DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

2020年「プログラミング教育必修化」で加熱!世界最大級の学生国際ロボットコンテストに日本代表17チームが出場

世界60以上の国と地域から6万人以上の小・中・高校生が参加する国際ロボコン「WRO(World Robot Olympiad)」は、本年の決勝大会「WRO 2018タイ国際大会」を11月15日(金)、16日(土)、17日(日)の3日間に、タイ・チェンマイで開催。株式会社アフレルが特別共同開催協力するNPO法人 WRO Japan は、日本代表選手団として全国から選抜された17チーム、60名を同国際大会へ派遣します。

60以上の国と地域から約400チームが集結!

WROは2004年にスタートした世界最大級の学生国際ロボットコンテストです。第15回目を迎える今年、世界23,000以上のチーム、約60,000人が参加します。国内では、2018年夏に全国41か所でWRO Japan公認地区予選会が開催されました。2020年に迫っている「プログラミング教育必修化」の勢いを受けているのか、参加チーム数は1,800チーム以上と成長を続けています。

※写真:昨年の「WRO 2017 コスタリカ国際大会」の様子

 

【WRO2018タイ国際大会 概要】

日程:2018年11月15日(金)、16日(土)、17日(日)
会場:タイ、チェンマイ Chiang Mai International Exhibition and Convention Centre(CMECC)
競技内容:自律型ロボットによる競技(レギュラーカテゴリー、オープンカテゴリー、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ、フットボール、WeDo Challenge)
部門:小学生、中学生、高校生、高等教育機関
主催:World Robot Olympiad
参加国(一部):アメリカ、ドイツ、日本、イタリア、中国、ロシア、スペイン、ブラジル、インド、UAE、サウジアラビア、カタール、イラク、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、南アフリア、デンマーク等

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡