EXILE等のライブに技術提供、「Last Note」パフォーマンスに特化したロボットで未来の表現を提示。

LEDを用いたダンスパフォーマンスシステムの開発から演出、テクニカルディレクションなどを行うクリエイティブカンパニーmplusplus株式会社は、パフォーマンスに特化したロボットアーム “Robotic Choreographer”(ロボティックコレオグラファー)を、マッスル株式会社と開発し、その発表にあたり11月14日にプロモーションビデオ「Last Note」を公開。

【Robotic Choreographer】
プロモーションビデオ「Last Note」は、この”Robotic Choreographer”を活用することで、どのような新しい表現が可能になるかを実際に提示するため楽曲から製作し、パフォーマンスのフォーマットとして発表したものです。

iTunes ダウンロード

最新情報をチェックしよう!