DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

U-NEXT(ユーネクスト)で観られる!細田守監督のアニメ映画まとめ

U-NEXT(ユーネクスト)は、月額1,990円(税抜)で映像80,000本以上が見放題、雑誌70冊以上が読み放題になるサービスです。1つの契約で4アカウントまで作れるため、家族でシェアですれば一人あたり実質500円で利用できます。また、毎月1,200円分のポイントがチャージされ、書籍やコミックの購入、映画チケットの割引に使えるのでとってもお得!

U-NEXT(ユーネクスト)では、大ヒット映画「時をかける少女」でおなじみの細田守監督が手がけた他のアニメ作品も観ることができます。アニメ好きなら必見!今回は、U-NEXT(ユーネクスト)でおすすめの細田守作品を紹介します♪

時をかける少女

細田守監督が一躍有名になったきっかけとなる作品。これまで実写映像化されてきた筒井康隆の原作を初めてアニメ化。2006年の夏、単館公開からスタートした『時をかける少女』は、口コミでロングランヒット!国内外の映画賞を多数受賞しました。時間をさかのぼる力を手にした少女の葛藤、その結末に胸キュン。主人公の紺野真琴を演じるのは女優・仲里依紗。 奥華子が歌う切ない主題歌にも注目です♪

作品ページ:https://video.unext.jp/browse/genre/MNU0000132/MNU0000721?td=SID0034159

真琴は同級生の功介や千昭とつるんで野球ばかりしている元気な女子高生。理科実験室で転倒したことをきっかけに過去に戻る“タイムリープ”の能力を手にした彼女は、日常の些細な問題もその能力で解決するようになっていく。ある日千昭から突然告白され…。

 

サマーウォーズ

キャラクターデザインに貞本義行、脚本に奥寺佐渡子など『時をかける少女』のスタッフが再結集した作品。ちょっと弱気で人付き合いが苦手な17才の理系少年が、ふとしたことをきっかけに片田舎の大家族に仲間入り。突如世界を襲った危機に対して戦いを挑むことになります。主人公の少年・小磯健二の声を担当するのは神木隆之介。笑いあり、涙あり、大家族の絆に胸が熱くなります。斬新なCGで表現された仮想空間「OZ」も必見!

作品ページ:https://video.unext.jp/browse/genre/MNU0000132/MNU0000721?td=SID0014990

ショッピングからインフラまで、人々はインターネット上の仮想世界・OZに頼るようになっていた。ある夏の日、高校生の健二は憧れの先輩・夏希からバイトに誘われる。その内容とは、長野にある夏希の実家・陣内家で彼女のフィアンセを演じるというものだった。

 

おおかみこどもの雨と雪

「1人の女性が、恋愛・結婚・出産・子育てを通じて成長する姿」と「その子供たちが、誕生から自分の生きる道を見つけて自立する過程」が描かれた作品。母親の優しさとたくましさに胸を打たれます。約2時間の映画に親子の13年間が詰まった感動作!宮崎あおい、大沢たかお、黒木華、菅原文太など豪華俳優陣が声優を務めました。舞台となった富山の自然描写も見所♪

作品ページ:https://video.unext.jp/browse/genre/MNU0000132/MNU0000721?td=SID0034158

人間の姿をしているオオカミ男と出会った大学生の花。2人は恋に落ち、やがて子供を授かる。2人の子供はやはり人間とオオカミの二つの顔を持っていた。家族は都会の片隅で正体を隠しながら暮らしていたが、父の死をきっかけに田舎に移住する。

 

バケモノの子

バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に描かれた冒険活劇!アクションシーンに力が入っており、思わず手に汗握ります。親子の絆や淡い恋愛…あらゆる世代が共感し、楽しめる作品。役所広司、宮﨑あおい、染谷将太、広瀬すずなど日本映画界を代表する俳優陣が声優に挑戦しました。そのクライマックスには多くの人が感動!

作品ページ:https://video.unext.jp/browse/genre/MNU0000132/MNU0000721?td=SID0034155

母親を亡くし一人ぼっちになってしまった渋谷に住む少年・九太は、強さを求めてバケモノたちが住む「渋天街」に行くことに。そこで出会ったバケモノ・熊徹との奇妙な共同生活と修行の日々を送り成長した九太は、現実の世界に戻り女子高校生・楓と出会う。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Asuka

Asuka

delight MEDIA編集部ディレクター・ライター。 音楽、映画、ドラマ、漫画などエンタメが大好き!ワクワクする次世代カルチャーを広めるべく、毎日の情報収集は欠かしません。