世界で人気の職業プロゲーマー!大会以外はどんな活動をしているの?

いま、eスポーツが注目を集めています。これまではおぼろげにしか知らなかったこの世界に、最近になって興味を持ち始めたという人も多いのではないでしょうか?
やはりeスポーツ界の花形といえば、プロゲーマーたちの存在。彼らなしにeスポーツは語れません。今回のeスポーツ特集記事では、彼らプロゲーマーにフォーカスし、その人数や活動内容、収入源などについて詳しく紹介します。

eスポーツ界の人気職業「プロゲーマー」。日本にはどれくらいの人数がいる?

プロゲーマーと呼ばれる職業、みなさんは日本にどれくらいの人数がいるのか、想像がつきますか?実は明確な数字はわかっていません。何をもってプロとするのか、その基準が曖昧なせいもあるでしょう。ここでは世に発表されている数字から、プロゲーマーの数を想像していこうと思います。

日本には「一般社団法人日本eスポーツ連合」というeスポーツに関連した団体があります。彼らの活動目的はeスポーツの普及。そのための活動のひとつとしてプロライセンスの発行をおこなっており、実際に発行に至ったプレイヤーを公式サイト上に掲載しているのです。

そのページには日本eスポーツ連合公認の競技タイトルとして、8つのタイトルが挙がっています。それぞれのタイトルにライセンスを発行したプレイヤーの名前が列挙されており、その数は総勢130名

タイトル一覧にはコアなものから比較的カジュアルなものまで、幅広いタイトルが並びますが、もちろんeスポーツ競技が成立しているタイトルは、ここで紹介されている限りではありません。
・日本eスポーツ連合からプロライセンスの発行を受けている人は一部
・実際にeスポーツ競技がおこなわれているタイトルは、8タイトルどころじゃない
この2点から想像しても、日本にかなりの数のプロゲーマーがいることは明らかでしょう。もしかすると4ケタ(1,000人以上)のプロゲーマーが存在するのかもしれません

参考:一般社団法人日本eスポーツ連合・Player(プレイヤー)より
https://jesu.or.jp/contents/member_list/

プロゲーマーの日常は?

プロゲーマーの日常は、大会への出場と練習が大部分です。
大会のなかには、日本規模で争われるものや、世界規模で争われるものといった大規模な大会のほかに、地区で争われる大会や、大規模な大会の予選を兼ねた大会などがあり、それらの大会で結果を残すために日常的に練習しているというのが一般的。
最近ではゲーム配信も一般化していることから、プロモーションなども兼ねてプレイ配信をおこなっているプロゲーマーもよく見るようになりました。配信の企画として一般プレイヤーと交流するといったケースもよく見ます。何にせよ、生活が常にゲームプレイとともにあると考えて良いでしょう。

プロゲーマーの収入源は?どこから収入を得ている?

プロゲーマーの収入源として想像がつきやすいのは大会の賞金でしょう。有名タイトルの世界大会といった規模の大きい大会では、優勝することで1億円といった賞金がもらえることも珍しくありません。
しかし、誰もがそのような大会で優勝できるわけではありませんし、日本だけで考えても何人ものプレイヤーが同じタイトルの中でしのぎを削っているのが現状です。プロゲーマーと言えど、賞金を受け取る機会にまったく恵まれないというケースもザラにあります。

実はプロゲーマーの収入源は、大会の賞金だけではありません。大会賞金以外の主な収入源を紹介します。

プロチームに在籍し、給料という形で収入を得る

日本にはいくつかのプロゲームチームが存在しており、プロゲーマーの多くはそれらに在籍しています。プロゲーマーはチームから給与を主な収入源としているのです。
この給与は、それぞれのプロゲーマーの実績や人気、在籍中の結果などを鑑みて、決定されるよう。トッププレイヤーになると、月々約束された給与だけで、かなりの金額となるケースもあるようです。

イベント・大会へのゲスト出演料

プロゲーマーになるほど実力が認められたものとなれば、そのタイトルを扱うイベントや、小さな大会にゲストとして呼ばれることも出てきます。これらのイベント・大会にゲスト出演した際には出演料が支払われます。これもプロゲーマーにとって大きな収入源となるでしょう。

その他

その他にもプロゲーマーの収入源はいくつかあります。
個人にスポンサーがつくことによるスポンサー料や、プレイ配信にあたっての広告収入や投げ銭、動画配信とその再生数による収入なども、プロゲーマーの貴重な収入源です。

プロゲーマーになりたい!なるにはどんな方法がある?なり方を紹介

eスポーツへの注目度が増したことにより、プロゲーマーになりたいと考える人も増えてきました。ここではプロゲーマーになる方法について紹介します。

やはりもっともオーソドックスなのは、自分が突き詰めたいゲームをひたすらプレイするという方法。いま日本で活躍しているプロゲーマーたちも、最初はそのようにしてプレイし続けた結果、プロゲーマーになることができた人がほとんどです。

しかし、なんの手がかりもなくがむしゃらにゲームの練習をするというのも、なかなか骨の折れる作業ですし、なにから手をつければいいかわからないという人も多いでしょう。そんな人にはこんな選択肢も。

最近のeスポーツ人気のおかげで、プロゲーマーの育成を目的とする専門学校が各地に開校しています。これらに通えばプロゲーマーになるための道筋を与えてもらえるかもしれません。
さすがに地方にはまだ存在しませんが、北海道・東京・名古屋・大阪・福岡と、北から南まで、プロゲーマーになるための専門学校が存在しています。どうしてもプロゲーマーになりたいと考えるなら、これらも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

東京アニメ・声優専門学校
名古屋デザイン&テクノロジー専門学校
大阪デザイン&IT専門学校
北海道ハイテクノロジー専門学校
福岡デザイン&テクノロジー専門学校

プロゲーマーを知ることで、さらにeスポーツが楽しめる!

以上、プロゲーマーの人数や日常、収入源などについて紹介しました。
eスポーツはこの先、どんどん注目度が増していくことが予想されています。今後はひとつのスポーツとして、当たり前に扱われていく時代がやってくるでしょう。
eスポーツを楽しめるかどうかには、ゲームやプロゲーマーへの造詣が深く関わっています。この機会に、eスポーツというジャンルへの理解を深めてみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!