DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

ぷよぷよeスポーツの登場キャラクターは?対戦スタイルも紹介!

最近話題になっているeスポーツに、人気の落ち物パズルゲームであるぷよぷよが参戦します。eスポーツと言うと、FPSや格闘ゲームのイメージがある人も多いでしょう。

しかし実際には様々なジャンルのゲームが、eスポーツとして認められています。ぷよぷよeスポーツもその1つです。ここではぷよぷよeスポーツに登場するキャラクターを、詳しく紹介していきましょう。

ぷよぷよeスポーツとは

ぷよぷよeスポーツとは、どんなゲームなのでしょうか。1作目が発売された1991年のことです。当時の落ち物パズルゲームは明確なクリアがありませんでした。

ゲームを進めても難易度が上がっていくだけだったのですが、そこに対戦モードという考えを持ち込んだのがぷよぷよです。同じ色のぷよを4つ以上ならべて消す、というシンプルなルールだけに誰にでもわかりやすく、小学生から大人まで幅広い年齢層に受けました

開発元であるコンパイルの経営破綻によって、セガに版権が移るなどのトラブルはありましたが、現在まで長く続いているゲームシリーズです。

今作ではeスポーツの普及を目指すという目的もあり、1人でプレイするストーリーモードは搭載されていません。そのため対戦モードが中心となっています。

普及促進が目的のため、販売価格も低く抑えられていて、現時点ではダウンロード版のみ販売されています。対応している機種はPS4と、Nintendo Switchの2つです。2019年中にはアーケード版の稼働も予定されています。

ゲームモードの要になるのが、インターネットによる通信対戦モードでしょう。ぷよぷよリーグ、きがるにたいせん、といった機能が搭載されています。

オンラインでの対戦前に練習をすることもでき、ひとりでぷよぷよというモードだとCPU相手の対戦が可能です。ちなみに友だちとオフラインで対戦するモードもあります。採用されているルールは、ぷよぷよ通ぷよぷよフィーバーの2つです。どちらか好きな方を選んで、プレイする形です。

ぷよぷよ通のルールでは、キャラクターの性能に差がでません。ぷよぷよフィーバーを選ぶと、キャラクターに差が出ると同時に出現する組ぷよもパターンが異なります。

オンライン対戦で気になるのが、ゲームの腕前でしょう。初心者だと勝てないのではと不安になるかもしれません。しかしぷよぷよeスポーツでは心配しなくても大丈夫です。ぷよぷよeスポーツには、ハンデ機能とブースト機能の2つがあるからです。ハンデ機能で激甘か甘口に設定すると、連鎖が可能な場所にマークがでます。

さらに新機能となるブーストですが、こちらは対戦で負けた方のプレイヤーが次のセットでは有利になる機能です。負けた方が圧倒的に有利になるため、勝った側も気が抜けません。

ぷよぷよeスポーツの登場キャラクター、対戦スタイルは?

ぷよぷよeスポーツには、過去のぷよぷよシリーズからだけではなく、ぷよぷよクエストからのキャラクターも登場します。現時点では総勢24名もの登場人物がいます。各キャラクターには、得意な対戦スタイルがあります。対戦スタイルのタイプは、全部で7種類です。

バランス重視は通常の連鎖と、フィーバー連鎖の攻撃力が平均的ですが、組みやすくなっているのが特徴になります。てがたくフィーバーは、フィーバーした時の小さい連鎖の攻撃力が高いのが魅力です。組みやすいツモが多いのも特徴でしょう。

フィーバーで逆転だと通常の連鎖は攻撃力が低いですが、フィーバー連鎖になると攻撃力がアップします。こつこつジャブ攻撃は通常時の小さい連鎖攻撃力が高めです。自力で連鎖タイプは通常連鎖の攻撃力が高めですが、反面でフィーバー時の攻撃力が弱めです。自力で大連鎖は通常時の大連鎖攻撃力が、非常に高いタイプになります。

最後にとにかく大連鎖ですが、こちらは通常時とフィーバー時の両方で大連鎖の攻撃力が高くなるタイプです。こうしたキャラクターの特性を活かしつつ、自分に合わせたプレイをするのがぷよぷよの醍醐味でしょう。

アルル

アルルはぷよぷよの版権がセガに移る前の、コンパイル版から主人公だった女の子です。古いぷよぷよしか知らないという人でも、馴染みのあるキャラクターでしょう。

魔導師のタマゴという設定で、遺跡探索を趣味としています。サタンから何度も求婚されたせいで、ルルーから嫉妬されているという設定もあります。キャラタイプは自力で連鎖です。

アミティ

アミティはぷよぷよフィーバーのシリーズ主人公です。若い世代のプレイヤーだと、アルルよりもアミティの方がぷよぷよのイメージかもしれません。

赤いぷよぷよの帽子がトレードマークで、元気いっぱいな姿が人気のキャラクターです。魔道学校の生徒という設定で、素敵な魔導師になるのを夢見ています。キャラタイプはバランス重視になっています。

りんご

りんごはぷよぷよ7の主人公です。すずらん商店街に住む中学生で、緑ぷよの髪留めがチャームポイントでしょう。頭脳明晰なタイプですが、お化けが苦手という一面を持っています。キャラクタータイプはフィーバーで逆転です。

アリィ

アリィはぷよぷよクロニクルで、ヒロインだった女の子です。ちがう世界の自称冒険者で、どんなことも愛の力で解決できると信じている正統派のキャラクターになります。キャラタイプは自力で連鎖です。

ルルー

ルルーは魔導師ではなく、格闘タイプの女の子です。扇子がチャームポイントでしょうか。サタンのことが好きなため、求婚されているアルルに嫉妬しています。キャラクタータイプは、とにかく大連鎖です。

シェゾ

闇の魔導師シェゾは、最強を目指す男の子です。アルルたちの前に立ちふさがるキャラクターですが、2枚目の外見とは裏腹に言い間違いばかりしてしまいます。

その結果、アルルたちからヘンタイ扱いされてしまうという、おっちょこちょいな一面も持つキャラです。キャラクタータイプは自力で大連鎖になります。

シグ

魔道学校の生徒の1人がシグです。表情からもわかりますが、少しぼうっとしたタイプの性格をしています。オッド・アイが特徴的で、虫が好きという設定です。キャラクタータイプは、フィーバーで逆転です。

まぐろ

ぷよぷよ7の主人公りんごの幼なじみが、まぐろです。魚屋さんの長男という設定で、けん玉を持っているのが特徴でしょう。前髪で顔が見えない不敵なタイプに見えます。しかしそのキャラクタータイプは、真逆のこつこつジャブ攻撃です。

すけとうだら

ぷよぷよ1作目から登場するキャラの1人が、すけとうだらです。手足が生えた巨大な魚で、いつもダンスを踊っています。
キャラクタータイプは、フィーバーで逆転です。

りすくませんぱい

白衣をきたマッドサイエンティストのようなキャラクターが、りすくませんぱいです。謎の実験を繰り返しているようで、いつも手にはフラスコを持っています。その顔はリスのようなクマという特徴を持っています。キャラクタータイプは、てがたくフィーバーです。

ラフィーナ

ぷよぷよフィーバーでは強いキャラクターと評判だったのが、ラフィーナです。魔道学校の生徒ですが、格闘が強いという特徴を持っています。キャラクタータイプは、とにかく大連鎖です。

ラグナス

異世界からきた勇者がラグナスです。正義感が強くて勇敢な青年なのですが、いざという時には子どもになってしまうことがあるのが特徴でしょう。キャラクタータイプは、こつこつジャブ攻撃になります。

ドラコンケンタウロス

人間とドラゴンのハーフなのが、ドラコンケンタウロスです。美少女コンテストに情熱を燃やしています。問答無用で勝負を挑んでくる性格なため、空回りすることも多いのが魅力です。キャラクタータイプは自力で連鎖になります。

ウィッチ

魔法使いの女の子がウィッチです。一人前の魔女になるため、修行をしているという設定になっています。キャラクタータイプは、フィーバーで逆転です。

eスポーツならぷよぷよがおすすめ

話題のeスポーツを手軽に楽しめるのが、ぷよぷよeスポーツです。販売価格も安く、誰もが楽しめる内容となっています。
ゲームが上手くない人でも楽しめるハンデ機能やブースト機能がありますし、オフラインで対戦するモードも充実しているのが特徴でしょう。お子さんと一緒に、家族で遊べるゲームの1つだと言えます。

この記事に関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡