シリーズ史上最高と言われるFIFA18、特徴や遊び方は?

サッカーは世界的で屈指の人気を誇るスポーツと言っても過言ではありません。クラブ世界一を決めるチャンピオンズリーグには世界中が注目しますし、ワールドカップの決勝も同様です。

競技人口はバスケに次いで世界二位とも言われていますし、誰もが一度はやったことのあるスポーツと言えるでしょう。日本でも最近は野球と並んで人気の高いスポーツの一つです。

そんなサッカーですが、実際に自分でスポーツとして楽しむだけでなくゲームとして楽しむ方法も人気を集めています。ゲームも様々なシリーズが発売されていますが、今回はその中でも世界的な人気を集めているFIFA18を紹介しましょう。

選手の動きがハンパない!FIFA18とは?

FIFA18EAスポーツが開発したサッカーゲームです。初めに発売したのは1994年でしたが、それ以来毎年1作ずつ発売し、今回のFIFA18で24作目のリリースとなります

そのほかにもワールドカップメインで行えるシリーズや、監督になり切ってプレイできるマネージャーシリーズなどがスピンオフされています。
FIFAの特徴はなんと言っても国際サッカー連盟が公認しているため、選手やクラブの名前が実名で使えるというところにあるでしょう。

それまでのサッカーゲームはライセンスが取れなかったために選手やクラブの名前をぼかした形で発売するものがほとんどでした。そんな中でEAスポーツの取り組みは画期的なものだったのです。

プレイヤーモーションが驚くほどリアル

FIFA18のウリはなんと言っても選手の動きが現実に即しているというところにあります。サッカーゲームの障害の一つとして、いかにモーションをリアリティ溢れるものにするか、というものがありました。

サッカーの動きは極めて繊細ですから、それを逐一取り込むのには相当な苦労が必要とされていたのです。そんな中、FIFAはシリーズを重ねるごとにモーションの再現度を高めていきました。

その結果、今では実写映像かと見まがうほどのクオリティを演出できるようになっています。特に今回のFIFA18では世界でもっとも人気の高いサッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウドの協力のもと、彼独特の動きまで完全に再現しているのがポイントです。

選手それぞれの動きも忠実に再現しているため、自分でトッププレイヤーを動かせる快感を味わえるでしょう

ウイイレ18との違いは?

ところで、日本人としては国内のメーカーであるコナミから発売されたウイイレ18もFIFAに負けていないクオリティを持っていると考えたいところです。

実際ウイニングイレブンもまた世界的な人気を集めているシリーズでして、FIFAとは切磋琢磨し合いながらクオリティを高めてきました。ウイイレはFIFAのようにクラブの名前を使う権利を一部しか持っていません。

ですから部分的に現実のクラブと食い違う名前で登録されているチームが存在しています。もっとも、グラフィックの完成度という点ではウイイレもまたFIFAに負けていないものがあります。スタジアムの細部についても繊細に描いていますし、選手の顔立ちも現実に似せるよう努力しているのです。

また、日本が作ったゲームですから、操作性も日本人好みに仕上げているというのも特徴の一つです。それぞれの特徴を比較しながらプレイしてみるのもいいでしょう。

人気の理由とは?

EAスポーツが発表した情報によると、FIFA18は全世界で2400万本も売れたというデータがあります。また、FIFAシリーズトータルでは2億6000万本のヒットを記録しました。

サッカーの競技人口はおよそ2億人とも言われていますから、単純に考えればサッカーファンの10人に1人がFIFA18をプレイしている計算になります。なぜFIFAはここまでの人気を集めることができているのでしょうか。

もちろん先ほども挙げたようなクオリティの高いグラフィックやモーションもその一つと言えるでしょう。とはいえ、それだけがFIFAの良さではありません。EAスポーツではFIFAをゲームとして楽しんでもらうために様々なモードを用意しています。

その一つがジャーニーモードというものです。サッカーファンならテレビを見ながら一度は自分もこの舞台に立ってみたい、と思うことがあるでしょう。FIFA18ではジャーニーモードを使うことによって、プロになったばかりの選手の人生を追体験することができるのです。

一つのチームに所属し続けてレジェンドになるのもよし、強豪チームに移籍してあこがれの選手とプレイするのもよし、という具合に様々な人生を楽しむことができます。こういったプレイの幅を用意してくれているのもFIFAが人気を集めている理由と言えるでしょう。

eスポーツの競技人口は?

FIFAの人気を支えているもう一つの要因として世界的なeスポーツ人気が挙げられます。ゲームの腕を競い合いながら賞金を稼ぐシステムは最近になって急速に注目されていますが、FIFAは早くからeスポーツの正式競技として導入されていました。

シリーズがFIFA18になってからも競技人口は増えており、世界総計で数百万人が大会に参加しているとも言われています。それぞれのプレイヤーはオンライン上でポイントを稼ぎつつ、ディビジョンと呼ばれるランクを上げていく必要があります。

ランクを上げれば現実上で行われる大会の参加資格をもらうことができるからです。そして現実上で行われる大会に参加し、好成績を収めれば賞金がもらえるというのが現在の仕組みとなっています。

世界の代表が集まる大会は現在31個の枠が用意されており、それに内定するためには各地で行われる予選を勝ち抜かなくてはいけません。日本でも予選が開かれており、多くのプレイヤーが世界に羽ばたくために切磋琢磨しています。

課金システムは?

FIFA18の特徴としてFIFAアルティメットモードというものがあります。簡単に言うと、これは自分だけのオリジナルな最強のチームを作れるモードです。現実ではほしい選手を自分のクラブに加入させるためには多額の移籍金が必要になります。

でも、ゲームならいくらでも自由にチームを作り上げることができます。これを使えば、クリスティアーノ・ロナウドとメッシという夢のツートップが実現することだってできるのです。

とはいえ、タダで選手をゲットすることはできません。まずは試合に勝ってポイントをためていく必要があるのです。もっともゲームが得意でない人にとってこの作業は難しいものがあるでしょう。そこで救済措置として課金があるのです。

課金をすればゲーム内のポイントを購入できるようになり、選手を買うことができるようになります。課金の最低額は150円です。これを使えば1パックが買える計算になります。FIFA18では課金額を増やせばゲーム内通貨をおまけでより多くもらいやすいシステムになっています。

課金の最高額は10800円で、ゲーム内通貨が12000円分もらえます。自分のゲームの腕とお財布の中身に合わせて課金をしてみるといいでしょう。

サッカーファンにはたまらないゲーム

ここまでFIFAの魅力を様々な形で紹介してきました。とはいえ、ここに書いたことだけでFIFAの面白さが全て伝えきれたわけではありません。
FIFAはプレイヤーの数だけ楽しみ方が変わるゲームと言っても良いでしょう。

たとえば、今回紹介したモードのほかにも監督としてシーズンを過ごすモードも存在します。現実のサッカーの試合を見ながら、自分ならあの選手を使う、自分ならこういう戦術を採用する、と思っている方は多くいらっしゃるでしょう。

そんな方々もFIFA18をプレイすれば、監督になった気分でゲームを楽しむことができるのです。限られた選手の中でどんな戦術を選ぶか、どんなスタメンにするかはあなた次第です。もちろん、自分のチームに足りない選手を補強することも必要になってくるでしょう。

とはいえ、補強資金にも限りがあります。サッカーにまつわることをうまくやりくりしながらプレイするのはとても大変なことです。でも、そうした過程を経た中でチームが強くなっていき、強豪を下して優勝できるようになれば無上の喜びを感じることができるでしょう。

FIFAは全てのサッカーファンに開かれているゲームと言っても過言ではありません。やってみようとずっと思っていたけれど、今回こそ買ってみよう、という方はぜひ買ってみてください。

最新情報をチェックしよう!