DELIGHT MEDIA (デライトメディア)| 新時代のネットカルチャーの最新情報を紹介するメディア

東京でVR体験が出来る施設!料金やアクティビティも紹介

VR 体験が出来る施設として人気が高いところは複数ありますが、それぞれ料金やアクティビティなどが異なります。これから利用するつもりの人は数の多さから迷ってしまい、選ぶ際に何をポイントにすればわからないかもしれません。
そこでVR 東京の中でも人気の高い施設をピックアップして紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。あらかじめ情報がわかっていれば利用するハードルも低くなり、どのように楽しむかイメージがしやすいかもしれません。

新宿エリア

VR ZONE SHINJUKU

全国にサテライト展開しているVR ZONE SHINJUKUは、学割が適用されれば5,000円以内で遊び放題となります。

特徴(店の魅力)

有名作品とコラボしたVR 体験を複数楽しめることが出来、新作の導入に積極的と言えるでしょう。

施設情報

営業時間は10時から22時で、最終入場時間は21時となります。定休日はなく年中無休であり、住所は東京都新宿区歌舞伎町1−29−1です。これらの情報は公式サイトにも記載されています。

VREX 新宿店

VR 東京の中でもコースやプランの多さで選ぶのであれば、VREX 新宿店をおすすめします。

特徴(店の魅力)

予約制や遊び放題などのプランが豊富で、歓迎会や食べ放題などのコースも充実しています。

施設情報

営業時間は10時から23時30分までで、定休日は年末年始以外は年中無休です。住所は東京都新宿区歌舞伎町1−27−5APMビル5階で、これらの情報は公式サイトからチェックすることが出来ます。

渋谷エリア


VR 体験を楽しめるVREXには新宿だけではなく、渋谷エリアにも店舗があります。ドリンクやフードメニューの人気が高く、楽しく過ごせるでしょう。

VR PARK TOKYO

アトラクションに力を入れているVR PARK TOKYOは、VR 東京の中でも1人で利用したい人に向いているでしょう。

特徴(店の魅力)

複数人で利用することは問題ありませんが、1人用のVR 体験が多数用意されています。1人で集中して楽しみたい人は、是非とも利用してみてください。

施設情報

営業時間は10時から22時30分で、定休日は特に決まっていません。住所は東京都渋谷区宇田川町13−11KN渋谷1ビル4階で、これらの情報は公式サイトにも掲載されています。

VREX 渋谷宮益坂店

広々としたスペースで思う存分VR 体験を楽しみたいのであれば、VREX 渋谷宮益坂店をおすすめします。

特徴(店の魅力)

店内は150坪と広大な空間であり、事前に連絡を入れれば貸切状態で利用出来ることが魅力と言えるでしょう。

施設情報

営業時間は12時から23時30分であり、定休日は年末年始を除いて年中無休です。住所は東京都渋谷区渋谷1−12−1カレイド渋谷宮益坂3階です。これらの情報をチェックしたい場合、公式サイトにアクセスしてください。

お台場・押上エリア

VR 体験を楽しむことが出来るVREXですが、新宿や渋谷以外にもお台場・押上エリアで利用することが出来ます。そちらの方がアクセス条件が良い人は、是非とも利用してみてください。

ZERO LATENCY VR

VR 東京の中でも料金が安いところを探している場合、2,000円でVR 体験を楽しめるZERO LATENCY VRが向いているかもしれません。

特徴(店の魅力)

ZERO LATENCY VRは世界初のフリーロームが採用されたVRアトラクションであり、6人同時プレイが可能です。オーストラリアの企業により開発されており、没入感がSNS上で話題になったこともあります。

施設情報

営業時間や定休日に関しては公式サイトに情報はありませんが、2019年3月10日までは予約した時間の15分前には集合しておく必要があります。ちなみに運営元の住所は、東京都港区台場1−6です。

VirtuaLink

1人で利用する場合、大人料金で1,600円となります。倍の料金を支払えば、ペアで楽しむことも可能です。

特徴(店の魅力)

他の施設にあるようなゲームではなく、プラネタリウムなどが楽しめます。宇宙の神秘さや美しさを感じたい人は、利用してみてはいかがでしょうか。

施設情報

公式サイトを見る限り、営業時間や定休日に関する情報はありません。住所は東京都江東区青海1−1−10となります。

TYFFONIUM(ティフォニウム)

最先端のVR 体験を楽しみたい人には、TYFFONIUM(ティフォニウム)が向いているでしょう。

特徴(店の魅力)

ホラーやファンタジーの要素を含むVRアトラクションがあるため、それらのジャンルを好む人から支持されています。

施設情報

営業時間は10時から21時で、定休日は定休日は特にありません。住所は東京都江東区青海1−1−10ダイバーシティ東京プラザ5階であり、公式サイトも存在します。

池袋エリア

VR 体験を楽しめるのはお台場だけではなく、池袋エリアもおすすめです。予約プランの申し込みも可能なため、友人やカップルで楽しめるでしょう。

FIRST AIRLINES

VR 東京でゲーム以外のジャンルを探しているのであれば、基本料金6,000円以下で利用出来るFIRST AIRLINESはいかがでしょうか。

特徴(店の魅力)

最先端のVR技術が導入されており、本物さながらの一流の機内サービスを味わえるのです。

施設情報

営業時間は17時30分から23時で、完全予約制です。定休日はなく土日祝日に予約する場合、12時30分から23時です。住所は東京都豊島区西池袋3−31−5パークハイムウエストビル8回で、公式サイトには他の情報も掲載されています。

秋葉原エリア

機内サービスのVR 体験は池袋だけではなく、秋葉原エリアでも楽しめます。丁寧なもてなしや機内食が楽しめます。

ドスパラVRパラダイス

VR 体験による無限の可能性を味わってみたい人には、ドスパラVRパラダイスをおすすめします。

特徴(店の魅力)

ドスパラVRパラダイスでは、ストレスの軽減が一つのテーマになっています。実際に装着する機械には改良が施されており、誰にでもフィットするように調整ダイアルなどを付けるなどの工夫があるのです。

施設情報

秋葉原には体験コーナーが利用出来る店舗があり、営業時間は11時30分から20時までです。定休日はなく年中無休であり、住所は千代田区外神田3−11−2ロック2ビルです。公式サイトを利用すれば、通販サービスが楽しめます。

SEGA VR AREA AKIHABARA

秋葉原にはVR 体験が可能な施設が複数ありますが、SEGA VR AREA AKIHABARAは1名1,000円からゲームのプレイを楽しむことが可能です。

特徴(店の魅力)

ゲーム関連事業で知られているSEGAが携わっており、ウォーキング型という実際に身体を動かしながら臨場感あるゲームをプレイ出来ることが特徴です。

施設情報

営業時間は10時から23時で、定休日は特に決まっていません。住所は東京都千代田区外神田1−11−11外神田1丁目ビルディングセガ秋葉原3号館6階で、公式サイトから予約状況の確認などが出来ます。

その他のエリア

秋葉原以外のエリアですが、同じVR 東京であれば新宿や武蔵村山でも遊べます。中部エリアであれば、愛知県の首都である名古屋にも店舗が存在します。

自遊空間

インターネットカフェである自遊空間の一部店舗でも、VR 体験を楽しむことが出来ます。

特徴(店の魅力)

1,000タイトル以上のVR作品が取り扱われており、最新作の導入が積極的に行われていることが魅力と言えるでしょう。

施設情報

自遊空間はインターネットカフェであるため24時間営業であり、店舗改装などの事情がなければ年中無休です。住所ですが全国に展開しているため、最寄の店舗を利用すると良いでしょう。対応店舗に関する情報は、公式サイトでチェック可能です。

VR THEATER

ただのスクリーンで映画を観ることに飽きてしまった人には、VRリアリティ映画館であるVR THEATERをおすすめします。

特徴(店の魅力)

VR 体験を気軽に楽しむことが出来る店舗常設型サービスであり、有名キャラクターとの冒険やアイドルのライブを最前線で楽しめるのです。またVR 体験に必要な機械は、カウンターでレンタルすることが出来ます。

施設情報

複数の店舗が存在しますがインターネットカフェが常設されているため、基本的に24時間営業かつ年中無休です。住所も全国的に展開しているため、どこが良いかは一概には言えません。どの店舗を利用するかは、公式サイトの情報をチェックした上で判断すると良いでしょう。

普通のゲーム作品では物足りない人にはVR 体験

人気の高いVR体験の施設は複数存在するため、立地条件や料金などをチェックした上で利用しやすいところを訪れてはいかがでしょうか。VR 東京に興味があるのならば、実際に利用して雰囲気を理解するところから始めることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

delight MEDIA編集部

delight MEDIA編集部

delight MEDIA(デライトメディア)は新時代のネットカルチャーを楽しく分解して深掘りするメディアです⚡エンタメからキャリア、ライフスタイルまで国内外で話題のインターネット文化をロマンを忘れず毎日発信中⚡