VR開発ソフト「Unity(ユニティ)」とは?特徴や使い方などを説明

Unityはユニティ・テクノロジーズ社が提供している「ゲーム開発プラットフォーム」です。アプリストアなどを見ればわかるように、個人でアプリを開発して提供している人が多くいます。そういった人たちはUnityのようなゲーム開発プラットフォームを利用している人が多いのです。

VR開発には欠かせない!?「Unity(ユニティ)」とは

ゲーム開発プラットフォームと言っても、言葉だけを聞いてもどんなものか分からない人も多くいます。簡単に説明すると、3Dや2D描画、サウンド再生、ユーザーインターフェイス管理、データ管理や作成ツールが利用できます。ゲームを作るために必要なものがすべてそろっていると言ってもいいでしょう。Unityさえあれば、ゲームを作れるので、多くの人に活用されています。

ゲーム開発には興味があるけど、プログラミングが苦手という人もいますよね。Unityは基本的にノンプログラミングで開発できるので気軽さがあります。ただし、動作などにこだわりたい場合はプログラミングが必要になってくるので注意です。プログラミングをする時も、すべての言語が使えるわけではないので注意しましょう。

ちなみに、Unityは2005年に開発されたものであり、それから10年以上も愛用されています。近年はスマホブームがあり、Unityを活用したアプリも多くあるのです。プレイするだけじゃ嫌だ、自分でも作ってみたいという人はUnityを使ってみてはいかがでしょうか。

Unity(ユニティ)で開発できるコンテンツは?

Unityではさまざまなコンテンツを開発することができます。こちらでは、どんなコンテンツが開発できるのかを見ていきましょう。ゲームだけではなく、さまざまなものが開発できるので自分の頭の中で描いている想像通りのものが可能となります。

VRアプリ

スマホアプリなどを開発することも可能です。さまざまなプラットフォームに対応しているので、PC向けのアプリ、スマホ向けのアプリなどどの分野にも適しています。初めてゲーム開発をするのであれば、手軽なスマホアプリの方がいいかもしれませんね。

VRゲーム

ゲーム開発プラットフォームなので、当然ながらゲーム開発に適しています。ちなみにUnityを使って開発されたゲームの中には誰もが知るビッグタイトル「白猫プロジェクト」があります。あれほどのタイトルを作ることができるので、Unityがどれだけ優秀なものかがわかるのではないでしょうか。

VR Chatのアバター

Unityで開発できるものとして、VR chatのアバターがあります。誰でも使えるテンプレートのようなアバターが一般的ですが、中には自分だけのオリジナルアバターを求めている人もいるのではないでしょうか。そんな人にはUnityでアバター開発がおすすめです。アバター開発となると難しそうというイメージがありますが、基本的には誰でも作れるものなので安心してください。

Unity(ユニティ)の使い方は?

Unityを使うためには、まず使い方を覚えないといけません。ノンプログラミングで使えるとはいっても、何も知識を持たないままだと難しく見えて、せっかくの開発も途中でやめることになってしまいます。文字の羅列などを見ていると難しそうに見えますが、難しいものが誰にでも愛用されているわけがありません。自分で難しく見ているだけなので、基本的な操作をまず覚えましょう。

まずはチュートリアルで基本操作を覚えよう

Unityを使う人の中には「使いながら覚える」という天才肌の人もいるでしょう。しかし、やり方を間違うとしっかり作動しなかったりするのである程度の使い方はマニュアルを見ながら覚えることをおすすめします。Unityは開発元のユニティ・テクノロジーズ社が提供しているチュートリアルがあるので、そちらを見ると分かりやすいです。

参考URLへのリンク

最初にやるべきことは「世界の骨格を作る」です。ゲーム開発をする時は、ある程度の内容などはしっかり決めていると思いますが、自分が作りたいものはUnityの「無料版」と「有料版」のどちらがいいのかを考えてください。Unityは無料版もすごく充実しているので、初めてのゲーム開発であれば、いきなり有料版ではなく無料版で十分です。無料版で物足りなくなったと感じたら有料版に切り替えましょう。

Unityはゲーム全体の構成を「プロジェクト」と呼び、各部の構成を「シーン」と言います。まずはプロジェクトを立ちあげて、シーンパネルでオブジェクトの配置や選択などを行いましょう。ある程度の枠組みができたら、スクリプトで配置したオブジェクトを動作可能にしてください。例えば、ボールゲームであればボールに物理特性を与えるなどです。ボールだけではなくラケットも使えるように、ボールにバウンド機能をつけましょう。

世界の骨格を作った後はゲームルールを構築していきましょう。すべてをプログラミングで行うと面倒で時間もかかりますが、Unityはノンプログラミングで行えるので簡単にゲームルールを構築することが可能です。これだけでもゲームとしては成り立ちますが、無音のままだと味気なさすぎですよね。サウンドや効果音などをつけて、ゲームの演出を行いましょう。これで簡単なゲームが完了となります。シンプルな説明になりましたが、Unityは凝った作りも可能なので自分だけのオリジナリティを出したものを開発していきましょう。

Unityは制作の可能性を広げてくれる

ゲーム開発と言えば、以前は企業に就職することしかできませんでした。一部、ゲーム開発のものが出ていましたが、Unityほどの性能はなかったのではないでしょうか。そのため、以前は自分で作ったゲームとなるとシンプルなものが多かったのですが、Unityは企業が提供しているようなクオリティの高いものに仕上げることが可能です。趣味でゲーム開発をしている人もいて、自作アプリを販売している人もいます。企業としてではなく「自分が面白いと思うもの」を誰にも邪魔されずに作れるので、近年個人アプリのクオリティは高くなっているのです。興味がある人は、ぜひUnityを活用してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!