DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

話題のVRとは?特徴や利用事例を紹介!AR・MRとの違いも解説

VRはゲーム業界やエンターテインメント業界で大いに活用されています。しかし、最近はそれ以外の業界でもVRが活用されるようになってきています。
あらゆる業界が評価しているVRの特徴や、利用事例について解説していきます。VRとAR、そしてMRの違いについても考えてみましょう。それぞれにどんな特徴があるのか説明していきます。

VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)の定義とは?


VRはバーチャルリアリティの略称です。日本語で言うと仮想現実という意味となります。具体的にはどのような定義となりますか。
人間の感覚器官に働きかけて、あたかも違う場所にいるかのように感じさせることと定義できます。テクノロジーの力を使って人間の視覚や聴覚、さらには嗅覚などにも訴えかけて仮想現実にいるように思わせるのです。
2016年あたりからVRは注目されてきています。年々VR市場は活況を呈しており、世界では数兆円を優に超える大規模な成長が見られていますよ。
VRを楽しむには、VRゴーグルやVRヘッドセットなどを使う必要があります。これらのヘッドマウントディスプレイを使用することで、360度違う世界にいるような体験が出来ます。コンピュータ映像を駆使して、大自然の映像や非現実のCGなどを見せることが可能です。
これまでVRコンテンツを味わえる多くのヘッドマウントディスプレイが開発されてきました。パソコンやスマートフォンと組み合わせて使える製品がほとんどです。没入感を求めるものほど高性能となり、価格も上がっていきます。
家庭用ゲーム機と組み合わせて使うことを前提に開発されたものは、VRヘッドセットとしては価格が抑えられています。誰もが使いやすいように工夫されていて、ユーザーフレンドリーな製品です。このような製品がVRをより普及させていくと期待されています。
最近はスマートフォンと組み合わせて使えるVRゴーグルの種類も増えてきています。数千円で購入することが出来るため、とりあえずVRを試してみたいユーザーにピッタリです。
コンテンツも無料の物が多く、飛行場の見学や天体の美しさを味わえる作品が多くあります。動画サイトには、VRに対応した360度撮影のコンテンツが多くあります。
VRは高い山の山頂や宇宙など、自分では行くことが不可能な場所へ瞬時に行くことが出来ます。空を飛ぶことやSFの世界へ入り込むことも可能なのです。非日常を日常的に体験できるツールであることから、エンターテインメント業界だけで無く、医療や介護の分野でも注目されています。
介護施設にいて自由に移動出来ない人たちが、VRの技術を使って旅行を楽しんだり気分転換をしたりできるのです。今後はさらにVRの活用法が広がっていくと期待できます。

AR・MRとの違いは?


VRに加えて、ARやMRという言葉を耳にすることがあります。似ている言葉なので何が何だかサッパリ分からないと感じるかも知れません。
すでにVRについては説明しましたが、ARとMRの特徴や定義について説明していきます。

AR(オーグメンテッド・リアリティ・拡張現実))とは?

ARとはオーグメンテッド・リアリティの略称で、日本語では拡張現実と訳することが出来ます。実際に存在する世界にバーチャルな世界を重ねて、あたかも現実世界を拡張させているかのようです。
CGで作成したアイテムやキャラクターが、現実世界に存在しているかのように見せられる技術のことです。スマートフォンのゲームアプリや、カメラアプリでよく採用されている技術です。
例えば、ゲームアプリでは現実世界を歩き回ることでモンスターを発見して倒したり、クエストをクリアしていったりするコンテンツがあります。カメラアプリでは人間の顔をカメラを通して映すと、そこに違った髪型のCGを被せたり、動物の耳やヒゲなどを重ねたりすることが出来るものもありますね。よりオリジナリティのある写真が撮れると、ARを採用したカメラアプリは凄い人気があります。

MR(Mixed Reality・複合現実)とは?

続いてMRについて考えてみましょう。MRは Mixed Realityを略したもので、複合現実と訳せます。ARをより進化させたテクノロジーがMRです。
どうしてもARは現実と仮想現実の融合に限界があります。カメラ上ではモンスターが出現していますが、そのモンスターに近づくことは出来ません。MRならその限界を飛び越えられます。
このMRはカメラに加えてセンサーを使用することで、モンスターの後ろに回ったり、上から見下ろしたりすることが出来ます。仮想世界でそのモンスターに触れることも出来るのです。
MRの面白いところは、仮想現実の世界で起きていることを何人かの人と共有できることです。それぞれ別の場所にいるのに同じものを見て、同じ感覚や経験を体験できます。
最近ではMR技術を使って、商品開発がビジネスの現場で行なわれています。それぞれの国にいるプロジェクトメンバーが、同じホログラフィックで再生された商品プロダクトを見て会議をすることが出来ます。
あらゆる角度からプロダクトをチェックして、検討出来るので会議の精度と効率が上がると注目されていますよ。VRを発展させたものがARで、それがさらに進化したものがMRです。

VRで何ができる?業種別で紹介


VRを使ってどのようなことを成し遂げていくことが出来るのでしょうか。業種別に具体的な利用事例を紹介していきます。

ゲーム業界

一番VRが活発に活用されているのがゲーム業界です。大自然の中で恐竜と闘ったり、リアルなバトルに参加したりするコンテンツが多くあります。実際には行くことが不可能な別の惑星を探検するゲームなどが開発されています。

エンターテイメント業界

エンターテインメント業界では、テーマパークなどでVRの利用が始まっています。VRヘッドセットを付けて空を飛ぶ映像や、シートが連動してよりリアルに映画を楽しむことが出来るようになっていますよ。
映像と連動して風が吹く工夫や水しぶきがかかる仕組みがあり、これまでにない体験が出来るようになっています。車やバイクレースなども、360度の映像を楽しみながら遊べるようになっていますね。

不動産業界

不動産業界とVRはすぐには結びつかないかも知れません。しかし、VRの活用が不動産業界ではすでに始まっています。
現場に行かなくても物件をVRで確認することが出来ます。まだ完成していない物件もVRで見て体験するなら、細かな点までチェックすることが可能です。日当たりやキッチンの使い勝手などをVRで見られます。
物件毎に移動しなくても良いため、少ない時間で多くの物件を確認出来ると顧客から評価されています。不動産側も人件費を抑えられ、成約率を上げられるので多くのメリットがあります。

スポーツ業界

スポーツ業界では、家にいながら臨場感のあるスポーツ観戦が出来るコンテンツを、VRを使って提供しています。テレビでただ野球を見るのと、VRでスタジアムにいるかのようにして観戦するのとではワクワク感が全く変わってきます。新しいスポーツ観戦の楽しみを、VRを通して多くの人が味わえるようになっているのです。
天候に関係なくあらゆるスポーツを楽しめるのもVRのメリットです。スポーツジムでジョギングをする時に、VRを付ければビーチをジョギングすることができます。普通のエクササイズでは味わえない爽快感を体験できますね。

ファッション業界

ファッション業界ではVRをどのように活用していますか。VRを使えば、家に居ながらにしてお店の中を歩き、ショッピングをしている感覚を味わえます。実際に買い物が出来るコンテンツを開発しているお店もあります。
専用のVRゴーグルを付けると、気に入った洋服をチェックできるようになっています。一部の業界関係者しか行けなかったファッションショーも、VRを使えば誰もが体験できます。360度の映像でファッションショーを楽しめるコンテンツがアパレルメーカーから配信されています。

VRで今後どんな未来が予想される?


VRによってこれからどんな未来が広がっていくでしょうか。ビジネスの現場では新たなショールームの可能性を広げていけます。車を買うときにVRを使うことで、車内の雰囲気やエンジン音などを家にいながら体験することが出来ます。
イベント会場などでも、車やその他の展示しづらい商品を多くの人に知ってもらうことが可能です。さらに北極や南極などの極地での素晴らしい体験が、子供やお年寄りなども味わえます。
VRはまだまだ開発の余地のある分野ですが、医療や教育の現場でますます利用されていくことでしょう。各方面の企業はVRのプロフェッショナルを誘致して、新たなコンテンツ開発を急いでいます。これから多くのVRコンテンツが発表されていくに違いありません。
今はまだゲーム好きや映画好きのためのVRというイメージが強いかも知れませんが、今後はVRは生活になくてはならないツールになることでしょう。

好奇心が強い人におすすめなVR

VRは今まで体験したことが無かったような映像や感覚を味わえるツールです。人間が持っている五感に訴えるコンテンツが数多く開発されています。新しい体験をしたい好奇心が強い人におすすめなのがVRです。
将来的にVRとより進んだ技術のAR、そしてMRを活用した多くのサービスや商品が開発されていくことでしょう。すでに多くの業界で利用事例が報告されています。
近い将来にVRを含めたどんな驚くような体験が出来るのか今から楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡