DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

【やってみた】人は自由自在に怖い夢を見ることはできるのか?

10月某日、delight編集部の一室。

結木くん、怖い夢って見ることある?

なんですか、突然。

いや怖い夢って訓練すると自由自在に見られるらしいんだよ。好きなときに怖い夢が見られたら最高じゃない?

見たい夢が見られるならまだしも、怖い夢を見ることにそんなに需要あるんですかね?

わかってないなぁ、俺は毎日でも見たいよ、怖い夢

それは三矢さんだからでしょ?一般的な人はできる限り見たくないですよ、怖い夢は。

※あまり知られてはいないが、delight編集長・三矢は無類のオカルト好き。自宅には愛読書・月刊ムーを創刊から揃えたコレクションがあるとか、ないとか。

そうかなぁ、俺は需要あるとおもうんだけど。まあ、とにかくさ、結木くんやってみてよ。怖い夢を見る方法、紹介するから。

そんなに気になるなら三矢さん、自分で試してみればいいじゃないですか。

俺はさ、いろいろ忙しいんだよ。だからよろしくね!本当に見られたら教えて!俺もやってみるから。

こうしてぼく、結木千尋は、見たくもない怖い夢を一生懸命見ようとすることになったのでした。

ぼくが怖い夢を見たくない理由

これを読んでくれている方には、ぼくがすごく怖がりで、怖いことがとにかく嫌いな人間のように映っているでしょう。でもぼく、こう見えて昔は怖い映画をよく観ていたんです。
ぼくが中学生・高校生のころ、日本では空前のジャパニーズホラーブームでした。ぼくもよく映画館に行きましたし、レンタルを使って家でビデオ(当時はまだビデオだった!)を観ることもありました。

でも怖い映画と怖い夢は違うんですよ。だって夢って目が覚めるまでずっと見続けなきゃいけないでしょ?映画は怖かったら目をそらすとか観ない方法があるじゃないですか?夢は途中で自発的にやめる術がないんです。
しかも、なんかよくわからないけど、夢って動きまで制限されませんか?(オカルト好きの編集長、なんなんですかあれ。)せめてもっとフラットな状態で怖さと戦わせてくれ!これが、ぼくが怖い夢を見たくない理由です。

怖い夢を見る方法、実際にやってみた

怖い夢を見る方法①胸を圧迫して眠る

難しい仕組みのことはよくわからないんですが、なんでも心臓のドキドキがわかる状態で入眠すると、脳が恐怖感でドキドキしているのと勘違いして、怖い夢を見せるらしいです。

実際にやってみたところ、怖い夢は見られませんでした。というか夢を見ませんでした
朝起きたときに心臓の上に手が乗っていなかったことは言うまでもありません。夜目が覚めたときには、ちゃんと手を乗せ直して、ささやかな抵抗を見せたんですけどね。
そもそも寝る態勢で胸に手を置いて、心臓の鼓動感じますか?ぼくの心臓の鼓動が弱いんですかね?健康体のつもりで30年以上生きてきたんですが。病院行ったほうがいいかな…。この悩みで怖い夢を見そうです…。

怖い夢を見る方法②怖いことを想像しながら眠る


いやこれでしょ?絶対これは見るでしょ?みなさんもそう思いませんか?昨日の夜、心臓に手を置いて寝てる場合じゃなかったなぁ。これ2日やったほうが怖い夢見られたんじゃないですか、編集長。

やっぱり何事も生み出すためにはインプットが重要ってことで、怖いことを想像するために怖い文章が読めるサイトを見てきました。

http://kaidan-banashi.com/

このサイト、怖いものが好きな人におすすめです。当たり外れはあるんですが、当たりを引くとトイレもロクに行けなくなります。文章のほうが想像力って掻き立てられますよね?

いろいろ読んでいたら、いい感じに怖くなってきました。モニターの反射とか、ドアや窓の向こう側がやけに気になります。この状態で入眠すれば怖い夢が見られるはず。「ここから怖い夢なんてみたくねぇよ…」と思いつつも、ぼくは床につきました。

翌朝。夢見ました。エロい夢。
いや、なんでやねん。怖い夢を見るはずじゃなかったんでしょうか。
寝ながら見る夢では、その人の普段は抑圧されて意識していない願望などが如実に現れるケースも多い」そうです。(wikipedia参照)
怖い思いをしながら眠って、やらしい夢を見て、社会的評価が下がる。いよいよこの記事、ぼくにとって得がありません。

みなさん、怖いことを想像しながら眠ると、やらしい夢が見られますよ。2日続けてこれやったほうがよかったんじゃないでしょうか、編集長。

怖い夢を見る方法③眠る直前まで恐怖を感じる動画を観る

いよいよ最後の砦です。「眠る直前まで恐怖を感じる動画を観る」。
メカニズム的には2つめの「怖いことを想像しながら眠る」と同じでしょう。つまりエロい夢を見る可能性があります。

この企画に挑戦するにあたり、「ぜひこの映画を観てみて」と三矢さんから言われていたタイトルがありました。

怖い映画といえばやっぱりジャパニーズホラーですね。「リング」シリーズで有名な貞子と、「呪怨」シリーズで有名な伽椰子の共演(恐演?)。さっそくぼくも観てみました。

…うん。
まあ今回の場合、映画が怖いとかおもしろいとかではなくて、怖い夢が見られるかどうかが重要なんですよ。だからぼくはもう寝ます。

夢見ました。エロい夢だと思ってるでしょ?違います。夢の内容を詳しく書きますね。

ぼくは家で寝ています。なんだか今日は大事な予定があるみたいで、夢のなかで何度も目を覚まして時計を気にしているんです。「あと2時間寝れるなぁ。あと1時間寝れるなぁ。あと20分…」と。

そうこうしているうちに、ぼくは電話の音で飛び起きます。
「いまどこだ?もしかしてまだ寝てたのか?もう時間だぞ、急いで来い!」
電話の相手は、今日の大事な予定で待ち合わせている相手のようでした。起きなきゃいけない時間は思い出せないんですが、もう待ち合わせの時間らしく、ぼくは慌てて準備を始めます。

でも夢の中だから思うように体が動かないんですね。その間も待ち合わせの相手は、ぼくの進捗を知るために電話をかけ続けてきます。
やっとのことで準備を終えて、走って待ち合わせ場所を目指すのですが、やっぱりここでも思うように体が動きません。
その間もなり続ける電話の音。寝坊しただけでも慌てるのに、催促までされたら余計に慌てます。心臓をバクバクさせながら重い体を引きずって走っているところで目が覚めました。

今日は締切の日。
寝ながら見る夢では、その人の普段は抑圧されて意識していない願望などが如実に現れるケースも多い」そうです。(wikipedia参照)
締切が過ぎてから、催促されて気付くとか怖すぎませんか?え、ぼくだけ?
編集長、怖い夢は自由に見られないみたいです。

怖い夢を自在に見られるという猛者、ゆる募!

わたし、結木千尋は自由に怖い夢を見ることができませんでした。と言っても、紹介された方法には誠実に向き合った結果なので、すべては想像力がたりない結果だったのかもしれません。

        

  • ぼくは、わたしは、自由に怖い夢を見られるぞ!
  • もっと効果的なこんな方法を知っている!
  • エロい夢の見方を教えてほしい!

そんな方はぜひとも結木千尋まで連絡をください。連絡があった場合には、「怖い夢企画」の続編として取り上げます。ぜひよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

結木千尋
ユウキチヒロ。フリーライター・インタビュアー・ときどきカメラマン。名古屋在住。 関心事はサブカルチャー(音楽、映画、ゲームなど)。 興味ないこと以外はだいたい興味あります。 なにかといろいろこだわるタイプです。