DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

生き物の名前が瞬時にわかる!かざすAI図鑑LINNE LENSの特徴や使い方は?

珍しい生き物や美しい魚などを見た時に、名前を知りたいけれど図鑑を見ても分からないということは多いものです。水族館などでは分かりやすく生き物の名前が表示されていますけれど、そうでない場合にはなかなか分かりづらいですよね。図鑑を見ても、似たような生き物が並んでいると、正確な名前を知ることは至難の業です。

TwitterでもバズったアプリLINNE LENSの特徴は?

LINNE LENSには、たくさんの便利で優秀な特徴があります。1つ目の特徴は、魚釣りなどに行って名前が分からない魚が釣れた時などには、このアプリをかざすだけで食用なのかとか、触っても安全かどうかという点が分かるという点が挙げられます。また、このアプリで調べた生き物は自動的に記録してくれるので、自分だけのお気に入り図鑑を作ることも可能です。

2つ目の特徴は、電波が届かない場所でも問題なく使用できるという点です。スマホアプリの中には、オンラインであることが作動の条件になっているものがたくさんありますが、LINNE LENSはオフラインで使用可能です。だから、スキューバダビングのように電波が全く届かないような海の中などでも、知りたい生き物を、知りたい時にサッと調べることができます。

3つ目の特徴は、カメラをかざすだけという簡単さで、生き物に触れたり特定の距離まで近づかなくてもOKという点です。スマホのカメラ機能を使ってサーチするこのアプリは、5000種類の生き物を識別することが可能で、認識制度は90%以上ととても優秀です。知りたい生き物をその場でチェックすることで、少しずつ生き物博士に近づくこともできそうですね。

生き物が5000種類というと、その数が多いのか少ないのか、イマイチよく分からないという人はたくさんいますが、この数は国内の動物園や水族館にいる生き物の90%以上に対応しているという充実ぶりとなります。そのため、国内ユースの場合には、このアプリを使っても分からない生き物はごくわずかということになるでしょう。哺乳類や爬虫類、両生類に鳥類、そして魚類と幅広く対応しているのが、このアプリの素晴らしい魅力でもあるのです。

4つ目の特徴は、メジャーな生き物だけでなくマイナーな生き物にも対応しているという点が挙げられます。アプリのデータベースに記録されている生き物5000種類の中には、珍しい生き物もたくさんあり、そういう生き物の名前を知りたい時にこそ、LINNE LENSは大活躍してくれるでしょう。デートや家族旅行の時などにも活躍してくれるアプリの一つではないでしょうか。

LINNE LENSはリリースされてから短期間であっという間にネットで話題となったアプリです。日本語にも対応しているので、小さな子供から大人まで、活用範囲がとても広く、いろいろなシーンで使いやすいアプリになってくれますよ。

無料で使える!

LINNE LENSは、無料でダウンロード・インストールできます。利用する際にはアプリ内で課金システムがあり、定期購読システムを利用すると、1ヶ月後続なら360円程度、3ヶ月購読なら720円、そして1年間の購読なら1450円がチャージされます。長期間の購読をすればするほど、お得度がビッグになるシステムになっているのは嬉しいですね。

このアプリでは、最低何か月間購読しなければ解約できないというルールは一切ないため、1ヶ月だけの購読とか1年間だけの購読でもOKです。現在特許も出願中の優秀なアプリなので、もしかしたら将来は購読価格が少しアップする可能性もありますよね。生き物が大好きという人なら、今のうちに購読するのがお得かもしれませんよ。

アプリの使い方は?

LINNE LENSはスマホに対応しているアプリですが、2018年11月現在では対応しているのはiOSのみとなります。アンドロイドOSには未対応なので注意してくださいね。iPhoneやiPadなどiOSのガジェットを持っている人は、アップルストアからダウンロードできます。ダウンロードしてインストールするだけなら課金されることはないので安心してくださいね。

アプリを起動すると、カメラ機能が作動します。スクリーンの中央に焦点を合わせるポイントがついているので、知りたい生き物を見つけたら、被写体に焦点を当てるとAIが瞬時にその生き物の名前をデータベースからサーチしてくれるという仕組みになっています。

LINNE LENSは、ただ生き物の名前が分かるだけではありませんよ。その生き物の生態についての情報も得ることができます。例えば魚なら、どのぐらいの水温の場所で生きているのか、海の深度はどのぐらいの場所で生活しているのか、という点についても情報収集ができます。イメージとしては、生き物図鑑をひろげた時に得られる情報を、AIが瞬時に表示してくれると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

どんな人にピッタリなアプリ?

LINNE LENSは、生き物に対して興味や関心がある人にピッタリのアプリです。すでに判別できる生き物に使えば、その生き物の生態についてより詳しい情報が分かりますし、よく見かけるけれど名前が分からないという生き物にかざせば、その名前や生態についてもたくさんの情報を収集することができます。また、海の中で珍しい生き物を見つけた時などにも大活躍してくれるアプリですね。

このアプリはまた、釣りや昆虫採集が好きな人にもピッタリです。例えば釣りに出かけると、釣り上げた魚を食べても安全なのかどうか、毒性は持っていないのかという点をその場で知りたいですよね。LINNE LENSがあれば、知りたい情報をその場で知ることができるので、釣りや昆虫採集を今までよりも楽しく、そして安全にしてくれるでしょう。

分からないことがあるとストレスが溜まってしまうという人にも、LINNE LENSはおすすめですよ。このアプリはオフラインでも使えるので、スマホにインストールされていればいつでもどこからでも利用可能です。知りたい生き物の名前や生態がその場で分かるので、分からない生き物の名前を考えながらずっとソワソワする必要がなくなります。

LINNE LENSの口コミは?

LINNE LENSは、リリースされると同時に爆発的な人気を博したアプリとしても知られています。実際に利用している人たちの口コミをいくつかご紹介しましょう。

「水族館によく家族で行くのですが、その時には毎回このアプリが大活躍してくれます。アプリの設定が英語か日本語かに設定できるのですが、海外に行くときには英語で、そして国内では日本語で使えるのがとっても気に入っています。」

「スキューバダイビングをするのが趣味なのですが、このアプリを使い始めてからは海の中で生き物に遭遇することが楽しくてたまらなくなりました。1年間の購読にかかる料金が1500円未満というのもお得だと思います。」

「このアプリ、すごく良いですね!僕は生き物が大好きなのですが、森で見つけた生き物の名前をすぐにサーチできるのは便利ですし、楽しいですよね。キノコ狩りなどにもよく出かけるので、できれば植物版もできると嬉しいです!」

アプリをかざしていろんな場所へ行ってみよう!

LINNE LENSは、オンラインで利用できるだけでなく、オフラインの状態でも利用できます。オフラインでもカメラを生き物にかざすとその名前が分かるので、いつでもどこでも、海の中や山の上などでも利用できるという大きなメリットがあります。オフラインで使えるので、国内はもちろん、海外旅行などに携帯しても便利ですし、出かけた場所で生き物にアプリをかざせば、その生き物や生態がその場でわかりますし、AIが自動的に記録してくれるので、自分だけの生き物図鑑を作ることもできますよ。

現在はまだiOSにしか対応していませんが、もしかしたら将来的にはアンドロイドOSにも対応することも期待できるので、アンドロイドOSのスマホを使っている人にとっても期待大のアプリと言えるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡