車でサッカー!?世界中で大人気ロケットリーグはどんなゲーム?

ロケットリーグは、2015年に配信が開始されたオンラインマルチプレイゲームです。その内容が他に類を見ない斬新なものだったために、開始早々から世界中で大ブレイクしました。

また、2018年6月にはワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントがパッケージ版をリリースしています。(パッケージ版は3,700円税別)戦って走ってゴールを目指すという、トンデモ発想なゲームの魅力をご紹介しましょう。

発想がすごい(?)けど必ずハマる!ロケットリーグとは

ロケットリーグを正確にジャンルに当てはめるのはちょっと難しいのですが、スポーツゲーム枠なのは間違いないでしょう。操作するのはロケットカーという特殊なスポーツカーなのですが、行うのはレースではなくサッカー対戦です。スポーツカーで巨大なボールを飛ばし合い、ゴールを狙うという前代未聞のチームバトルがロケットリーグなのです。

しかもロケットカーはジャンプもできればダッシュもできるというウルトラスーパーカーなので、白熱したバトルが繰り広げられます。そしてスポーツカーゲームの醍醐味である車のカスタマイズも、もちろん可能です。ゲームルールはサッカーなので非常にシンプルですし、自分の愛車で華麗なシュートを決めれば爽快感も抜群です。

4:4の8人オンライン対戦の他、数多くのゲームモードがあり、一度遊べば必ずハマる遊び応えたっぷりのバトルゲームなのです。

ロケットリーグは2015年にPS4とSteamで配信が開始されましたが、翌2016年にはXbox One、その翌年の2017年にはNintendo Switchで配信が開始されました。そして世界に先駆けてパッケージ化されたのが2018年6月のロケットリーグ コレクターズ・エディションです。

こちらはPlayStation4及びNintendo Switch向けで、追加コンテンツ7種を含む充実の内容となっています。

ストーリー、キャラクターは?

特殊改造された架空のスーパーカーで、サッカーやホッケー、バスケットボールなどのスポーツをプレイするという世界観です。特別なストーリーがあるわけではありませんが、あり得ないシチュエーションでありながらリアルなスポーツ以上の興奮を楽しめるのが魅力でしょう。

プレイヤーが操作するロケットカーは30種類以上存在しますが、ガレージでカスタマイズも行えるため、ゲームに登場するマシンは無限大といえます。変えられるのは見た目だけで性能は変わりませんが、カスタマイズ項目は10種類以上あります。登場車両のミニカーも発売されているので、自分の愛機を手に入れてそちらもカスタマイズして楽しんでいる人も多いですね。

ロケットリーグのルールは?

基本はサッカーのチーム戦なので、ルールは制限時間内により多くゴールした方の勝利というシンプルなものです。スタートしたら好きな車を選び、うまくコントロールしてシュートを狙うだけです。操作はアクセル、バッグ、ブースト、ジャンプの4つだけなので、こちらもいたってシンプルですね。

しかもリアルスポーツのように細かいファウルはないので、相手の妨害も含め、ありとあらゆる手段でゴールを狙うことができます。メインはサッカーのオンライン対戦ですが、対戦形式は1:1、2:2、3:3、4:4などが用意されているので好きな人数で対戦可能。

もちろんクロスプラットフォームなので、PS4版:Steam版、Xbox One版:Nintendo Switch版:Steam版などで対戦可能です。これだけ入り口があるとプレイ人口も常に確保されているので、マッチングに待たされることが少ないのもメリットでしょう。

世界中のプレイヤーと対戦する機会がありますし、オフラインにすればNPC相手にも戦うことができます。大人数でも一人でも、好きなだけ遊び倒せるのは嬉しいですね。

人気の理由とは?

ロケットリーグは、車好きもスポーツ好きもバトル好きも、みんながみんな満足できる要素が詰め込まれているのが人気の理由でしょう。しかも難しいルールもなく、ただボールを追ってゴールを狙うだけのシンプルな内容なので、気軽にいつでも遊ぶことができます

実際に操作すると実感しますが、リアルなスポーツを車に置き換えただけでこんなにも爽快感が増すとは驚くばかりですね。車が宙に跳ねてジャンプシュートを決めたり、壁や天井を駆け抜けたり、現実ではできないことができてしまうのは痛快そのものです。

サッカーにしてもゲームスタートがホイッスルではなく、レースと同じくカウントダウンから始まるのもワクワク感を誘います。スピードもレース並みなので、周囲の景色がすごい勢いで流れて行く中でボールを追うという、独特のスリル感があります。また、ゴールするとボールが爆発するなどド派手な演出も忘れません。

スタジアムも多種多様で、盛り上がる雰囲気も抜群です。モータースポーツのいいところと球技のいいところを全部合わせて詰め込んだのは、まさにアイデアの勝利といえるでしょう。もちろん、車好きなら外せないカスタマイズ要素も十分取り入れられています

eスポーツの競技人口は?

ロケットリーグは、累計プレイ人口が4,600万人を超えたことが発表されました。先ごろ発売されたパッケージ版でさらにプレイ人口が増すと予想されますので、途方もない数のプレイヤーが世界中にいるでしょう。

esportsオペレーションマネージャーのJosh Watson氏は、ロケットリーグを世界最大のスポーツにすることを目指しています。Rocket League Championship Seriesのシーズン5はロンドンのオリンピックパーク内のアリーナで開催されましたが、どんどんスケールアップしています。

課金システムは?

ロケットリーグの課金アイテムである鍵は、日本版では購入は不可能です。この鍵は試合終了後に無料で獲得できるボックス(Crate)を開けるためのもので、ボックスの中にはカスタマイズアイテムが入っています。

ボックス1つに鍵1つが必要で、海外では課金要素となっているわけですが、日本では買えないので致し方ありません。鍵は海外プレイヤーとトレードするか、試合を繰り返しイベントアイテムを集めることで鍵と交換することができます

単純なゲームなのに、やるほどにハマると好評!

ロケットリーグは、一言でいうと車でやるサッカーです。言葉通りとてもシンプルで、操作も簡単なので誰もがプレイすることができるという間口の広さがあります。でもそんな単純に見えるゲームなのに、なぜかやるほどにハマってしまうというのがこのゲームの魔力なのです。

プレイは誰でもできるけど、勝利を狙うとなるとガラッと変わって来るのがこのゲームの醍醐味といえるでしょう。ロケットカーを単に走らせることはできても、自在に操作するとなる話は別になってきます。

しかもサッカーなどの球技は、自分のポジショニングが非常に重要になって来ますよね。相手との読み合いやパスの出し方、ボールのコントロールなどをきちんと考え始めると、初めて奥の深さがわかって来るゲームです。オンラインの神プレイなどに出会うと、あまりにも人馬一体なので一瞬CPUかと目を疑うこともあります。

これから始めるならいきなりそのレベルに到達するのは難しいでしょうが、愛車とボールに親しむことで徐々に愛着が湧いて来るはずです。最初はボールに追いつくのも大変かもしれませんが、一度でも気持ちよくシュートを決めることができれば、病みつきの爽快感を得られるでしょう。

自分の成長が1試合ごとに感じられると、本物の部活動並みにスポーツを楽しめること間違いなしです。オンラインに自信がない場合は、トレーニングモードでオフェンスやディフェンスなどを練習することができます。試合時間は基本5分なので気軽ですし、基礎練から始めて徐々に力をつけて行きましょう。

NPCとの試合を終えても装着できるアイテムがもらえますので、愛車がだんだん彩られて来ると力がついて来た証拠でもあります。ちなみにカスタマイズは見た目はもちろんですが、エンジン音やゴール時の爆発音まで変えることが可能です。

軌跡を変えるという渋いアイテムもあるので、狙って行きたいですね。とにかく百聞は一見に如かずですから、公式サイトから様々なロケットカーを見てみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!