MR(複合現実)とは?特徴や利用事例を紹介!VR・ARとの違いも解説

次世代の技術として現在研究開発が盛んに行われているのがMRです。
Mixed Realityの頭文字をとった言葉で、日本語では複合現実とも言われています。
IT業界の大手企業がこぞって注目をしているもので、様々な分野において応用できると考えられているのです。MRとは端的にお伝えすると、現実の世界と仮想の世界を融合させたもので、さらに現実世界での確認や操作もできるといったものです。
ヘッドセットタイプのゴーグルを使うことで、周囲の風景に仮想空間の映像が重なって表示されます。さらにゴーグルにはセンサーが搭載されていて、手を動かすことで仮想空間内のデータを操作可能です。
VRやARといった技術と現実世界を組み合わせているため、複合現実と呼ばれています。特にシミュレーションが重要な役割を果たす業界では役立つ技術です。

VR・ARとの違いは?


MRの説明ででてきたVRやARとはどのように違うのでしょうか。MRとはVRやARの技術をより発展させたものです。ただ既に導入されている技術でもあるので、おさらいの意味でもVRとARの意味を確認しておきます。

VR(Vertuial Reality・仮想現実)とは?

VRとは日本語で仮想現実を意味します。その名の通りに仮想空間の中に入り込んで、現実であるかのように体験できる技術です。360度の映像やCGなどで作成した空間を、そこに存在するものとして没入できるのが特徴でしょう。
ゲームや映画の世界では既に導入が始まっていて、その映像世界の中に自分が入り込んだような感覚を抱けます。もともとパソコンで使われていたものですが、最近になって家庭用ゲームハードでも導入が始まりました。
まだ対応するデバイスの価格は高いですが、以前までと比較すると体験するまでのハードルが低くなっています。今後はさらに一般的にも普及していくと予想できます。
MRとの違いとしては現実空間とはリンクできない点です。仮想空間内に没入するのがVRの特徴ですので、この点はいかに進化しても相容れない部分だと言えます。

AR(Augmented Reality・拡張現実)とは?

ARとは拡張現実を意味する言葉です。現実の世界に新しくデジタル情報を重ねて表示する技術を指します。VRとMRの2つと比較をしても、最も身近なところで実用化されているのが特徴です。
どこで利用されているのかと言うと、スマートフォン向けのアプリです。世界的にヒットしたゲームに使われているのは有名ですが、他にも自撮りアプリなどでもARを使ったものが人気となっています。
MRと同様に現実世界にデジタル情報を重ねる技術ですが、ARは情報を操作することができません。この点が大きな違いと言えるでしょう。
ARの技術は既に実用化されていますが、今後はさらにその幅が広がっていくと考えられます。

MRで何ができる?業種別で紹介


ではMRを使うことでどんなことができるのでしょうか。業種ごとにわけて紹介してみます。ただMRはまだまだ研究開発が始まったばかりの技術であり、すぐに導入されることはありません。
一部の業界では使われていますが、その発展にはまだ時間がかかります。

ゲーム業界

ゲーム業界はMRとの相性が良いと言われます。既にVRがゲーム業界では導入をされているため、その下地ができているからです。家庭用ゲームハードにVRが導入されたことで、一気に利用者数が増えています。
VRの発展系であるMRを使うことで、より新しいゲームが開発される可能性も高いでしょう。またMRを使ったコミュ二ケーションツールなども考えられます。
他にもゲーム業界だと開発の現場で重宝されるはずです。仮想空間内で業務を共有することができるため、それぞれが仕事をしながら情報の共有をはかれるからです。
ゲーム業界では開発をチームで行うものですから、MRを使うことでより円滑に仕事ができるようになるでしょう。この技術が進んでいくと、チームに外国人がいるのも当たり前になってきます。

エンターテイメント業界

エンターテインメント業界も、ゲーム業界とならんでMRを利用する下地ができています。特に映画などの映像鑑賞の分野では既にVRの導入が始まっているからです。
今後MRが導入されていくと、自分の家の中で映画の登場人物たちが動き回るといった映像が見られる可能性があります。現実と仮想空間の融合ができるMRならではの技術でしょう。
さらに映画の世界に入って、自分があたかも共演しているような臨場感あふれる映像が再現できる可能性が高いです。また映画の世界を自分の家に再現ができるなど、様々な応用が期待できます。
他にもホログラムを利用して、移動する博物館などを作ることも可能です。実際にMRの研究開発を行う企業が、小学校の体育館で巨大なクジラを出現させたと話題になりました。
このようにMRを使うことで新しい形のエンターテインメントが出てくる可能性が高いです。

不動産業界

不動産業界でも既にVRなどの導入が進んでいます。代表的なのは現地に行かなくても物件の内覧ができるものです。VRで部屋を再現することで、あたかも現地で内覧しているかのような行動が取れます。
MRを使えば、それをさらに一歩進めて担当が物件情報を説明しながら、内覧できるという形になるでしょう。MRの特徴が仮想世界と現実世界の融合です。だからこそ実現できる内容だと言えます。
また内覧するだけではなく、部屋にある物を実際に触れたりすることも可能です。リフォームをするのであれば、さらにMRの活用の幅が広がります。
リフォームの場合ですと、担当者とどのようにリフォームをするのかシミュレーションをしながら、打ち合わせが可能です。どこにどの家具を置くのか、リフォームでどう変わるのかなどを実際に確認できますので、今までのように実物が見られなかったことから失敗する可能性が減るでしょう。

スポーツ業界

スポーツの世界もVRやERといった技術は導入されていくでしょう。特にVRの技術を使えば、試合会場に足を運んでいなくても、その場にいるような臨場感が味わえます。
またERを使うことで学生が安全に練習できるのもポイントです。例えば怪我の多いスポーツをする時に、MRを使えば現実的なシミュレーションが行えます。
そのため怪我をすることなく、練習を重ねられるのです。日本国内だけではなく、海外でも先進国になると子どもの教育に細かくなっているのは事実です。
昔なら怪我をしても練習していたことも、学校の決まりでできなくなるケースも少なくありません。しかしMRを使うことによって怪我の心配がなくなります。
実際に医療の業界では医師が手術をトレーニングするためのシステムが導入されています。手術も試すことができないものですので、MRを使って訓練することで、実際の手術に役立てるといった内容です。
この事例のようにスポーツ業界でも、トレーニングのために用いられるのが予想できるのです。

ファッション業界

ファッション業界では既にVRの技術が導入されています。それはショッピングをする時に、仮想空間内では実際に洋服に触れたり、サイズ感を確認できるというものです。
またARをさらに進化させていくと、MRによってホログラムの表示が可能となってきます。店舗内で実物を見るだけではなく、カタログなどからホログラムで洋服を3Dで表示させることもできるのです。
ファッション業界ではありませんが、家具を販売する企業が既に無料アプリとの組合せによって、部屋の中に家具を置けるサービスを提供しています。
このようにMRが進んでいくと、より便利にショッピングができるようになるでしょう。
ファッション業界で他にもMRの恩恵を受けるのは、デザイナーなどの開発陣でしょう。先にもお伝えしたように、MRの技術は詳細なシミュレーションが行えます。
そのため実際に洋服を作る前に様々な試作ができるのです。現実のように材料を消費するわけではありませんので、これまではできなかった実験も行えるでしょう。
その結果新しい発想の洋服や、縫製の技術などが確立される可能性がでてきます。現実の世界にも直結するものですから、MRの進歩によってその技術が導入されると、新しい発展が待っているでしょう。

MRで今後どんな未来が予想される?


MRを活用することで、よりリアルに打ち合わせができます。さらにリモートワークが可能になれば、場所にこだわる必要もなくなるでしょう。極論を言えば分野によっては自宅で仕事をして、会社に出社しなくても大丈夫になる可能性が高いです。
進捗や打ち合わせなど情報を共有しながら仕事ができるからです。もっと言えばチームで仕事をするとしても、日本に住んでいる必要はなく、世界から人材を集めることも可能になります。
他にもMRのシミュレーションに強い部分を利用すれば、建築物や旅客機など事前に確認できるでしょう。他にも実物では見えない部分を詳細に検討するなども可能です。他にも美術館などではARをさらに進化させて、展示物が立体で動くホログラムを表示することもできます。

MRの特徴を知って体験しよう


MRとは複合現実のことで、仮想世界と現実世界を融合させる技術を意味します。様々な分野で応用できる懐の広さがあり、実際にいくつかの現場では導入も始まっているのです。
ちなみにMRを体験できるデバイスは既に発売されています。実際に触れることができる技術ですので、興味がある人にはお勧めできます。ただ価格はそれなりにしますので、資金に余裕がないと厳しいでしょう。ですが今後のMRの普及にともなって価格は下がっていくと予想できます。

最新情報をチェックしよう!