DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

VR映像とボイスチャットで施設案内。「ハコスコナビ」サービス開始

VRサービスの株式会社ハコスコは、複数拠点をVR映像とボイスチャットで繋ぐことで現地案内ができる、VR空間プレゼンツール「ハコスコナビ」の提供を本日1月11日(金)より開始しました。

VR空間プレゼンツール「ハコスコナビ」

以下、プレスリリースより引用。

「ハコスコナビ」は、複数拠点同時にVR映像を共有しながらボイスチャットで会話ができるので、結婚式場や霊園、ホテル、不動産などの施設や現地案内において、その場にいるかのような体験を提供することができます。

映像をご案内するナビゲーターは、管理画面で視聴者の視点を追跡しながら、VR空間上で施設などの現地案内ができるため、実際に現地に赴いての現地案内と比較すると「コスト削減」「成約率アップ」などの効果が期待できます。実際の接客は、対面または離れた場所での遠隔操作が可能です。

また、式場やホテルなどの現地案内だけでなく、研修や教育、社会見学、商品の市場調査などのシミュレーションにもご活用頂けます。

利用手順は簡単で、ナビゲーターは360度カメラなどで撮影した映像を、ハコスコ社の配信プラットフォーム「ハコスコストア」にアップロードし、視聴者に「ルーム」URLをSNSなどで共有、画像再生するだけで、すぐに接客が始められます。また、Webブラウザを利用した配信のため、アプリのインストールは不要。視聴デバイスも選ばず、PC、スマホ、タブレット、OculusGoなど多様なデバイスに対応しています。

ハコスコ社は、株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:岩瀬 賢治)と婚礼部門の業務提携を行っている東京會舘(株式会社東京會舘 本社:東京都千代⽥区、代表取締役社⻑:渡辺 訓章)への「ハコスコナビ」導入を実施。東京會舘における接客ツールとしての「ハコスコナビ」活用が今月より開始されます。「ハコスコナビ」を活用することで、結婚式相談での式場案内が、時間や場所を選ばず、複数拠点同時に提供・共有することができます。今回東京會舘で利用される8K3Dの高品質VR画像の制作は、「ハコスコナビ」の提供と合わせてハコスコ社が行なっています。

「ハコスコナビ」は、冠婚葬祭、観光、不動産などの現地案内の効率をアップする次世代の営業支援ツールとして、また教育現場や研修、市場調査のシミュレーションツールとして、2019年に100社の導入を目指しています。

「ハコスコナビ」公式サイトはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡