゲームは画期的なものだったのです。

スマブラDXはその後継作で、2001年に発売されたものです。その時はゲームハードもニンテンドー64からゲームキューブへと変化していました。人気を集めた前作の良いところを受け継ぎつつ、それでいて新しい要素もふんだんに盛り込んでいたため、これまで通りの支持を集めることとなります。

特にキャラクター数が前作の倍以上に増えたこともあって、これまで以上にいろいろなキャラクターが使えるようになりました。これによってどのキャラがどのキャラに対して相性がいい、といったこともくっきりと表れるようになったため、後述するように競技用のゲームとしての側面を強めていきます。

以降スマブラシリーズは任天堂のソフトの定番となり、Wii用のソフトWiiU用のソフト3DS用のソフト、そして最新作のSwitch用のソフトと新しいハードが生まれるごとに発売が待望されるようになっていきました。

人気キャラクターは?

スマブラDXでは25キャラがプレイすることができます。その中で人気を集めているのは任天堂の顔とも言うべきマリオです。
マリオというといろいろなゲームでオーソドックスなキャラクターとして設定されていることが多いのですが、スマブラDXでもその傾向に変わりはありません。

初心者が使っても問題なくプレイできるようになっています。もちろん上級者が使ってもいいように設定されているキャラクターなので、そのあたりが安定した人気を保っている所以と言えるでしょう。その他のキャラクターで人気を集めているのがフォックスです。

元はと言えば『スターフォックス』というシューティングゲームの主人公だったのですが、スマブラでは非常に使い勝手のいいキャラとして全シリーズを通して人気の高いキャラとして知られています。狐を模したキャラであるため素早い動きをするのが特徴です。

大乱闘スマッシュブラザーズDXのルールは?

スマブラDXのルールはいたって簡単なもので、ステージの外に相手を放り出せば勝ちというものです。もっとも、初めのうちは簡単に放り出せるわけではありません。一般的な格闘ゲームではライフが設けられており、それが全部なくなった方が負けというシステムです。一方でスマブラはダメージの蓄積度合いがパーセンテージで表示されるのみとなっています。

このパーセンテージが高くなっていけばいくほど吹っ飛びやすくなり、ステージ外に放り出されやすくなってしまいます。一回放り出されたら負けだとか、制限時間内に多く放り出した方が勝ち、といった具合にルールはプレイヤーが決めることができるのです。

人気の理由とは?

実はこのスマブラDXは海外を中心にいまだにプレイされ続けているゲームです。何もスマブラシリーズの新作が海外で発売されていないからスマブラDXがいまだに人気というわけではありません。では、なぜ海外の人々はスマブラDXにこだわり続けるのでしょうか?

一つの要因として、スマブラDXの操作スピードがシリーズの中でもっとも速いから、ということが挙げられます。極限の速度の中でお互いがしのぎを削り、なんとか勝利をもぎ取るというのはゲームの醍醐味でもあるでしょう。海外の人々にとってスマブラDXはその楽しみをもっとも味わわせてくれると考えているようです。

加えて、スマブラDXは練習すればするほどうまくなっていく、という喜びを思い知らせてくれるゲームとしても人気です。後述するようにeスポーツの大会に出るようなプレイヤーは十年以上スマブラDXをプレイし続けているのですが、彼らのプレイはもはや芸術の一種としてみることができます。

観る方としてもすごいプレイを見るというのは単純に面白いことです。たとえばサッカー選手がすごいシュートを決め、野球選手が大きなホームランを打つ時のように、スマブラのプレイヤーも様々なテクニックで観客を魅了し続けています。そのあたりがスマブラがeスポーツの競技として人気を集めている理由と言えるでしょう。

eスポーツの競技人口は?

ここまで述べてきたようにスマブラDXはeスポーツの正式競技として登録されています。eスポーツ界にはEvolution Championship Seriesという世界的な大会があるのですが、スマブラDXは2014年から正式な競技と認められることとなりました。

もちろんそれ以前にも世界各地でスマブラDXの大会は行われていたのですが、賞金がかかった大会はこれが初めてだったのです。第一回の大会の時点で1000人ものプレイヤーが参加し、発売から10年以上経っているにもかかわらずいまだに人気の高いゲームであることを証明しました。

のみならず、参加人数は大会を重ねるごとに飛躍的に伸びていきます。EVO2015では倍の約2000人が参加し、次の年も2400人近くのプレイヤーが参加しました。これは全体の中参加者の中でも3位にランクインするほどで、スマブラの人気が現在進行形で強まっていることの証となっています。

最新のEVO2018では1300人程度と若干人数は減っています。とはいえ、それも正式競技の数が多くなりいろいろなゲームにプレイヤーがばらけた結果で、全体の中ではいまだに人気競技であることは間違いありません。

課金システムは?

スマブラDXはまだ課金システムがなかったころに生まれたゲームです。近年のゲームは課金することによってキャラクターを強化できたり、有利な状況でプレイを進めやすくできたりするようになっています。もしかしたらスマブラDXはゲーム界がそういった流れにあるからこそ改めて注目されているのかもしれません。

スマブラのような課金のないゲームなら、お金を投資した方が勝てる、ということには絶対ならないからです。初心者でも上級者でも同じ条件でプレイできるからこそ人気を集めているのでしょう。

ゲームキューブ専用ソフトで異例のミリオンヒット

先ほども紹介した通りスマブラDXはゲームキューブのソフトとして発売されました。ゲームキューブが生まれたのもスマブラの発売年と同じ2001年だったのですが、このあたりになると他のハードとの競争が熾烈になっていきます。たとえばプレイステーション2などはその代表例ですし、海外からはXboxも到来しました。

それによって任天堂も従来の人気を保ち続けるわけにはいかなくなり、ソフトの売り上げも全体的に微減するようになっていきました。とはいえ、そんな中で健闘し続けたのがスマブラDXです。ゲームキューブはたくさんのソフトを世に送り出しましたが、その中でミリオンヒットを記録したのはスマブラDXのみでした。

逆境にあろうともゲームの面白さが確かであればしっかりと売れるということを、スマブラDXは証明して見せたのです。このあたりの事情からも、スマブラDXがなぜいまだにプレイし続けられているのか、ということはおわかりいただけるのではないでしょうか。

この記事を読んでまたプレイしてみたくなった、という方はぜひホームページなどをご覧になった上で思い出に浸ってみてください。

https://www.nintendo.co.jp/ngc/galj/

この記事に関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡