DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

写真や動画が手書きアニメ風に変身!人気アプリOlliの特徴や使い方は?

画像加工のアプリには「Prisma」や「Snow」などもありますが、「Olli」もいわゆる画像加工アプリの一つです。しかし、このOlliが静止画だけでなく、動画までリアルタイムで手描き風に変換してしまう様子を目の当たりにすると、その表現力や完成度の高さに驚かされる筈です。今回は、今話題騒然の人気アプリ、Olliを紹介します。

クリエイターをはじめ人気急上昇!Olliの特徴は?

「Olli by Tinrocket」(通称Olli)は、2017年にリリースされたばかりの比較的新しいアプリです。しかし、すでにTwitterで「11万いいね!」を獲得するほどの話題のアプリになっています。ちなみにTinrocketというのは、アプリを開発した会社の社名です。

この通称「Olli」は、簡単にいうと写真や動画を瞬時に「水彩画風」や「手描きアニメ風」に変えてくれるアプリです。日常の何でもないような風景まで、一瞬で、アート作品や魅力的なアニメーションのように変えてしまう技術は、まさにある種のマジックといっても過言ではありません。

SNSなどにも、この感動体験を他の人にも勧めたい!…といった声が多数寄せられています。スマートフォン用のアプリの市場は、ここ数年で急成長しています。新しい魅力的なアプリが続々と登場していますが、Olliはその中でもかなり優れたアプリの一つといえます。早速、このOlliの実力について詳しく見ていきましょう。

240円とコスパ抜群!

まず、実力派アプリOlliの気になる利用料金ですが、App Storeでのアプリ購入金額は240円です。基本的には、この標準パックで十分な機能がそろっています。さらに、アプリ内課金によりエフェクトの追加パッケージを購入し、機能を追加することができます。

エフェクトの追加パッケージは「Swiss Pack」、「Mercury Pack」、「Topaz Pack」の3種類です。それぞれ、1パックが120円という料金設定になっています。この他に「Cinema Pack」という無料で追加できるパッケージもあります。

追加購入しようかどうか迷ったら、まずはこの無料パッケージから試してみることをお勧めします。しかし、240円の基本パックでも機能が充実していて、十分楽しめるという声が多いです。

アプリの使い方は?

次に、注目アプリOlliのダウンロードから、基本的な使い方までを説明していきます。

  1. まず、App Storeで「Olli by Tinrocket」で検索して、ダウンロードして下さい。iOSの11.4以降のバージョンに対応しています。残念ながらAndroid端末には、まだ対応していません。(2018年12月現在)
  2. アプリを起動すると、画面中央部に「CAPTURE(写真撮影)」「STYLES(加工のスタイル)」「LIBRARY(アルバムから取り込む)」を意味するアイコンが3種類表示されます。
  3. 「STYLES」を選ぶと、標準で装備されている8種類のフィルターが表示されます。
  4. 「CEL」「LUX」「POOL」「SALT」「ECHO」「METRO」「HERT」「GROUND」の8種類の中から、横にスワイプして、好きなエフェクト・フィルターを選択して下さい。それぞれ、加工時に強調される色調や、映像とイラストの混ざり具合、出来上がりのイメージなどが全然違います。とにかく遊びながら、一つ一つ試してみると良いでしょう。ちなみに、特に話題になっていてお勧めのフィルターは、オシャレなデッサン画のように加工できる「SALT」です。
  5. 好きなフィルターを選んだら、次は「CAPTURE」からその場で写真や動画を撮影するか、あるいは、「LIBRARY」からアルバムに保存してある素材を取り込んで下さい。すると、一瞬で、加工された画像が表示されます。例えば、「CAPTURE」を選んで動画を撮影した場合には、まさにリアルタイムで、目の前の風景が次から次へとアートやアニメーションに変わっていくのを体験できる筈です。

以上のように、様々な素材を取り込んで、加工してみるだけでも十分楽しめます。しかし、SNSなどに加工した画像を投稿したい場合には、さらに、画面上部の「明るさ」「コントラスト」「影の深さ」「ディテール」「筆圧」のアイコンから、好きな項目を選んで、画像の微調整をすることも可能です。

例えば、写真にそのまま文字を入れてバランスをとるのは意外と大変ですが、このOlliで加工した画像を上手に調整して、そこに文字を入れると非常に相性が良く、オシャレに仕上げることができる…といった口コミもあります。SNSユーザーの人は是非、試してみて下さい。

どんな人にピッタリなアプリ?

Olliは、Instagram、Twitter、Facebook…などとの連携もスムーズなので、これらを利用している人に是非試してもらいたいアプリです。また、web上のコンテンツに使うための少し変わった画像素材を探している人などにもピッタリです。

スキマ時間などに、写真を加工して遊ぶだけでも十分楽しめると評判ですが、Olliの表現力や芸術性の高さは、商用素材としても十分活躍してくれるレベルといえるでしょう。(尚、調べた限りでは、Olliを使用して加工した画像に関して、今のところ、Tinrocket社はいかなる著作権も主張しないと宣言しています。つまり個人として楽しむだけでなく、商用の利用も可能といえます。ただし、商標登録の可否については、比較的新しいアプリのため、正確な情報が得られませんでした。別途ご注意下さい。ちなみに以下は、Olliの運営会社の公式サイトのURLです。http://www.tinrocket.com

また、Olliは確かにPhotoshopのように多機能ではありませんが、Photoshopでやろうとしたら数十分はかかるような加工を一瞬でこなしてしまう実力は、各種クリエーターからも一定の評価をえています。実際に、プロの漫画家からもこのOlliを評価するコメントが寄せられて話題にもなりました。以上のようなことから、例えば、作品のラフスケッチ段階や漫画の背景の下書き、ネーム作成などを、効率良くこなしたいプロのクリエイターにもお勧めのアプリといえます。

Olliの口コミは?

App Storeでのレビューの評価は5.0に近いポイントをキープしています。(18年12月現在は4.9)これは、実際にこのアプリを使用した人達の総合評価なので、この数字だけを見てもOlliの人気や実力が分かります。実際の口コミは、例えば以下のような感じです。

「素晴らしくクリエイティブなアプリ!…」
「精度の高い線画に、リアルタイムで変換してしまう技術がまさに感動的…」
「色々なフィルターがどれもオシャレで可愛い…」
「追加フィルターも全部購入しました…」
「遊ぶだけでも十分楽しめるアプリだとおもう…」
「これで240円は安い…」

アプリの評価点にも現れているように、Olliの口コミには、感動の声やアプリを絶賛する高評価が非常に多いのが特徴です。ネットやSNSでも、Olliの素晴らしさを誰かと共有したい…あるいは、誰かに伝えたい…といったメッセージや記事が多いことも、このアプリの人気を物語っています。

イラストの練習にとても使える!

今回は、人気急上昇中の画像加工アプリOlliについて見てきました。このOlliは、そもそも「芸術家がものを見て、描く過程を再現する」といったコンセプトで開発されたアプリです。そのコンセプトが示す通り、加工された画像によっては、まさにアート作品のレベルに達することも可能だといえます。

したがって、このOlliを上手に活用すれば、イラストやデッサンの練習用としても非常に役立つ筈です。例えば、趣味で絵を描いてみたいけれど、なかなかその時間やきっかけがないという人。あるいは、芸術系の大学や専門学校の受験生、クリエイティブな職業に就職したい人などの練習用としてもお勧めできます。

アプリの導入費用は240円で済むので、とにかく一度試してみるだけの価値は十分にあります。もちろん、スキマ時間に楽しめるアプリがほしい!という人にもとにかくお勧めのアプリ、それが「Olli by Tinrocket」です。感動の瞬間を、あなたも是非体験してみて下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡