VR酔いを防ぐ方法は?症状や原因を理解して対策しよう!

VR酔いとは?

VRを楽しむことができるデバイスをみかけることが増えてきました。自分もVRの世界を感じてみたいと考えるひとも多くいるでしょう。でもいざ体験してみると、VRの画面を見たことで気分が悪くなってしまう人もいるようです

VRを見たときに車酔いのような症状になってしまうことを『VR酔い』と言います。できればVR酔いにならないようにしながら楽しみたいというかたに、VR酔いの原因や、予防策についてご紹介したいと思います。

VR酔いの原因は?

VRとはバーチャルリアリティーの略です。ゴーグルなどを使用して、コンピュータでつくられた三次元空間を視覚や聴覚などを通じて疑似体験できるようにしたもののことをいいます。家電量販店でテレビの前にゴーグルが置かれ体験できるコーナーがあったり、遊園地などのアトラクションで楽しむことができます。自宅で気軽に楽しむことができるアプリなどもあります。

このVR、気軽に楽しめるのはいいけれども、使用中に乗り物酔いになってしまう人もいるようです。その理由には諸説ありますが、ひとつの原因として考えられているのが「感覚不一致説(感覚矛盾説)」です。「感覚不一致説」とはVRによって自分が見ている画面と、過去に自分が経験した場面から考えられる動きとの矛盾が原因で酔いが起きるというものです。

たとえば、VRの世界の中でジェットコースターに乗ったとしましょう。視覚的には自分の身体が上がったり、急降下したり、回ったりすることもあります。ですが、実際自分の身体は動くことはありません。本物のジェットコースターに乗ったことがあれば、身体が浮いたり圧力を感じたりするものですが、それが感じられないのです。

そうなると、身体が覚えている過去の感覚と現在視覚的に感じていることにギャップが生じてしまいます。このギャップがVR酔いの原因となるというのが「感覚不一致説」です。その他にも、VRは至近距離で激しい動きがおこることがあり、これもまた原因のひとつと考えられています。

VR酔いしやすい人の特徴

車酔いなどの乗り物酔いしやすい人はVRでも酔いやすいといわれています。車でも、後部座席などに座っていて自分で運転していないと、車がどちらに曲がるのかや速度をあげたり落としたりするタイミングがわからずに身体が揺られてしまうために酔ってしまいます。

VRの視覚からの情報と身体の動きが伴っていないことと同じ状況です。ただし、車酔いする人が必ずVR酔いするとは限らないようです。なぜなら車酔いには車の振動も関係してくるから。乗り物酔いしやすい人は、はじめは短い時間からVR体験をはじめるのがよさそうです

VR酔いの対策、防止策は?

VR酔いの原因は、すべて解明されているわけではありません。そのため防止策についても、これをやれば絶対に酔わない!というものがあるわけではありません。でも、対策がまったくないわけではなく、

  1. 座ってプレイする
  2. 視界移動が多い(激しい)ゲームは避ける
  3. 気分が悪くなったら無理せず休憩する
  4. ゲームの前に軽く体操をする
  5. 空腹を避けるために軽く食べる

といったことが考えられています。それぞれについて具体的にみていきましょう。

座ってプレイする

これは、ゴーグルなどを使って視覚だけでVR体験をするコンテンツには特に有効なようです。座ることによって身体が安定します。この安定こそがVR酔いを軽減してくれるようです。

視界移動が多い(激しい)ゲームは避ける

VRには視界移動が激しいゲームなどがあります。そういったものを求めてVRを始めたよ、というかたも中にはいるでしょう。
でも、視界移動が激しいものは酔いを誘発しやすくなります。視覚からの情報と身体の動きのギャップが大きくなるためです。

視覚移動が多いゲームをしたいけれども、酔ってしまうというのであれば、視覚移動が少ないものから徐々に視覚移動が激しいものにしてみたり、短い時間から始めてみるなどして身体を慣らしていってみましょう

気分が悪くなったら無理せず休憩する

乗り物酔いをした際は、一度車を止めて外に出てみたり、車の窓を開けて外の空気を吸ったりすると改善されることがあります。これと同じように、VRを見ている最中にも気分が悪くなった場合は一度休憩することをお勧めします。VRをする時間が長ければ長いほど、疲れが出てきます。

それに伴い、酔いやすくなってしまいます。楽しい最中に中断するのは嫌ですが、一度酔ってしまうとVRを継続しながら改善するのは難しいことです。十分な休憩を挟んで、体調が回復してから存分に楽しみましょう

ゲームの前に軽く体操をする

車酔いなどのの乗り物酔いを防ぐ際行うと良いとされている体操があります。それが後頭下筋群をほぐす体操です。高等科筋群とは首と頭の境目にある筋肉群のことです。この部分が固くなると、目の疲れや頭痛を引き起こします。そのことが車酔いにつながるそうです。

そしてそれはVR酔いにも同じことが言えます。首と頭の境目をマッサージする、首をゆっくり回すなど筋肉を柔らかくする動きをおこなってからVRを見るようにしてください

空腹を避けるために軽く食べる

空腹は血糖値を下げるため脳の動きが悪くなりVR酔いを誘発します。また、自律神経が乱れるために酔ってしまうということもあるようです。VR体験をする際は空腹を避けてから行いましょう

また、満腹も大敵です。満腹になり消化器官に血流が集まることもまた、脳の働きを下げてしまいます。自律神経も乱れてしまいます。同じように、睡眠不足や風邪などの体調不良もVR酔いに繋がりますので、なるべく体調のいい時に、空腹・満腹を避けてVRを体験してみましょう。

VR酔いの原因を知り予防することでVRコンテンツを楽しもう

私たちの世界をさらに広げてくれるコンテンツであるVR。せっかくなら、十分にその世界を楽しみたいものですよね。
気分が悪くなっていてはもったいないです。VR酔いの原因を知り、できる対策をおこなうことでVR体験を楽しみましょう。

最新情報をチェックしよう!