DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

【イベントレポート】ミステリー雑誌ムー創刊40周年記念『ムー展』に行ってきた

オカルト・ミステリー情報を途方もない情熱と熱量で発信し続けるスーパーミステリーマガジン『ムー』が1979年10月の創刊から来年2019年で40周年を迎えようとしている。

40周年を記念して池袋PARCOのパルコミュージアムで「創刊40周年記念ムー展」が期間限定で行われているということでオカルト好きでありムーの熱烈な読者であるミツヤがdelightの編集長という特権を使いイベントレポートを強行することとなった。

会場へ一歩足を踏み入れるとそこは魅惑のミステリーワールド

創刊40周年記念 ムー展が行われているのは東京・池袋パルコ本館7F「PARCO MUSEUMで10月12日〜10月29日まで開催されている。SNSでも話題になっていて我々が取材にいったこの日も平日にも関わらずオカルトファンと思われる人々で賑わっていた。そして会場へ一歩足を踏み入れるとまさにムーの世界観で溢れているではないか。


過去40年分のムーの表紙で作られたアートワーク。


入場特典「ムー40thコーララムネ」(非売品)


我々を歓迎するような表情のグレイ


会場の壁一面に1979年の創刊号から40年分のムーの表紙が

インスタ映えも間違いなし!?ファンが歓喜する展示物の数々

会場内ではいたる所でスマートフォンのシャッター音が聞こえてくる。それもそのはず、ムーファンだけでなくオカルト初心者でさえ本能的に反応してしまうであろう展示物の数々。実は既に何枚もの店内の様子がTwitterやInstagram等で投稿されている。それもそのはずムー展では一部の展示物を除き殆どの作品の撮影がOKなのだ。


会場中央に配置されたムーのロゴ


仕事とプライベートの境目がなくなってきた


創刊号の表紙のオブジェも。40年前とは思えないセンス。

時代を象徴する懐かしのオカルトネタから未解決の事象まで

展示物の中にはスプーン曲げやビッグフット、ノストラダムスの大予言など時代を感じるものもありノスタルジックな気分を味わえる。一方で80年代、90年代のムーの表紙には火星やパラレルワールドなどの文字が。2018年の現在でも『謎』とされていて常に議論に上がる話題だ。時を経ても我々はオカルトに胸を焦がしているということだろう。


ノストラダムスの大予言に火星の古代文明


スプーン曲げといえばユリ・ゲラー氏

ファンの心をくすぐる仕掛けやグッズの数々も

ムー展は会場自体は大きくないものの展示物の他にムー図書館や編集長のデスクを再現したブース、グッズ販売など十分に見応えのあるコンテンツが多く時が経つのを忘れてしまう。特に会場奥にある撮影スポットは立体的なギミックが仕掛けられていて不思議な写真が撮れるので是非体験してもらいたい。


ムー図書館。ベンチも用意されている


現月刊ムー編集長である三上丈晴氏のデスク


立体的な背景をバックに写真撮影。色々なお面が楽しめる


ムー展でしか買えないグッズも豊富

先述したようにSNSではムー展の写真や動画が多くアップされているため”なんとなくの雰囲気”を感じ取ることは出来るかもしれない。ただオカルト同様フィルター越しで真実は見えてこない。是非とも現場へ出向き、その目で40年も続くメディアの熱量を目の当たりにしていただきたい。

創刊40周年記念 ムー展 概要

会場:池袋パルコ 本館7階「PARCO MUSEUM」
日時:開催中〜10月29日(月) 10時〜21時
※入場は閉場の30分前まで
入場料:一般700円、学生600円、小学生以下及び「ムー」特派記者カード持参の方は無料(PARCOカード会員は割引あり)

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

三矢晃平
delight編集長/編集者・インタビュアー/株式会社デライトチューブ代表取締役社長/あらゆる分野のカルチャーをロマンを忘れず追いかけています