DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

人気VRヘッドセット「HTC VIVE」の特徴やスペックは?選ばれる理由とは

VRが世間に浸透していて、色々な種類のVRヘッドセットが出回るようになりました。ここではその中でも人気のあるHTC VIVEとはどんなVRヘッドセットなのでしょうか。

PC ゲームの巨大プラットフォームであるSteamとValve Corporationが共同開発しているパソコン専用の VR ヘッドセットです。 ベースステーションを部屋に設定することにより、精度の高いルームスケール VR を楽しむことができます。

それではHTC VIVEそのモデルであるVIVE Proの特徴やスペック、人気の秘密をご紹介します。

VRゴーグルで人気上位の「HTC VIVE」の特徴は?

ルームスケールができ、トラッキングの精度が高い

ルームスケールをすることができ、頭や体の前後左右の動きを感知することができるので、よりリアルに近い動きを楽しむことができるのです。 また一体型ではなく、PS4もしくはPCが必要となります

タイプとしてはOculus Riftとよく似ているのですが、Oculus Riftのように画像を分析して位置を判断するのではなく、多軸レーザー発行器を設置することにより、角度などから位置を判断するのです。その方法のメリットは、部屋の全体がポジショントラッキングエリアとなり、立ったまま、また座ったままでもプレイすることができます

画像を判断するわけではないので、部屋の中で死角になりそうな場所でも正確にトラッキングをしてくれるのが魅力です。しかしデメリットとしては、赤外線レーザーを使っているため、机の下などはトラッキングをすることができません

画像処理をすることがないので、処理の負担も軽くトラッキングの精度が高くなるのです。

大型施設にも向いています

大型施設や体験施設ではよくHTC VIVEが利用されており、バンダイナムコエンターテインメントが運営しているVRゲームを体験することができる「VR ZONE SHUNJUKU」ではVRを体験できる施設では全てHTC VIVEが利用されているのです。

また別売りではありますが、VIVEトラッカーを利用し装着したものはVR空間に持ち込むことができるのです。銃や釣り竿、また体にも装着することができるので、自分の体や道具をVR空間に持ち込むことによって、VR空間でシューティングゲームや釣りなどのVR体験ができるのです。

このHTC VIVEは公式ストアの他、Amazonや家電量販店でも購入をすることができます。

HTC VIVEが人気の理由

トラッキングの精度が高い

ルームスケールトラッキングを利用しているため、実際に部屋の中を動くことができます。尚且つ上記のようにトラッキングの精度が高いのでよりリアルな臨場感を得ることができるのです。また別売りのトラッカーを利用することで、自分の体や道具をVR空間に持ち込むことができるので、臨場感のあるリアルな体験をすることができます。

ベースステーション

HTC VIVEの大きな特徴のひとつに、1部屋を使ってVR体験をすることができるのです。2つのベースステーションを天井などに取り付けることにより、自分が移動するだけでなく、座ったままでもそのVRスペースを自由に動き回ることができます。

またベーステーションは固定をしてしまう以外に、三脚などを使って角度を調整することでデットスペースを作ることなくVRを楽しむことができます。

またゲーム購入元はOculus Riftよりも対応しているタイトルが多いため、より多くのゲームを楽しむことができます。

Steam VR コントローラー

HTC VIVEに同封されているSteam VRコントローラーは手を動かすだけでなくものを使うなどの精度の高い動きをすることができます。トラッキング精度も高いため、様々な動きに対応するなど汎用性が高いのです。

基本セットに2つ付属しているのですが、さらに大勢で利用する場合は1台につき16,000円で別売りをしていて追加をすることができます。

トラッカー

HTC VIVEの魅力をさらに深めてくれるのがこのトラッカーです。多くのVRを利用した会場でHTC VIVEが使われているのですが、トラッカーの働きが大きいのです。HTC VIVEと無線で接続をし、VRの世界に持ち込みたいものをセットすることで、VRの世界で利用することができるのです。

また自分の腕や足をセットすることで、自分自身がVRの世界に入ることができます。VRゲームでトラッカーを使うことにより、自分がシューティングをしたり、バトルをすることも可能なのです。

通常のコントローラーでは、なかなか細かいところまでは自分の思い通りに動かないこともあるのですが、このトラッカーを使うことで思った通りの動きを実現することができます。付属セットにはついていないので、別途購入する必要があります。

HTC VIVEのソフト

HTC VIVEのソフトを探すときは、Steam VRで購入をすることができます。おすすめのゲームが多くラインナップされているため、お好きなゲームやアプリを探すことができるでしょう。

HTC VIVE【VIVE】【VIVE PRO】の違いは?

PCに接続するタイプのVRヘッドセットの中でも、先に販売をしているHTC VIVEの上位モデルといわれるHTC VIVE Proのご紹介をします。解析度やオーディオ機能などが向上しており、より没入間感が高まっているのです。

最も違うのが解析度であり、HTC VIVEの解析度が2160×1200であることに対し、HTC VIVE Proは2880×1600となっています。またピクセル濃度も448ppiから615ppiに上がっています。またオーディオ面でもヘッドフォンが付属しておらず別にデラックスオーディオストラップを購入する必要があったのですが、HTC VIVE Proではデデュアルマイクとなっており、快適にコミュニケーションをとることができるようになりました。

HTC VIVE

発売時期

2016年4月5日

価格

69,390円(税込み)

プロセッサ

GPU
NVIDIA GTX 970
AMD Radeon R9 290以上
CPU
Intel Core i5-4590/

メモリー

4GB以上

解像度

2160×1200

対応OS

WIndows7 SP1、WIndows8.1以降、WIndows10

USB

USB2.0以上×1

HTC VIVE Pro

発売時期

2018年4月発売

価格

アップグレードキットを利用して101,520円
しかし HTC VIVEを持っていない場合は、フルセット版を購入する必要があり175910円です。

センサー

steamVR トラッキング2.0

対応コントローラー

VIVE Pro

対応ヘッドセット

VIVE Pro

最大ルームスケール

6 M ×6 M

4個利用した場合は10 m ×10 m まで広げることができます。HTC VIVEとの一番の違いはこのルームサービスの広がりであり、より広い部屋で利用することができるのが目的です。

プロセッサ

Intel® Core™i5-4590か AMD FX™ 8350

グラフィックス

NVIDIA® GeForce® GTX 1060か AMD Radeon™ RX 480

メモリー

4 GB RAM以上

OS

Windows 8.1, Windows10 以降

HTC VIVE Pro利用する時には、対応するパソコンを用意する必要があります。一般的なノートパソコンでは対応できないような推奨スペックとなっています。 推奨であるためスペックが低くても必ず使えないというわけではありませんが、例えば GPU が低いと直接 VR のフレームレートに影響します。そのため VR の揺れがひどくひどい時は VR 良いに繋がることがあります。

またメモリに関しては、利用したいゲームによって異なってきます。ゲームによっては推奨の4 GB 以上必要なゲームもあるので必ず確認が必要です。

関連アイテムも人気

VR ヘッドセット HTC VIVEには関連アイテムがあり、それぞれ人気です。関連アイテムを利用することでより臨場感のある VR を楽しむことができます。また対応していない関連アイテムもあるので、必ず確認をするようにしてください。

htc vive tracker

商品の概要、特徴

PC 向けのVRヘッドセットであるHTC Viveに取り付けるアクセサリーです。など様々な物に取り付け位置を正確にトラッキングすることができます。例えば 宇宙の先に取り付けることにより実際にモデルガンを撃っているような体験ができます。

放水ホースに装着することにより、消防訓練を受けることもできます。注意点はトラッキングは360度ではなく、下の方向のぞく270度となります。また他にも臨場感を出すために振動や LED 点灯することもできます。

有名なゲームであるマリオカートもトラッカーを使うことにより、実際にアイテムをつかむなどよりリアルな動きでゲームを楽しむことができます。

価格

12,500円

AmazonURL
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-HTC-VIVE-Tracker-2018/dp/B079Q31VLZ/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1548705841&sr=8-4&keywords=htc+vive+tracker

htc vive focus

商品の概要、特徴

スマートフォンやパソコンを利用しないで、単体で利用できるヘッドセットとなります。取り付けるとトラッキングすることができるため、前後や左右に移動することができます。基本スペックはHMDトラッキングは6DoF、コントロールトラッキングは3DoF、解析度は2,880×1600となります。

価格

16,620円

ベースステーション

商品の概要、特徴

HTC VIVE を利用するために ベースステーションを対角にまた高い位置に2個設定する必要があります。 このベースステーションを正しく設定しないとセンサーを読み取れずルームスケールを実現することができません。通常は壁にネジ穴をつけて固定するのですが、賃貸ではなかなかそういうこともできずカメラのストロボを固定するために利用するライトスタンドを使って固定することもできます。

ライトスタンドを使う場合は、あとから角度などを調整することもできます。

また電源を取り付ける必要があり、ケーブルが届くようにする必要もあります

価格

17,000円

AmazonURL
https://www.amazon.co.jp/HTC-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-VIVE-%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/dp/B06XP9LJT4/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1548706500&sr=8-4&keywords=%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

リンクボックス(VIVE Pro用)

商品の概要、特徴

HTC VIVEの上位モデルであるVIVE Pro専用であり 、ヘッドセットをコンピューターに接続する時に必要なります。 HDMI ケーブルをリンクボックスのポートに差し込み、反対側をコンピューターのグラフィックモードのポートに入力します。また同じように USB ケーブルでリンクボックスと PC の USB ポートを結びます。接続方法は難しくありません 。

価格

3,700円

AmazonURL
https://www.amazon.co.jp/HTC-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91-VIVE-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/dp/B06XP8D2PM/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1548706399&sr=8-1&keywords=%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

VRが一般化しており、自宅でもVRを使ったゲームや体験をできるようになりました。HTC VIVEは簡単に操作でき、トラッキングの精度が高く画像で判断をするわけではないので、ルームスケールでVR内を自由に移動できるのです。

またトラッカーなどのアイテムを併用することにより、好みのものや自分をVR内に移動させることができ、さらにリアルに近い体験をすることができるようになりました。HTC VIVEはイベント会場などでよく使われており、似たような体験を自宅でもすることができるようになったのです。

この記事に関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡