DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

Googleのスマホ「Pixel3」と「Pixel3 XL」が日本でも発売!注目の機能やポイントとは?

Google謹製のスマートフォンPixelシリーズに新モデル「Pixel 3」「Pixel 3 XL」が登場、日本でも発売されることがわかり話題になっています


10月10日午前0時からニューヨークで開催された大ハードウェアイベントではGoogle Home HubやGoogle Pixle Slateなどの新製品が発表されるなか、大きく注目を集めたのがこの
「Pixel 3」「Pixel 3 XL」のスマートフォンでした。
新シリーズは今日から予約受付を開始。発売は10月18日から、価格は95,000円~とされています。

新機能や注目ポイントは?


「Pixel 3」「Pixel 3 XL」ではこれまでのシリーズとどう変化を遂げているのでしょうか?
なかでも期待が寄せられている機能をピックアップしました。

FeliCaを搭載しお財布ケータイに対応

Googleの決済サービス「Google Pay」に加えておサイフケータイ」(「QUICPay」「Suica」「nanaco」「楽天Edy」「WAON」)にも対応しました。

コールスクリーン

掛かってきた電話をユーザーの代わりにGoogle Assistantが対応してくれる革新的な機能
Google Assistantが電話を取り、発信者と電話の目的を聞くというものです。
ユーザーはコールスクリーンボタンをタップするだけで、会話の内容はテキスト化されてリアルタイムで表示されます。

Google Duplex

AIがユーザーの変わりに電話を掛けてレストランの予約をするなどができる「Google Duplex」も利用可能。
この機能は「Pixel 3」「Pixel 3 XL」は10月18日から、ほかのPixelシリーズの端末では11月以降で利用できるようになるそう。

AI機能が付いたGoogleレンズ

AI機能内蔵のカメラも新シリーズの大注目ポイント。撮影した画像をキャプチャしAIアルゴリズムが認識します。
そのデータを元に画像に移った商品を識別しネット検索や購入に役立てることができる「スタイル検索」、
さらにランドマークや植物なども識別しイベントカレンダーに追加、テイクアウトメニューにカメラを向けるだけで電話番号をハイライトするなど便利な機能が追加されています。

グループセルフィー

レンズが2つになった前面カメラではこれまでよりもワイドな撮影が可能に。

さらに、HDRで複数の画像を撮影し最高の1枚を推薦してくれる「トップショット機能」、
写真やビデオにキャプションや動くスタンプなどさまざまな効果を追加できる「プレイグラウンド機能」、
被写体が面白い顔をしたり笑顔になったときに自動的にシャッターを切る「フォトブースモード」、
被写体の背景を自動でぼかす「ポートレートモード」など多彩な機能が追加されています

気になったら公式サイトをチェック

ここでは紹介しきれなかった機能がたくさん。
他の機能や細かいスペックについては公式サイトでチェックしましょう!
製品公式サイトはこちら

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

かねこ

かねこ

delight編集部ディレクター・ライター。 静岡県東部ののんびりした田舎で育ちました。日本が大好きで47都道府県は全て訪問済みです。