DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

新聞は「読む」から「聴く」時代へ!音声ニュース配信「朝日新聞アルキキ」の特徴や料金は?

かつては電車の中で新聞を読んでいる人も少なくありませんでした。自宅でゆっくり見ている時間があれば理想的ですが、そういう余裕がない場合は通勤の途中で席に座ってじっくりと読んでいる人もいたのです。

しかし、最近はスマホの普及もあって新聞を読む人は少なくなっています。ネットニュースならば様々な新聞社が提供していニニュースを読めるので、わざわざ1社の新聞を買う必要はありません。こうした時代の変化を受けて、新聞社は様々な方法を用いて顧客を獲得しようと努力しています。

その結果、もしかしたらこれから電車の中でスマホを見ずともニュースが読める時代がやってくるかもしれません。朝日新聞が提供している「アルキキ」というサービスはその一つです。

歩きながらニュースチェック!朝日新聞アルキキはどんなアプリ?

朝日新聞アルキキは2016年4月にスタートしたばかりのサービスです。ニュースを音声で聞くというと、ラジオが思い浮かぶ人も多いでしょうがアルキキは朝日新聞に載っている記事がそのまま朗読されます。もちろん全てのニュースが聞けるわけではありません。あくまでもその日起こった事件の中から朝日新聞が重大だと思ったいくつかをピックアップして提供するのみです。

とはいえ、普段新聞を見ずネットニュースで済ませる、という人にとってはそれでも十分な提供数と言えるでしょう。また、ニュースの音声速度を変えることができるのもアルキキの特徴です。読書に自信がある人にとっては新聞を目で追う速度に比べて、朗読される速度は遅いので少々面倒だと感じることもあるでしょう

そういう場合はニュースの読み上げられる速度を速めに設定すれば、読む速度と変わりない速度でニュースを聞くこともできます。その他、ニュースを読み上げる速度が速いかな、と思ったときは速度を遅く設定することもできます。では、このアルキキはどれくらいの人が使っているのでしょうか。

あるニュースではアプリのリリースから10日ほどで1万ダウンロードを記録したというデータも残っています。ある程度の期待を持って迎えられたアプリということができるでしょう。

まだまだ新聞の販売数に比べれば少ないので、メインコンテンツとは言えませんが、これから着々とユーザーを増やしていくことによって目でなく耳で味わうニュースを定着させていくかもしれません。

無料で使える?

ここまで読んできて果たして料金はかかるのか、と気になった方もいるかもしれません。確かに新聞を読むにはお金を払う必要があります。一方でネットニュースは基本的には無料で読めます。もしアルキキが無料で聞けないようならば利用するかどうか迷う、という人も少なくないでしょう。ですが、アルキキは無料で使うことができます。

朝日新聞のニュース記事を無料で聞けるというのはなかなかいいサービスだと言えるでしょう。しかしながら、注意したいのがほかにもアルキキプラスというサービスがあるところです。先ほども述べた通りアルキキは主要なニュースをピックアップするのですが、その数は1日十本加わるだけです。それ以上のニュースは聞くことができません。

一方、バージョンアップしたアルキキプラスならば10倍の100本のニュースを聞くことができます。もちろんアルキキプラスを利用するには課金が必要になります。アルキキプラスは1か月240円で利用することができ、3か月契約ならば600円と割安で利用することができます。

いきなりお金を払うのは少々勇気がいる、という場合はまずアルキキを使ってみた方がいいでしょう。その後、もう少しニュースを聞きたいと思ったらアルキキプラスを使えばいいのです。

ちなみに、アルキキプラスには現在初回に限り31日間無料で利用できる特典もついているので、利用してみるのもいいかもしれません。

アプリの使い方は?

若い人にとってはアプリはなじみがあるものなのでそこまで苦労しないかもしれませんが、新聞をよく読む年配の方には少々抵抗があるでしょう。操作が難しくないか、どうやってニュースを聞けばいいのか、というところで躓くかもしれません。

しかしながら、アルキキについては至って簡単な操作でニュースを聞けるように作られているので、スマホの操作が苦手な方でも安心して使うことができます。

https://itunes.apple.com/jp/app/朝日新聞アルキキ-いつでも簡単音声ニュース/id1093326486?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

ダウンロードすると早速その日更新されたニュースが表示されるので、まずは気になったニュースをタップしてみましょう。
続いて、再生ボタンが出てくるのでそれをタップすれば音声が流れ、聞くのをやめたくなったら一時停止ボタンをタップするだけです。

先ほど再生速度を変更できると言いましたが、それは左下の歯車のボタンから設定することができます。スマホには音声の大きさを調節するボタンがついていますが、音の大小についてはこちらからでも変更可能です。

また、ニュースを聞いているうちにじっくりと文字で確認したい言葉が出てきた、という場合は朝日新聞のWebサイトにアクセスすることもできます。もっとも、こちらについては別途会員登録が必要になる場合もあるので注意しましょう。

ちなみに、先ほど紹介したアルキキプラスについてはまた別のアプリをダウンロードする必要があります。普通のアルキキでは課金ができないので注意しましょう。

どんな人にピッタリなアプリ?

新聞を読んでいて文字が小さくて読めない、という経験をすることは年齢を重ねるにつれて増えてくるはずです。これまでそうした事態に見舞われたときは老眼鏡を使ったり、ルーペを使ったりするのが定番でした。とはいえ、音声で聞く分には老眼の心配をする必要はありません。耳が多少遠くても音を大きくすれば問題ないのです。

スマホは若い世代のためにあるものとされていますが、アルキキについては実は高齢者こそ積極的に利用していくべきアプリなのではないでしょうか

それ以外にも日々パソコンやスマホで仕事をしているから目が疲れている、という人にとっても、アルキキは目を使わずにニュースを知ることができますからあまりがたいアプリとなることでしょう。現代社会は目を酷使することが多くなってきていますから、できるだけ目を使わない時間を増やした方がいい、ということはよく言われます。

それでもニュースは欠かさずに読んでおきたい、という人にとって耳で聞くアプリは目を休めるために必須のツールとなることは間違いありません。

アルキキの口コミは?

やはりアルキキはビジネスマンの方が多く使っているようです。従来のように新聞やスマホを手に持たずともニュースを聞けるというのは面倒な動作を省けて助かる、という感想を持っている方もいます。その他、普段から文字を読む習慣がないから音声の方がなじみやすい、という感想を寄せている方もいます。

読書離れが叫ばれている世の中ではありますが、音声に形を変えてニュースを知るという習慣ができれば社会の知性はより高まっていくでしょう。また、別アプリであるアルキキプラスを利用している方は好みのニュースジャンルを選べるというのもプラスに感じているポイントだそうです。

たとえば普段から政治に興味を持っている方ならば政治に絞ったニュースを聞くことができますし、スポーツに関心のある方ならスポーツだけを聞くことができます。

効率よくニュースをチェックしよう!

アルキキの良いところは手を使わずに耳だけでニュースを聞けるというところにあります。それゆえ、通勤手段が電車でなく車の人にとっても通勤中にニュースを知れるのは時間を有効に使うことにつながります。アルキキで提供しているのは、大体一本あたり10分から15分程度の音声です。

たとえば自宅から会社まで車で30分かかるという人なら、朝は2本から3本程度のニュースを知ることができます。帰宅の際にもアルキキを使うなら、1日あたり5本前後のニュースを聞けるので、アルキキが提供しているニュースの半分を聞くことができるでしょう。

もちろんこうした利用方法は他の通勤手段でも可能で、歩きながらイヤホンをつけてニュースを聞くということもできます。このように1日のうちにニュースを聞く時間を設けられるということは、世の中の流れを効率よく知ることにもつながります。
世間の動きを知ることはビジネスマンにとっても欠かせません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡