DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

iPhone対応のVRゴーグル(グラス)はどれ!?比較5選

iPhoneで大迫力の映像を楽しめるVRゴーグルは、発売されて以来大ヒットとなっているガジェットアイテムです。いつのまにかたくさんのVRゴーグルが販売されるようになったため、興味はあったけど手を出していなかった人たちには、選びにくい製品になっているかもしれません。そこで今回は、iPhoneおすすめのVRゴーグルをまとめてみました。初めてVRゴーグルを購入する人、あるいは買い換えようと思っている人は、参考にしてみてください。

【iPhone編】スマホ対応VRゴーグル(グラス)の選び方は?

値段、視野角、リモコンの有無など、様々な点を考慮してVRゴーグルを選ぶ必要があります。

値段

ガジェット製品は高価なものが高いので、値段はやっぱり重要。パソコン用やゲーム機用のVRゴーグルは数万円しますが、iPhone用のVRゴーグルは1万円もあれば購入できます。後に紹介しますが、中には1000円を切るVRゴーグルもあります。機能も考慮しつつ、購入しやすそうな値段のVRゴーグルを視野に入れましょう。

視野角・機能

視野角というのは、視野の広さのことです。視野角が広ければ広いほど、大迫力のVR映像を楽しむことができます。最低でも100°前後は欲しいところ。さらに広いVRゴーグルだと、130°ぐらいもあります。視野角は、製品によっては非公開になっているものがあるので、購入する前にチェックしておきましょう。

操作リモコン

操作リモコンが付いていれば、VR空間の操作ができます。楽しみやすさがガラッと変わってくるので、リモコンがあるに越したことはありません。最初からリモコンが付属しているVRゴーグルもあれば、別売りで揃えなければいけないVRゴーグルもあります。別売りだと1000円ぐらいのことが多いです。

メガネ着用の可否

メガネを利用している人にとっては、眼鏡を装着したままVRゴーグルを使えるのか?は重要なことです。今の時代に販売されているVRゴーグルのほとんどは、眼鏡対応なのであまり心配することはありません。しかし、眼鏡対応していないVRゴーグルがあるのも事実です。メガネ対応しているVRゴーグルであっても、メガネのサイズが大きいと装着に違和感を感じる場合がありますので、ご注意ください。店頭で装着を確認してから購入できると良いですね。

対応画面サイズ

失敗が多いのが「購入したVRゴーグルが使っているスマホに合わなかった」ということです。VRゴーグルを購入する前に、お使いのスマホのバージョンや画面のインチを確認しておきましょう

iPhone対応VRゴーグルの使い方は?

VRゴーグルの使い方は、どの製品を購入しても基本的に同じです。

  • スマホにインストール

まずは、スマホにVR用のアプリや動画をインストールしてください。VRゴーグルをスマホにセットする前に、アプリや動画を起動させましょう。

  • イヤホンを装着

VRゴーグルで見たい映像が音声を発するのであれば、スマホにイヤホンを装着してください。ヘッドフォン付きのVRゴーグルならこの手順は必要ありません。

  • スマホにVRゴーグルを装着

スマホにVRゴーグルを装着して映像を体験してください。リモコンがあれば、映像観覧中に操作できます。

iPhone対応VRゴーグルのおすすめは?

数多くあるiPhone対応のVRゴーグルの中からおすすめを5つ厳選してみました。初めてVRゴーグルを購入される方は、参考にしてみてください。

HOMiDOV2

今回紹介するVRゴーグルの中で、少し高価なHOMiDOV2。価格が高い理由は、見た目とレンズスペックにあります。重厚感のあるしっかりした見た目は、見るからに高級感あり。軽量で透明度の高いレンズを利用しており、視野角が103°広めに設定されているのがポイントです

そんなスペックを守るために、ハードケースが付いているところもポイント。安心安全に大迫力の映像を楽しむことができます!残念なのは、リモコンが付いていない点です。しかし、VR体験中にスマホで操作できます。

ゴーグルスペック

  • 値段8000円
  • 視野角103°
  • 付属リモコンなし
  • メガネ着用◯
  • 対応機種

IPhonex、8、7、6、SE、5など

SAMONICVRゴーグル

程よい値段でお求めやすいのが、SAMONICVRゴーグルです。お求めやすいとはいえ、品質はしっかりしています。装着感もまずまずなので、無難に使うぶんには困りません。

レンズにブルーライトをカットするレンズを採用しているため、長時間装着しても目が疲れないのもポイントです。パソコンやスマホを長時間利用する仕事をしている人にはおすすめ!VRゴーグルで息抜きする時ぐらいはリラックスしましょう。

ゴーグルスペック

  • 値段1,580円
  • 視野角不明
  • 付属リモコンあり
  • メガネ着用✕
  • 対応機種

iPhone5以降の全機種

CanborVRゴーグル(ヘッドフォン一体型)

CanborVRゴーグルは、ヘッドホンが一体型したVRゴーグルです。その為、わざわざイヤホンを用意することはありません。一体化型だと音質が心配ですが、大迫力なので問題なし!だけど、ヘッドフォン付きタイプだとリモコンが付いていないのは難点です。

専用リモコンが1000円ほどで売っているので、購入してください。レンズは120°の視野角になっています。ハイクラスのVRゴーグルと比較しても見劣りしない解像度です。

ゴーグルスペック

  • 値段2999円
  • 視野角120°
  • 付属リモコンなし
  • メガネ着用◯
  • 対応機種

IPhonex、8、7、6、6plusなど

ハコスコタタミ2眼

価格はまさかの700円!VRゴーグルにしてはあまりにも安すぎるため、品質が心配されます…。でも安いのも納得!なぜなら、ダンボールでできているからです。

簡素なつくりになっているぶん、性能が高いわけではありませんが、手軽にVRを楽しむには申し分ありません。本格的なVRゴーグルをいきなり購入するのが心配な人は、まずこの製品でVRを体験してみてはいかがでしょうか?

ゴーグルスペック

  • 値段700円
  • 視野角不明
  • 付属リモコンなし
  • メガネ着用◯
  • 対応機種

IPhonex、8、7、6、SE、6plus、5など

Urgod3DVRゴーグル

長時間装着した際の疲労感回避を重視したい人におすすめなのが、こちらのゴーグルです。樹脂レンズを使っているため、目に優しい仕様になっています。装着した時の圧力を調整するバンドも付いていますし、圧力を分散させる人間工学に基づいたデザインも秀逸です

3.5インチ~のiPhoneに対応しているため、小さいiPhoneを使っている人にもオススメ!リモコンがないのは、ちょっと不便かも?

ゴーグルスペック

  • 値段4,995円
  • 視野角103°
  • 付属リモコンなし
  • メガネ着用◯
  • 対応機種

iPhone5以降の全機種

【まとめ】導入しやすそうなVRゴーグルから始めてみよう

このように、おススメできるiPhone用VRゴーグルはたくさんあります。ダンボールでできている安価なVRゴーグルもあってユニークでしたね。初めてVRゴーグルを購入する形は、値段や値段やスペックを考慮して、導入しやすそうなものから始めましょう。VRにはまりすぎて仕事や勉強をサボらないようにご注意を。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡